【成績UP!】進研ゼミの活用法 | 中学講座

中学生の勉強
スポンサーリンク
●成績を伸ばしたいけど、進研ゼミってどうなの?
●成績を伸ばすために、進研ゼミはどうやって活用したら良い?

こんな疑問を持つ人に、僕が中学時代に実践してきた進研ゼミを使った勉強法を紹介します。

勉強はやり方次第です。進研ゼミ上手な活用方法で成績は間違いなく伸びます。

ほんとに成績伸びるの?と思う人は、何事もまずやってみることです。

進研ゼミ中学講座をおすすめする理由

僕が進研ゼミ中学講座をおすすめする理由は以下のことからです。

●自分が中学生のときにやっていて、取り組みやすかったから。

●進研ゼミを本格的にやり始めて、自分の定期テストの点数が上がったから。

自分が実際にやってみた経験からおすすめしています。

どれくらいテストの点数が上がったかというと、

本屋に売っている問題集や学校のワークで頑張る
5教科350点程度

まあ、これでも悪くはなかったんですが、伸び悩みました。いい勉強方法ないかと、中学二年生の夏休み頃から進研ゼミを取り入れました。

進研ゼミを本格的に取り入れて日々の授業対策、定期テスト対策をやる
5教科430点程度取ることに成功! 
※以降、実力テストなども含め、約430点を継続できました。

中学校の頃の自分でも、こんなに上がるんだってびっくりしました(笑)

進研ゼミの特徴

まず、進研ゼミの特徴をざっと紹介します。

☑1回15分で学習できる。
☑レベル別にコースを選択できる。
☑毎月の添削問題で、学習の習熟度が分かり、難しい記述式問題も添削指導してくれる。ちゃんと提出すると、ポイントがもらえてプレゼントと交換できる(努力賞)。

忙しい毎日の中のスキマ時間を使って勉強できますし、レベルを選べる点、添削問題により、習熟度や苦手潰しができます。

僕の場合、運動部に所属して毎日疲れて帰っており、長時間の勉強はきつかったため、進研ゼミのお手軽感はとても助かりました。二年生の夏休み頃から進学校の志望校を決めていましたが、同じ高校を目指す人たちの中では、絶対的な勉強時間は少ない方だったと思います。それでも成果を出せたのは、進研ゼミのおかげだと思います。

成績が伸びた進研ゼミの活用法!

もちろん、進研ゼミを頼んだだけで、点数が伸びたわけではないです。
進研ゼミから送られてくる教材は全部やりましたし、学校から帰ったら、その日の授業ノートを全部見直してきちんと復習していました。

とは言っても、めちゃくちゃ勉強時間を取っていたかというとそうではありません。中二の頃で、平日の勉強時間は1~1.5時間、休みは2~3時間、テスト前は部活がない分、もう少しやるといった感じです。

極端に多いわけではありませんよね?むしろ少ない気がします。

では、実際に、僕が実践していた勉強法を紹介します。

自分が成果を上げた進研ゼミの活用法

別記事で、中学校の勉強法について紹介しました。

その記事では、

●予習、復習のそれぞれが重要

と書きました。

そして、この記事では、予習と復習を学校の教科書、授業ノート、ワークを中心に行うと言いました。

でもイメージしてみてください。

復習は、授業ノートの見直しや、ワークなどの問題集を取り組めば良いです。具体的には、毎日の授業ノートをその日の夜に見直して、週末の土日にワークなどの問題をやれば良いです。これは、比較的、単純で簡単だと思います。

問題は予習です。
中学生は部活もありますし、一日の時間のうち、勉強に多くの時間を取ることができないです。「明日やる範囲は~」って考えながら、その範囲の教科書を見たり、例題を解いたりって、けっこう大変ですよね。

そこで僕がやっていた勉強法は、予習を完全に進研ゼミにすることです。
(※英語など、学校から教科書の日本語訳をやってこいと宿題が毎回出たりすると思うので、宿題はしっかりやりましょう。)

進研ゼミ中学講座のテキストイメージの図(ベネッセHPより)
進研ゼミ中学講座HP”https://chu.benesse.co.jp/lp/aohon/”より引用

上の教材は、進研ゼミの毎月送られる授業対策教材ですが(タブレットによるデジタル教材を選ぶこともできます)、明日の授業でやるところはどこかというのは意識せずに、この毎月の教材を一か月でしっかり終わらせれるように計画を組んで、コツコツやっていました。
学校の進度と、進研ゼミの進度はだいたい合っていましたので、ほぼ予習として進研ゼミを利用することができていました。

予習で進研ゼミを活用するメリット

予習って、習ったところじゃない新規の範囲なので、難しいんですよね。

でも、進研ゼミであれば、

●丁寧な解説がある。
●テキストが見やすい。とっつきやすい。
●ポイントが明確。覚えるべき点が分かりやすい。


⇒難しい予習でも、抵抗なくできる!
 楽しく効率的な勉強ができる!

