公務員の種類を分かりやすく解説します!【基礎知識】

公務員試験対策
スポンサーリンク

公務員ってどんな種類があるのですか?

そんな疑問にお答えします。

本記事では、公務員になろうと思った人に対して、超基本的な部分である「公務員の種類と職種」について、紹介していきます。

~この記事を読むと良い人~◎公務員になりたいと考えている人
◎そもそも公務員って何?公務員の種類って何があるの?といった基本的なことを知りたい人
記事作成者について

民間企業に勤めながら公務員試験を受験、公務員への転職を成功。
現在はフリーランスとして活動中。

公務員とは?

まず、公務員の定義ですが、「国や地方自治体等の機関で公務に携わる人」のことを言います。中でも、国の機関に属する人を国家公務員、県や市町村等の地方政府に属する人を地方公務員といいます。

公務員の目的は、法律でも定められ、「全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。」とされています。また、公共の利益のために全力をあげて仕事に取り組まなければならず、例えば、副業なんかも禁止されています。

公務員の種類は何がある?わかりやすく解説します!

まず、公務員は、国家公務員や地方公務員に分けられます。その中でも、職種など細かく分かれており、公務員になりたい場合は、どの公務員になりたいかを決めて受験しなければなりません。

国家公務員と地方公務員について、次の表にまとめます。

国家公務員
府省庁や税関、労働局、裁判所、衆参議員事務局などの職員として働く。職種は以下のとおりに分かれる。
◎総合職・・・中央省庁職員。政策の企画立案、法律作成の資料準備などを行う。省庁によっては地方への出向もある。
◎一般職・・・中央省庁や税関、労働局などの地方機関職員。総合職が作った政策を実行する職種。
◎専門職・・・専門職国税専門官、外務専門官、財務専門官、労務基準監督官、職員衛生監視員、航空管制官など。


地方公務員
都道府県庁、東京特別区(23区)、政令指定都市、市町村職員として、県庁や市役所、関連施設で働く。職種については以下のとおりに分かれる。
◎事務職・・・政策企画立案、事務手続き、事務文書作成や自治体イベント、住民手続きなどを行う。
◎技術職・・・建築、土木、電気、機械など分野で分かれて、自治体が管理する施設やインフラの整備や設計をしたり、建築指導などをする。
◎資格・免許職・・・教員、栄養士、保育士、保健師、医師、看護師など地方自治体が運営する施設に勤務する。
◎公安職・・・警察官として警察署や、交番、運転免許センターなどに勤務する。

上記の表には示さなかったのですが、国家公務員にも地方公務員にも特別職というのがあります。

これらは、

●国家公務員の特別職⇒国会議員、国会職員、大使、公使、裁判官、裁判所職員、自衛隊員など

●地方公務員の特別職⇒都道府県知事、副知事、市町村長、副市長村長、議員、行政委員会委員など

があります。これらは、公務員試験を受験してなるものではありません。

公務員の仕事

僕は地方公務員として勤めた経験があるため、地方公務員の仕事に少し触れておきます。

地方公務員は、都道府県庁や市区町村役場で働くため、住民に近いところにいます。

地方自治体で行う業務の一例を次に紹介します。

●住民手続きを行う。
●道路や水道などのライフラインを作ったり維持管理を行う。
●公共施設、学校などの建設や維持管理をする。
●条例、規則などの決まりを作って、役所業務の円滑な運用、住民生活の基盤を作る。
●飲食店の営業許可や立ち入り検査等。

基本的には、住んでいる人の生活守っていくための仕事です。

特に市区町村職員は、住民に近いところでの仕事が多く、住民と直接接する機会も多くなりますが、都道府県職員は、市区町村の統括や補助金を出したりといった仕事が多くなり、直接、住民のためという雰囲気は薄れるかもしれません。

これが、国家公務員になるとより全体の統括的な仕事になってきます。

公務員のことを詳しく調べたい方へおすすめの本を紹介!

公務員の種類や、地方自治体の仕事の一部について紹介しましたが、もっと詳しく知りたい方は、受験ジャーナルシリーズの「公務員の仕事入門ブック」を読みましょう。

この本で、公務員の種類や仕事内容について全て分かります。

公務員目指すなら、一冊持っておくことをおすすめします!

まとめ

公務員の種類はたくさんありますし、職種によって、やっている仕事は大きく変わります。公務員試験の内容や難易度も変わりますし、公務員を目指すならば、具体的に何になりたいかを決めて取り組んでいくと良いですね。

コメント