進研ゼミ中学講座は高校受験対策にもおすすめ!【志望校合格への勉強法を徹底解説!】

通信教育

~本記事で解決する悩み~

  • 進研ゼミ中学講座だけで高校受験対策はできるの?
  • 進研ゼミで志望校に合格できるの?
  • 難関校受験もできる?

中学生の子供が受験生なの。

進研ゼミでも高校受験対策ってできるのかしら?

そんな疑問にお答えします!

本記事は、高校受験を迎えるお子さんのいる方向けの記事です。

~この記事は次のような方におすすめ~

  • 高校受験対策を進研ゼミでやろうか検討している!
  • 塾には行かずに高校受験勉強をしたい!
  • 高校入試で、300点~400点超を目指したい!
  • 中学校の勉強を進研ゼミでやっていけるか知りたい!

高校受験に成功(=志望校合格)するために大切なことは何だと思いますか?

それは、

  • 予習・復習を中心とした日々の家庭学習!
  • 良質な教材!
  • 時間効率!
  • やる気!

これらを満たしてくれるのが、進研ゼミともいえます!

本記事では、塾には行かずに、進研ゼミ中学講座だけで高校受験対策ができるかを徹底解説していきます。

僕自身の中学時代の経験も踏まながら詳しく紹介していきますので、お子さんが志望校合格に向けて良い勉強法で取り組んでいってほしいという方は、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

塾は費用も高いし、デメリットもありますので、「まわりの子供が塾に行っているから、うちの子も・・・」とお考えの方は要注意です!

あくまで目安になりますが、高校入試で300点~400点超を目指したい方は、この記事がとくにおすすめとなります!

(※本記事は、2021年4月10日現在の最新情報で更新しています。)

~進研ゼミのキャンペーン情報~

春の抽選キャンペーン実施中です!

キャンペーン期間中(6/24まで)に、中一講座・中二講座・中三受験講座の6月号or7月号に入会した方対象に、豪華賞品の抽選キャンペーンをやっています!

進研ゼミHPより引用
”https://chu.benesse.co.jp/”

詳しくは、公式HPでチェックしてみましょう!
【進研ゼミ中学講座】

また、今入会すると、

  • 4・5月範囲学習し放題
  • 暗記対策&予想問題

といった定期テスト対策への教材が盛りだくさんとなっています。

進研ゼミに興味をお持ちの方は、1学期の定期テストで好スタートを切るためにも、早めに受講して学習のペースを早くつかんでいくとよいかと思います。

▼進研ゼミ中学講座の入会or資料請求はこちらから!

 

【高校受験OK!】進研ゼミ中学講座とは?

進研ゼミ中学講座の資料

結論から言いますが、進研ゼミ中学講座で高校受験対策は可能です!

塾に通わずに、進研ゼミだけでOKです!

まず、進研ゼミについて概要を説明しておきます。

  • 学習スタイルを選べる!
    • ハイブリッドスタイル
      ⇒タブレット学習中心+テキスト
    • オリジナルスタイル
      ⇒テキスト学習
  • コースを選べる!
    • 受験総合コース
      ⇒標準的な公立高校・私立高校をめざしたい人向け。
    • 難関挑戦コース
      ⇒公立の難関校または同レベルの私立高校をめざしたい人向け。
    • 最難関挑戦コース
      ⇒公立最難関校をめざしたい人向け。
      ※中1では、スタンダードコース・ハイレベルコースの2段階。
  • 添削指導あり!
    • 日々の授業対策について、月に1回、テスト形式で問題を解き、解答を送ると添削してくれる!
      ⇒日々の学習の習熟度が確認できる!
    • 間違えた問題に分かりやすい解説があるため、分からないままにならない!
  • サポート
    • 中学生:教科の質問や学習法の相談ができる。
    • 保護者:最新入試情報などの情報誌や、電話での個別相談、子供の学習状況をネットで確認できる。
  • 料金
    • 中1
      ハイブリッド:税込6,570円/月
      オリジナル:税込5,980円/月
    • 中2:税込6,110円/月
    • 中3:税込6,890円/月
      ※12か月一括払いでの月あたり料金。
      ※中2,中3はスタイル共通料金。
  • その他の特徴
    • 授業対策、定期テスト対策、受験対策が可能!
    • 1回15分で学習できる。
    • 実技4教科についても、定期テスト対策教材あり。
    • テスト前、長期休みなどにオンラインライブ授業あり!質問可、録画見放題で弱点補強に最適!

以上のような内容となっていますが、実際に進研ゼミをやっていく場合、毎月送られてくる基本教材(授業対策)をやりながら、定期テストや高校受験に向けて随時送られてくる教材にも並行して取り組んでいくことになります。

これらの教材は、適切な時期に適切なものがくるようになっているので、教材が来たときにやっていく形で、高校受験まで学習スケジュールはある程度任せることもできます。
(※その他、入試過去問などの取り組みは、別途、個人で行った方がよいです!)

