【お得な無料ハンドブック】公務員へ転職したいならまずはコレ!

市役所の激務部署ランキングって本当?楽な仕事も?元職員が実態を徹底解説!

公務員ライフ
スポンサーリンク

~本記事のテーマ~

  • 市役所の激務部署ランキングを見たけど、実際はどうなの?
  • 元職員から見る「市役所の忙しい部署」は?
  • 市役所の仕事の実態は?楽な部署もあるの?
  • 市役所職員として働いていて、激務部署に異動になったらどうすればいい?

市役所の激務部署ってどこですか?

そんな疑問にお答えします!

ネットで調べていると、激務部署ランキングって見かけますよね!

僕も見ていて、「たしかになぁ」と思う部署と、「ちょっと違うな」と思う部署はあります。

このギャップが出るのは、ある意味、市役所の業務形態の特徴でもあるかなと。

本記事では、市役所の激務部署について、

  • ランキングにギャップが生まれる理由を深堀り
  • 実際に市役所の激務部署&業務はなにか
  • そもそも忙しい業務とは

を詳しく紹介していきます。

もし、激務部署になったらどうしたら良いか・・・

そんな疑問や不安を解消するため、民間から市役所転職経験のある僕が、市役所の激務部署について徹底解説しますので、ぜひご参考にしてみてください!

▼【簡単!】公務員試験の全体像を知る方法!

公務員試験を目指すなら、まずは試験の全体像を把握することから!
予備校クレアールの資料請求(無料)では、講座の宣伝だけでなく、試験情報・対策方法などの情報が満載です。
公務員試験の全体像がすぐに分かるので、スタートでライバルたちに差をつけられます!

▼クレアール資料請求で試験情報をチェックする!

ラピ
ラピ

予備校の資料請求って、「その後の勧誘がひどいんじゃない?」といった心配もありますが、クレアールはそういったことはなかったですね。
安心して、お得な資料をゲットしておくと良いかと思います。

※クレアールは、資料請求で受講料に使えるクーポンももらえることがあるので、もらっておいて損はないでしょう!

市役所入庁の辞令

市役所の激務部署ランキングって本当なの?

冒頭で述べましたとおり、激務部署ランキングは見方によって少しギャップが出てきます。

ギャップが出る理由は次のとおり!

  • 各自治体により方針や強化施策があるため、忙しい部署が異なる。
  • 部署内でも係や担当によって、仕事内容・忙しさが全く異なる。
  • 激務ランキング上位の部署で、ある時期は激務になるがそれ以外は楽な部署もある。
    ※時期的な忙しさは多くの部署でもある

当然のことかもしれませんが、市によって力を入れている政策は異なります。

業務分担の仕方や人口規模、さらには同じ部署でも係(グループ)によっても、業務量はさまざまです。

ラピ
ラピ

同じ部署の担当レベルでも、

・ある人は激務で毎日残業

・ある人は”のらりくらり”で定時帰り

といった場合もあります。

しかも、異なる係の仕事に関しては基本ノータッチ。

業務を代行する権限がないため、なんとなくやっていることは知っていても、具体的に分かる人はいないような状態ですね。

もっと、激務⇔暇な人で手伝いあえるといいと思いますが、「担当制」で一度ルールが決まると、なかなか変わりづらいのが市役所の掟なのかも。

スポンサーリンク

【楽な仕事もある?】市役所の激務部署を徹底解説!

では、市役所の激務となりやすい部署を見ていきましょう!

僕自身、市役所時代は激務部署でしたので、深夜帰りも何度も経験しています。

そのため、帰り際に「いつも夜遅くまでやっている部署」は把握していますし、総務の仕事で全庁的につながりが多い仕事をしていたのもあり、他部署の人からの情報も。

そんな経験から、市役所の激務部署を紹介していきます。

市役所の激務部署!

市役所の「激務部署ランキング」とまではいきませんが、以下に激務度ごとに忙しい部署を分けて紹介していきます。

ぜひご参考にしてみてください!

