【お得な無料ハンドブック】公務員へ転職したいならまずはコレ!

【初心者OK】ブログ用サーバーのおすすめと基本的な知識

ブログ運営
スポンサーリンク

~2023年初売りセール開催中~

2023年、あけましておめでとうございます!

Amazonでは、~1/7(土)初売りセール開催中

生活用品や趣味用品などがお得に買えるチャンス!
この機会に、ショッピングを楽しみましょう!

アイテム
(※タップで
Amazonへ)
商品名参考価格セール価格
【キャンプ】
ソロキャン
4点セット
36,759円29,246円
(7,513円OFF)
【バイクカバー】
ノートパソコン
15.6インチ
101,817円71,273円
(30,544円OFF)
【Fireタブレット】
Fire HD 10
タブレット
(Amazon)
22,540円20,140円
(2,400円OFF)
【ヒーター】
グラファイト
ヒーター
(山善)
10,727円8,280円
(2,447円OFF)
【日用品】
カルビー
フルグラ
5,640円4,689円
(981円OFF)

WordPressでブログを始めようと思っているけど、おすすめサーバーってありますか?知識がないので、サーバーについて分かりやすいく説明してほしいです。

このような疑問に対してお答えします。

~本記事で分かること~◎ブログ用サーバーのおすすめ
◎ブログをやる上で、知っておくと良いサーバー関連の基礎知識

ブログ用サーバーの選び方!【ブログ初心者はエックスサーバーでOK】

ブログ初心者なら、迷わずエックスサーバーで良いと思います。各社HPやWebサイトで調べていると、それぞれで良いこと悪いことが述べられているので、こういったたぐいに詳しい人以外はたぶん混乱します。

では、なぜエックスサーバーがおすすめかというと次のとおりです。

◎シェアがトップ(※2020年2月26日時点)で安心の実績
◎ハイスペックで値段も安い。
◎WordPressを簡単インストールできる。

サーバーはブログ運用の核になるものなので、実績のある安心して使えるものが良いです。

エックスサーバーなら、大きなトラブルも聞かないですし、めちゃくちゃアクセスされるサイトを運用している人でもスムーズに使えているようですので、まず問題ありません。

あと、ユーザーが多いということは何か困ったら、Googleで検索すれば情報はたくさんありますし、エックスサーバー自体にサポートもありますので連絡すれば解決できます。

僕はブログ開始当時、サーバー選びに考える時間がもったいなかったので、友人の勧めもあり即決してしまいましたが、今選ぶとしてもエックスサーバーにしますね。

あと肝心のWordPressのインストールは、エックスサーバーを契約すれば管理画面からインストールできますので分かりやすいです。

たくさんのユーザーが利用している実績あるエックスサーバーで決まりだと思います。
申し込みはこちらから>>エックスサーバー

サーバー各社の概要

エックスサーバーをおすすめしましたが、どんなサーバー事業者があるか紹介します。

名称プラン
(おすすめ)
初期
費用
月額
料金
備考
エックス
サーバー
x103,300円990円上記のとおりトップシェア。
高性能で評判は良い。
ロリポップスタンダード1,650円550円シェアトップクラス。
サーバー管理画面は初心者向け。
アクセスが集まると速度が落ちる評判がある。
さくら
サーバー
スタンダード1,048円年間
5,238円
シェアトップクラス。
老舗で実績多い。
アクセスが集まると速度が落ちる評判がある。
ConoHa WINGベーシック無料940円運用実績は短めだが、高性能。
この料金で独自ドメインセット。
mixhostエコノミー無料968円人気上昇中。高性能。

※料金は税込。月額料金は長期契約などで該当プラン最安値の場合。
※その他、キャンペーンなどでお得に利用できる可能性があるため、最新情報はHPをチェックするとよいです。

並べてみると、迷ってしまいますよね。

繰り返しになりますが、WordPressのヘビーユーザーからも定評があるエックスサーバーの安定感は高いと思います。

あとは好みになりますが、こだわりだすと時間を取られてしまいますので、エックスサーバーで決めてしまって、ブログ運営に時間を割いた方が建設的だと思います。
エックスサーバーの契約はこちらからできます>>エックスサーバー

サーバー関連の基礎知識

サーバー選びをしていると、よくわからない言葉も出てくると思いますので、基礎的なことを説明します。

ドメインって?

ブログを始めるためには、レンタルサーバーとは別にドメイン取得の契約もしなければなりません。ドメインとは、サイトを表示するときに出てくる「https://○○.○○」の○○.○○の部分で、サイトデータの住所のようなものです。

ドメインは、サーバーと関連付けることで利用できます。この関連付けをDNS(Domain Name System)といいます。レンタルサーバー事業者でドメインの取得をすれば、たいていはDNS設定もやってくれるので楽ちんです。

レンタルサーバーとVPSって何が違う?

レンタルサーバーを調べているとVPSという言葉を見かけることないですか?これもサーバーの種類です。簡単に説明します。

レンタルサーバーは共用サーバーで、1つのサーバーをみんなで共有して利用するサーバーです。借りれば利用できるように設定済なので初心者にはおすすめです。

VPSは1つのサーバーをみんなで共有しますが、一人一人、仮想専用サーバーやOS、ソフトが独立していて、専用サーバーと同じような利用ができます。

その他、サーバーが独立している専用サーバーというのもありますが、個人のブログ運用では関係ないと思うので省きます。

まとめ

サーバー契約が終われば、WordPressでのブログ運用開始まであと少しです!

前準備はささっと済ませて、ブログ運営を始めましょう!
エックスサーバー契約はこちらから>>エックスサーバー

サーバー選びをもう少し検討したいなら、関連記事ありますので、よろしければ参考にどうぞ!