▼もっと詳しい情報が知りたい方は、公式HPより無料の資料請求が可能です!

【進研ゼミ中学講座】

進研ゼミが高校受験に使える理由とは?

進研ゼミは上で紹介しましたように、授業対策から定期テスト、高校受験にまで対応しており、高校受験対策用としても十分活用できます。

何よりも、僕が進研ゼミを高校受験対策におすすめする理由は、僕自身が中学時代に進研ゼミを中心に取り組んで、成績アップ&第一志望の進学校合格に成功しているからです!

自分が実際にやってみた経験から、中学生の勉強には進研ゼミをおすすめします。

進研ゼミをやってどれくらいテストの点数が上がったかというと、

本屋に売っている問題集や学校のワークで頑張る
5教科350点程度

まあ、これでも悪くはなかったんですが伸び悩みました。

志望校合格にはもっと点数を取る必要があり、よい勉強方法ないかと、中学2年生の夏休み頃から進研ゼミを取り入れました。

進研ゼミを本格的に取り入れて日々の授業対策、定期テスト対策をやる
5教科430点程度取ることに成功! 
※以降、進研ゼミを継続し、実力テストなども含め430点前後を継続できました。

中学校の頃の自分でも、こんなに上がるんだーってびっくりしました(笑)

僕の経験からも分かるとおり、進研ゼミを上手に活用すれば成績は確実に伸びていきます!

ちなみに、僕は塾には一度も行かずに進研ゼミ中心の勉強で、第一志望校の進学校に合格しています。

▼もっと詳しい情報が知りたい方は無料の資料請求が可能です!

【進研ゼミ中学講座】

【進研ゼミ中学講座】高校受験に向けた活用法は?

高校受験対策をする際に、大切なステップがあります。

  1. 授業対策
    ⇒日々の授業対策「予習・復習」を習慣にする!
  2. 定期テスト対策
    ⇒定期テスト対策で、問題演習含め、しっかり対策する!これにより、習ったことの定着&内申点アップにつながる!
  3. 高校受験対策
    ⇒高校受験に向けて、入試問題に対応できる力をつけていく!

この3ステップはとても大切で、中1から毎日の勉強習慣をつけて、コツコツ積み重ねていくことができればベストです。

とは言っても、僕自身も中2から本格的に勉強を始めましたし、部活などで忙しい中学生にはなかなか難しいとは思います(笑)

この3ステップに、進研ゼミ教材はしっかり対応していますので、もし進研ゼミをやろうか迷っているなら、できるだけ早めに始めることがおすすめです。

もちろん、中3からやる気になった中学生でも十分間に合いますし、進研ゼミも入会月にあわせて、教材スケジュールを組み込んでくれます。

やろうと思ったら「なるべく早く」を意識するとよいかと思います。

※進研ゼミへの入会or資料請求はこちらから!

【進研ゼミ中学講座】

授業対策

進研ゼミHPより引用
”https://chu.benesse.co.jp/”

まずは、日々の授業対策を中心に、勉強を習慣化することです。

「予習」で授業の理解度を高め「復習」で授業で習ったことを定着させましょう!

授業対策としておすすめなのは、毎月送られてくる「デジタルチャレンジ(Challenge)」を1か月かけて淡々とこなしていき、授業の予習用として活用しましょう!

中学生にとって、予習って初めてやる内容なので正直難しいんです。しかも、何が重要なポイントなのか分かりません。

その点、進研ゼミの教材なら、必要なポイントをしぼって学習できますし、とにかく分かりやすく作ってあります。

この授業対策教材は、だいたい学校の授業の進度とあっていますので、1か月かけて淡々と終わらせていけば、予習として効率的な活用が可能です!

ちなみに復習は、

  • 毎日やること
    ⇒その日、学校で習った範囲の授業ノートを見直す!
  • 週末の土日にやること
    ⇒習った範囲を、ワークやプリントで問題演習する!

毎日の復習では、ノートをざっと見直しながら、先生が授業で話していたことを「思い出す」クセをつけるとよいでしょう。

思い出すことで、記憶をより強化していきます。

定期テスト対策

進研ゼミHPより引用
”https://chu.benesse.co.jp/”

進研ゼミには、定期テスト用に「予想問題」と「暗記BOOK」というのがあり、毎学期の定期テストにあわせて送られてきます。

要点ポイントを暗記しながら、しっかり問題演習ができますので、フル活用しましょう!

とくに問題演習は、間違えたところを中心に繰り返しやることが大切です!

