離婚や別居に伴う引っ越し費用は請求できる?引っ越しにいくらかかるの?

離婚アドバイス
スポンサーリンク
●離婚することになったけど、相手に請求できるの?

●引っ越し費用もばかにならないだろうけど、いったいいくらかかるの?

一度は人生をともに歩んでいくと決めた相手と、離婚や別居を考えるのは辛いと思います。
ですが、前に進まなければなりません。
そんな悩みを持つ人のために、解説していきます。

離婚や別居に伴う引っ越し費用は請求できる?

結論から言います。

離婚や別居に伴う引っ越し費用については、「引っ越しする人」の負担になるのが一般的のようです。

別居のときには、生活を維持するための婚姻費用の請求ができると言いますが、引っ越し費用はこの中に入りません。

ただし、相手の合意が得られれば費用を請求することもできるため、交渉できる状態であれば、話してみるのも良いでしょう。

引っ越し費用っていくらかかるの?

ざっくりですが、必要となってくるものは以下のとおりです。

●引っ越し業者代

●新居の契約費用(賃貸アパート契約等)

●新居で必要な家具家電

これらを細かく見ていきましょう。

引っ越し業者代はいくらかかる?

引っ越し業者の相場は、単身であったり2人分(子供1人)の荷物量で、市内への引っ越しでしたら、だいたい3~10万円くらいでしょう。

ただし、繁忙期である3~4月については、荷物の量や場所にもよりますが、10万円超える場合もあります。

エアコンを持っていく場合は、別途、取り外し・取り付け費用がかかる場合があります。引っ越し業者に相談しましょう。

引っ越し業者については、余裕があればですが、見積もりを何社か取るべきです。業者によって、また、交渉によって金額が大きく変わります。
もし、そんな余裕がないと思えば、ネットから一括見積もりを請求できますので、必ず相見積もりを取りましょう。
参考までに一括見積のサイトを載せておきます。
>>[トレファク引越]引越・買取・処分を一括見積

新居の契約費用はいくらかかる?

引っ越し先が賃貸であれば、敷金や礼金、仲介手数料といった費用がかかります。

最近では敷金礼金は不要になってきていますが、クリーニング費用、仲介手数料等の初期費用は必要になることが多いです。だいたい家賃の2倍くらいはこれらの費用として必要となり、5万円の賃貸アパートでしたら、初期費用として10万円は見ておきましょう。

補足ですが、賃貸アパート契約時に、殺菌消毒費とか消火器具といったものをいろいろ進められたりするかもしれませんが、不要と思えば不要と言いましょう。

新居で必要な家具家電の購入費用は?(動産は財産分与します)

離婚時には、財産分与といって、原則、財産を半分ずつ分けることになりますが、家具家電といった動産についても分けることになります。

ただし、動産については購入してから経年劣化していきますし、価値をしっかり評価して分けることが難しいため、まずはお互いの話し合いによって決めます。
揉めれば、弁護士が細かく算出したりして、どちらの所有か決めていくことになりますし、取り分が多ければ、少ない方にお金を渡すということもあります。

そのため、相手が所有することになった新しい家具・家電については、新しく購入する必要があります。

例えば、

●テレビ、DVD

●冷蔵庫

●洗濯機

●クーラー

●掃除機

●照明 ・・・

といったものがありますね。

金額もそれなりにするものもありますので、費用は10~20万円ほど必要になるかと思います。

引っ越しにかかる費用のまとめ

これらの費用をまとめます。

【引っ越しにかかる費用の例】※大人1人子供1人、市内の場合

●引っ越し代・・・3~10万円

●新居の費用(賃貸アパート)・・・敷金、礼金、契約手数料等10万円

●新居で必要な家具、家電・・・10~20万円

あくまで一例ですが、合計で約23~40万円の費用がかかります。

個々によって金額は変わりますが、これらの費用がかかってくることを頭に入れておいた方が良いでしょう。

不要になった家具の処分に困ったら引っ越し業者に頼んでは?

引っ越しの時に、お互い不要なものや、自分がもらうことになったけど、この際、処分してしまいたいと思うものもあると思います。

中古買取店に持っていったり、廃棄処分しても良いですが、離婚を考えているときにそんな余裕もありませんし、引っ越しとなるととても忙しくなるものです。

そんなときにおすすめなのなのが、引っ越し業者による、買取や処分サービスです。
これならとても楽ですし、もし売れたらお金になりますので、費用の足しになりますね。
参考に、業者HP載せておきますので、一度見積もりを取ってみても良いかと思います。
>>[トレファク引越]引越・買取・処分を一括見積

まとめ

いかがでしたでしょうか。

離婚が視野に入るといろいろと考えなければならないことがたくさんあります。
その一つが住まいの話です。

引っ越し費用についてまとめます。

▢離婚や別居にかかる費用は、引っ越し業者代、新居の契約費用、家具家電購入費用である。

▢引っ越しには、ざっくり23~40万円ほどは見ておくと良い。

▢引っ越しで不要なものは、引っ越し業者でも買い取りや処分を行ってくれるものもあるので利用しましょう。

 

心機一転、前に進んでいけることを願っています。