僕自身、進研ゼミをやり始めたころから、授業の理解度が上がってきました。授業を受けていて、「その内容知っている」と思うことが多くなって、なんかカンニングしているんじゃないかと罪悪感を感じることもあるくらいです(笑)

当時あまり大きな声では言えなかったですが、進研ゼミを始めて、勉強が好きになりました。学校で勉強が好きというと、笑われるんじゃないかという雰囲気があるので、ポーカーフェイスをたもっていましたが(笑)

勉強が好きになったことが、成績を伸ばすのに一番良かったのかもしれません。
「好きこそものの上手なれ」と言いますが、好きなことは上達が早いですよね。

勉強を好きになれたのも、進研ゼミのおかげだと思います。

進研ゼミの定期テスト対策

進研ゼミは毎月の教材のほかに、定期テスト前になると以下のような「定期テスト対策教材」が送られてきます(タブレットによるデジタル教材を選ぶこともできます)。

進研ゼミ中学講座のテキストイメージの図2(ベネッセHPより)
進研ゼミ中学講座HP”https://chu.benesse.co.jp/lp/aohon/”より引用

僕は、これと学校のワークや配られたプリントで、定期テスト対策をしていました。

この教材は、定期テストに出やすいところを集中的に取り組むことができ、短期間集中でできる定期テスト対策です。7日間で対策できるというのが特徴です。

部活動も7日前にはテスト期間で休みになると思いますのでちょうど良いですね。とは言っても、定期テスト対策は14日前には始めるようにしましょう。

進研ゼミのデメリット?やらなくて教材がたまっていく?

通信教育のデメリットとも言われるのが、長続きしなくてせっかくの教材がたまっていくことです。

でも、これは心配しなくてよいと思います。理由はこちら。

☑教材がたまっても、定期テスト前など、分からなくなったところ、苦手なところを取り組むのに使える。
☑定期テスト対策教材を中心に利用して、取り組んでも良い。
☑塾や家庭教師に比べて、かなり安価。毎月税込5,980円~。
※金額は12か月一括支払いの場合。また、学年により異なる。

「いくら安くてもやらなきゃもったいない!」と思う人もいるかと思いますが、では塾にしますか?

塾なら強制力がありますので、教材がたまるようなことはないかもしれません。
でも、塾だからと言ってやる気がない人にとっては全く意味がないです。塾に行ってて、成績が伸びない人はたくさんいます。なぜ伸びないかというと、成績が伸びるかどうかは本人のやる気勉強のやり方次第だからです。

進研ゼミは、分かりやすくできていますし、短い時間で取り組めますので、勉強へのやる気が出る仕組みになっていますし、ポイントを押さえた学習で効率よく取り組めます。

一度試してみてはいかがでしょうか?

進研ゼミ中学講座の資料請求(無料)をしてみましょう!

より詳しい内容は、公式HPや資料請求(無料)でみることができます。資料請求で、特典もありますので、ぜひ活用してみてください。
無料ですので、資料請求だけでもしてみると良いと思います。
資料請求はこちらのHPからできます。>>【進研ゼミ中学講座】

資料請求は簡単です。参考記事もありますので、よかったら見てください。

その他の通信教育でおすすめのもの!

この記事を書くにあたって、様々な通信教育も目にふれましたが、他にもよさそうだなと思うものはありますので、紹介します。

<その他おすすめ通信教育>

僕が中学生の頃は、動画授業なんてのはなかったと思いますが、最近では、家でも塾のような体験ができるものも出ています。それはスタディサプリです。動画授業中心に学習を進めていきます。費用はかなり安いです。
これは、14日間無料体験があるので、まず体験してみるのもありかと思います。

スマイルゼミZ会にも、それぞれ特徴がありますが、どちらも定期テストや高校受験のことは良く分析されていますので、個々の勉強スタイルに合わせて選ぶと良いかもしれません。ただ、Z会はレベルが高い子向けかなという感じもあって、がっつり勉強するというなら良いかなと思います。
どちらも、資料請求は無料なので、それぞれ見てみるのも良いと思います。

まとめ

ポイントをおさらいしましょう!

☑進研ゼミは1回15分の勉強で取り組める。毎月の授業対策教材で予習に活用しましょう。
☑進研ゼミの定期テスト対策は短期集中でできる。7日間でもOKだけど、テスト対策は14日前からは取り組みましょう。

まずは、資料請求してみて、教材を手に取って見てみるべきです。良いと思ったらすぐにでも始めてみましょう。
公式HP(資料請求)>>【進研ゼミ中学講座】

勉強スタイルを早くつかんで、コツコツ取り組んでいけば、定期テストや高校受験にも必ず活きてきます。

よい勉強法を確立できることを願います。