一度やった問題は、同じものが出たら100%正解できるくらい丸覚えしてしまう意識が大切です。

高校受験対策

進研ゼミHPより引用
”https://chu.benesse.co.jp/”

一番気になっている方も多い、進研ゼミの高校受験対策です。

豊富な受験対策教材たちが、随時送られてきます。

僕の個人的な感想ですが、進研ゼミに取り組んで成績が伸びていくと勉強が楽しくなってくるので、それなりにボリュームがありますがこれらの教材はくるのが楽しみなります。

とくに中3からは、授業対策教材と並行して取り組むことになりますが、とにかく繰り返しやって、高校入試で戦える力をつけていきましょう!

受験対策教材などは、公式HP(≫【進研ゼミ中学講座】 )でも年間ラインナップ等で確認できますし、無料資料請求すれば詳しく分かりますので、ぜひ資料請求して情報を集めることがおすすめです。

資料請求(無料)により、パンプレットともに体験教材ももらえるので、どんなものか実際にやってみることができます!

▼資料請求(無料)はこちらから!

【進研ゼミ中学講座】

進研ゼミなら日々の積みかさねが可能!

進研ゼミは、授業・定期テスト~高校受験まで十分対応できるよう、充実した教材たちがそろっていることが分かったかと思います。

必要な時期に、適切な教材が届きますので、これらの教材をうまく活用していくことで、日々の学習効果は大きく上がっていきます。

また、進研ゼミには次のような特徴があるため、日々コツコツと積みかさねることができ、最大限の効果が得られるようになっています。

  • 日々の授業対策教材は、1回15分で学習していける!
    ⇒部活などで忙しい平日にも、1回15分×2(1日30分)で学習していける設計になっている!
  • レベル別にコースを選択できる!
    ⇒お子さんのレベルに合わせて、無理なく学習できる!
  • 毎月の添削問題がある!
    • 学習の習熟度が分かる。
    • 難しい記述式問題も添削指導してくれる。
    • 提出するとポイントがもらえてプレゼントと交換できる(努力賞)。
  • 定期テスト対策が充実!
    • ポイントをしぼった効率のよい定期テスト対策ができる!
  • 高校受験対策が充実!
    • 必要な時期に、必要な教材を取り組んでいける!
    • ポイントをしぼった学習で、高校入試に必要な力をつけていける!

繰り返しになりますが、僕の中学時代では、中2の夏頃から進研ゼミを始めましたが、分かりやすく楽しく取り組めたため、日々コツコツと勉強を続けることができました。

成績を伸ばし志望校に合格するためには、「日々コツコツ」の積みかさねがとても大切になります。

進研ゼミは、上記のようなコツコツ継続できる仕組みがあるのでおすすめです。

進研ゼミがおすすめな中学生とは?

女の子が必死に勉強している様子のイラスト

では、進研ゼミがおすすめなお子さんのタイプを紹介します。

進研ゼミをやって、効果的な高校受験対策ができるお子さんの特徴は次のとおりです。

  • 自主的に勉強する習慣がある
  • 目標(目指す高校)が決まっていてやる気がある
  • これから家庭学習の習慣をつけていきたいと思っている
  • コツコツ取り組める
  • コツコツ取り組めるようになりたい

以上のようなタイプのお子さんには、進研ゼミはおすすめできます。

言ってしまえば、勉強に対して「やる気」があるお子さんなら進研ゼミは有効に活用できるでしょう。

また、今うまく家庭学習ができていなくても、やろうという意気込みがあれば大丈夫です!

僕も進研ゼミを始めたときはそうでした。

進研ゼミ教材は、内容が分かりやすいので取っかかりやすく、「勉強をやろう」という気持ちさえあればOKです。

先にも述べましたが、個人的に、とくに300点~400点超(※目安)を目指す中学生ならおすすめできるかと思います!

▼進研ゼミの入会or資料請求はこちらから!

【進研ゼミ中学講座】

進研ゼミがおすすめではない中学生のタイプは?

ちなみにですが、進研ゼミがおすすめではない中学生のタイプも紹介しておきます。

まずは、「勉強にやる気がない」、「勉強習慣がない」という中学生は、進研ゼミというより通信教育という勉強スタイルは難しいかもしれません。

通信教育にとって大切なのは、勉強へのやる気です!

通信教育で成績を上げていきたい場合、自分から机に向かい勉強する必要がありますので、進研ゼミをやらせたいと思うのであれば、やる気を出させてあげるとよいかと思います。

また、有名私立校などの難関受験を目指す場合には少し検討が必要かもしれません。

進研ゼミにも最難関高校を目指すコースはありますが、「各都道府県の公立最難関校への合格」、「公立高校入試問題で得点率85%以上」を目指す設定となっています。

もし、より難易度の高い受験を目指す場合は、Z会がおすすめになるかと思いますので、Z会 の資料請求をして、詳細情報を調べてみるとよいでしょう。

▼Z会の資料請求はこちら

【中学生のためのZ会の通信教育】

進研ゼミをコツコツ続けていく秘訣とは?

