離婚をしたいと言われたときに知っておくべきこと【離婚経験者が経験を話します】

離婚アドバイス
スポンサーリンク

こんにちは!ラピです。

離婚って今は3人に1人がする時代って話、聞いたことありますか?

みなさんの中に、離婚したいと言われた、突然別居されたといったようなことがあり、離婚が視野に入って辛い思いをしている人もいるかと思います。

実は、僕は離婚経験者で、元妻とは別居しながら離婚協議(調停)を行いましたが、その中でいろいろと辛い思いもしましたし、歯がゆい思いも経験しました。

離婚は結婚に比べ、何倍ものエネルギーを使うと言いますが、ほんとにそうです。

誰にとっても離婚は辛いものですが、辛い気持ちを乗り越えて、別れる相手と離婚をするにあたって決めなければならないことはたくさんあります。
離婚は、離婚届けに名前を書いて、印鑑押して、役所に出すだけではないのです。

この記事では、離婚したいと言われた突然別居されたといった人で、突然のことで離婚に関してよく分からないという人に基本的な知識を身に付けられるよう、僕が離婚経験したときに得た、離婚の基本知識について解説してきますので、参考にしてみてください。
※自分の経験や勉強したことをもとに、離婚に関する基本的なことを書いています。僕は、弁護士でも専門家でもありませんので、あくまで基本知識として参考にしてもらい、少しでも前に進む手助けになれたらと思います。

~記事作成者について~
元妻との約一年の別居の末、離婚を経験。
元妻側が突然の別居⇒元妻に代理人として弁護士がつく⇒自分は代理人つけずに、弁護士相談や離婚関連の参考書を読みあさり知識をつける⇒調停、協議の末、離婚成立。やはり、弁護士の経験にはかなわないなと思いながらも、それなりに納得のいく条件で離婚。
~この記事を読むと良い人~
・離婚をしたいと言われた、突然別居された、離婚をしたいと考えている人などで、離婚に関して知識がなく困っている人。
・離婚が視野に入り、どうしたら良いか分からないという人。

離婚への流れ

離婚する場合、お互いに納得して離婚できればいいのですが、離婚を考えている相手に対して、お互いに冷静に話し合いができるかと言うと、そうではないことが多いのではないでしょうか。そんなときはどうなるのでしょうか。

離婚をする時の、おおまかな流れを書きます。

【離婚の流れ】
離婚協議・・・お互いに離婚をするかどうか、離婚する場合の条件を話し合いで決める
⇩(合意できない)
離婚調停・・・裁判所で調停委員を介しての、話し合いの場が持たれる
※調停前置主義といって、いきなり裁判ではなく、調停という話し合いをまず行う
⇩(合意できない)
離婚裁判・・・裁判により、離婚や条件について判決する

話し合いで解決できないときは、調停や裁判といった、裁判所の手続きを利用することになります。

離婚をするときに決めること

離婚するときに決めることをがいくつかあります。以下にリストアップし、概要を書いていきます。

●離婚することに合意すること
まず第一に、離婚する場合、絶対にクリアしないといけないことです。離婚するには、まずお互いの合意がなければなりません。
調停でも合意できなければ裁判となり、法的な離婚事由を主張して、裁判所に離婚を認めてもらうことになります。

●親権をどちらにするか(子供いる場合)
未成年の子供がいる場合は、親権者をどちらにするか決めることは必須です。離婚届には、親権者を記載する欄があり、親権者の名前を書かないと受理されません。

●慰謝料
不倫であったり、DVといた離婚の原因を作った方に対して、請求できます。

●財産分与
結婚している間に夫婦が築いた財産を夫婦で分け合うことを財産分与といいます。財産を一覧にして、分割する割合を決めます。

●年金分割
結婚している間の厚生年金について、夫婦で納付した保険料の総額を分割することです。分割の割合を決めます。どちらかが第3号被保険者である場合は、2008年4月1日以降に納めた保険料は、合意不要で2分の1に分割されます(3号分割制度)。

●養育費(子供がいる場合)または婚姻費用
子どもがいて離婚する場合は、親権者側へ子供を養育するための費用として、養育費を支払います。
もし、離婚前に別居となる場合は、結婚生活を維持するために必要な費用として、生活レベルが同等になるように助け合うという目的で、婚姻費用を支払います。これは、子供がいない場合も発生し、例えば、専業主婦で収入がない人が別居をした場合に、収入がある方が支払います。婚姻関係がある限り、婚姻費用分担は義務です。

●面会交流(子供がいる場合)の条件について
離婚して離れて暮らす親にも、子供に会ったり、連絡を取ったりすることが認められます。これを面会交流と言います。同時に子どもの権利でもあるため、同居している親も、離れて暮らす親も、正当な理由がない限り面会交流を拒むことはできません。
この面会交流についても話し合いで決めます。

以上に挙げたことについて、夫婦の話し合いにて決めます。決まらない場合は、調停・裁判で決めていきます。
※それぞれで具体的なことは、別記事で書いていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

離婚が視野に入ったとき、辛い思いをすると思いますが、離婚するまでに決めることはたくさんあります。これらを、別れる相手と話し合っていくことは、たくさんのエネルギーを使います。

僕は、いろいろ勉強したり、弁護士相談したりして、一人でやっていきましたが、正直、かなりのエネルギーを使いましたし、辛いときはありました。

そんな辛い思いをしている人にとって、少しでも参考になればと思います。

一人で辛いなと思ったときは、弁護士の先生にお願いすると、うまく話を進めてくれるでしょうし、不利な条件にならないように判断しながら進めてくれますので、費用はかかりますが、無理せずお願いするのが良いかと思います。