ここからは、僕の経験を踏まえて、進研ゼミをコツコツ続けていく秘訣を紹介していきます。

成績アップ&志望校合格を目指すなら、「コツコツ」が大切!

そのためのポイントは次のとおりです。

  • 勉強にやる気になる!
    • 志望校を決め、入試で何点取るかを明確にする!
    • 現状、勉強がやる気がない子なら、ご褒美などのメリットを与えてあげるのもあり!
  • スキマ時間を大切にする!
    ⇒夕飯前の15分、好きなテレビが始まる前の15分などを勉強にあてる。
    • 進研ゼミで予習(1回15分でOK)!
    • 学校の授業ノートを復習!
    • 英単語を少しでも暗記!
  • 勉強する時間を決める!
    • たとえば、「19~21時は勉強」と決める。
    • 勉強時間には、テレビやスマホなどをシャットアウト。
    • 勉強習慣がついていない子に対しては、「勉強をやれたらおやつをあげる」などのご褒美を決めるのもあり。
  • どうしてもやる気にならないときは休む!
    • 勉強を休む日をつくってもOK!
      ※宿題や授業ノートの復習だけは必ずやって早めに寝る。
      ※勉強を休む日は、多くても週に1日(平日)までにする。
      ※土日などの休日はまとめて勉強するチャンスなので、受験シーズンはしっかり勉強にあてるのがおすすめ。
    • 2日続けて休む日を作るのはNG!
      ⇒勉強へのやる気がなくなりやすく、再び気持ちを上げるのが大変になる!

あくまで参考ですが、以上のような取り組み方はおすすめです。

お子さんにあった勉強法を取り入れていきましょう!

進研ゼミを使って高校受験で志望校合格を目指そう!

繰り返しになりますが、進研ゼミで高校受験対策は十分できます!

もし、進研ゼミに興味を持っているようであれば、できるだけ早めに始め、勉強習慣をつけていくことをおすすめします。

進研ゼミの詳しい内容については、無料の資料請求ができますので、パンフレットや体験教材を手に取ってみてみるとよいでしょう!

資料が届いたら、ぜひお子さんと一緒に見るとよいかと思います。

※資料請求はこちらから≫【進研ゼミ中学講座】

通信教育の会社が出す資料ってとても見やすくて、僕も中学時代は資料や広告を見ながら、「おもしろそうだな~」「やってみたいな~」って思いましたし、資料を見てて子供のやる気が出ることもあります。

資料請求したら、ぜひお子さんと見てくださいね!

~進研ゼミのキャンペーン情報~

春の抽選キャンペーン実施中です!

キャンペーン期間中(6/24まで)に、中一講座・中二講座・中三受験講座の6月号or7月号に入会した方対象に、豪華賞品の抽選キャンペーンをやっています!

進研ゼミHPより引用
”https://chu.benesse.co.jp/”

詳しくは、公式HPでチェックしてみましょう!
【進研ゼミ中学講座】

また、今入会すると、

  • 4・5月範囲学習し放題
  • 暗記対策&予想問題

といった定期テスト対策への教材が盛りだくさんとなっています。

進研ゼミに興味をお持ちの方は、1学期の定期テストで好スタートを切るためにも、早めに受講して学習のペースを早くつかんでいくとよいかと思います。

▼進研ゼミ中学講座の入会or資料請求はこちらから!

 

まとめ

進研ゼミ中学講座が高校受験対策に使えるかについて解説しました。

高校受験に向けて、1日1日の積みかさねが大切になります。

進研ゼミの良質な教材で効率よく日々の学習に取り組み、高校入試に対応できる力をつけていきましょう!

進研ゼミに興味がある方は、無料資料請求が可能ですので、ぜひ利用することをおすすめします。

▼進研ゼミの入会or資料請求はこちらから!

【進研ゼミ中学講座】

資料が届いたら、ぜひお子さんと一緒にみるようにしてくださいね!

~進研ゼミを使った勉強法を実体験で紹介~

~勉強法が確立していない中学生におすすめ~

中学生の勉強は、よい勉強法を継続することで、成績を上げていくことができます!

成績が伸び悩んでいる人は、質の高い塾・通信教育を利用して、勉強のコツをつかんでいくことをおすすめします。

個人的には、通信教育がおすすめ!

僕自身も、中学時代に取り組んで成果を出せました。

▼中学生の勉強は塾?通信教育?

▼中学生におすすめ通信教育4社!

▼僕がおすすめする通信教育!

▼中学3年生向け通信教育!