  • 年中ほぼ激務
    • 財政
      ⇒市全体の予算・決算を統括。業務量は膨大。
    • 人事
      ⇒市全体の人事面を統括。給与・手当、教育、福利厚生、採用など業務量は膨大。
    • 国民健康保険
      ⇒市の管轄である国保に関わる業務。窓口対応、事務作業量が膨大。
    • 商工観光
      ⇒市のイベント開催、商工会との連携、中小企業支援などの業務。祭りなどのイベントがあるときは残業や休日出勤もあたり前。
  • まあまあ激務
    • 市民病院関連(庶務・施設)
      ⇒市民病院の経理や施設保全といった業務。業務の量は多いし、医師との連携もあって辛いこともある。
    • 児童・子育て関連
      ⇒市内にある保育園・児童施設等の多くの施設管理や児童手当など、業務量は膨大となる。
    • 教育関連
      ⇒市内にある学校施設の管理など、業務量は膨大となる。
    • 高齢介護関連
      ⇒高齢者福祉、介護保険料、要介護認定などに関わる業務。窓口対応や事務量が膨大。
    • 後期高齢者医療
      ⇒後期高齢者医療に関わる業務。窓口対応、事務作業量が膨大。
  • 辛い系
    • 生活保護関連
      ⇒生保申請の受付、調査、訪問といった業務。お金のことなので揉めやすく、クレーム&声を荒げられることもしばしば。
    • 道路管理
      ⇒市内の道路管理や境界確定の業務。申請やクレームなども多く、境界確定は市民の財産(土地)が関わるため揉めやすい。
    • 管財
      ⇒市役所庁舎の管理、公用車・物品等の管理、市町村内の土地管理など幅広い業務。担当者の数によっては激務になる。

代表的な激務になりやすい部署は以上のとおりですが、その他は時期によって忙しい部署ももちろんあります。

基本、年度末・年度初め・予算作成の時期などは、どこの部署も残業が多くなりがちですので、覚悟しておきましょう。

【実は楽すぎ!?】市民税関連は激務じゃないの?

ちなみに、「市民税関連が激務」という人もいます。

個人的には、激務部署ではなく、「当たり」の部署かなと。

市民税関連は、確定申告の時期とその後1~2か月は膨大な事務量になりますが、それ以外の時期はほとんどやることはなくなるでしょう。

確定申告関連は、市役所としても重要な業務。

そのため、繁忙期に備えてそれなりの人数をそろえている自治体が多いので、閑散期は「楽すぎ」とまでは言いませんが・・・って感じですね。

ラピ
ラピ

自治体によっても、人数配分は異なるので、市役所ごとで激務度は異なるでしょう。

閑散期の業務調整(担当変更など)を行っているところはあるかもしれませんが、そうでないところは多いかと思います。

【暇!?】楽な部署もあり!

それから、どの自治体でもたいてい「天国(楽)」といわれる部署もあります。

  • 支所・出張所
  • 図書館
  • 美術館

などといった本庁から出た「外部機関の部署」になれば、仕事は基本的に楽。

ほとんどやることなく、楽すぎな部署もあるようです。

仕事もほどほどで暇な日もあり、ほぼ定時帰りの生活が送れるのではないかなと思います。

スポンサーリンク

【市役所】激務部署に配属された場合の乗り越え方は?

市役所に勤めていれば、人事異動の周期は3年に1回ほど。

あなたも激務部署になる可能性はあります。

市役所の仕事を続けたいなら、どれだけ激務でも乗り越えるしかありません。

激務部署になったときの心構えは、あらかじめしておくと良いでしょう。

  • 人事異動があるので、激務部署も「ずっとは続かない」と考える。
  • なるべくプレッシャーを感じないようにして、「淡々」と業務をこなしていくようにする。
  • ストレス解消法を持っておく。
  • ほんとうに辛いときは、上司や人事に相談すれば何かしら解決策はある。

正直なところ、激務部署で病んでしまう人も少なくないですので、限界になる前に上司や人事に相談するのはありです。

激務が原因でうつ病になってもいけませんし、体を第一に考えてがんばっていきましょう。

▼激務でお悩みの市役所職員向け記事!

まとめ

市役所の激務部署について解説しました。

激務ランキングなどの情報はありますが、市の方針や重点施策によって激務具合はさまざま。

ただ、その中でも激務になりやすい部署はあります。

「激務部署はなるべく避けたい」という方は多いと思いますが、市役所職員に人事異動は避けられません。

激務部署に当たる可能性は誰にでもありますので、心の準備はしておいた方がよいでしょう。

▼市役所の仕事の辛いことを徹底解説!

▼【簡単!】公務員試験の全体像を知る方法!

公務員試験を目指すなら、まずは試験の全体像を把握することから!
予備校クレアールの資料請求(無料)では、講座の宣伝だけでなく、試験情報・対策方法などの情報が満載です。
公務員試験の全体像がすぐに分かるので、スタートでライバルたちに差をつけられます!

▼クレアール資料請求で試験情報をチェックする!

ラピ
ラピ

予備校の資料請求って、「その後の勧誘がひどいんじゃない?」といった心配もありますが、クレアールはそういったことはなかったですね。
安心して、お得な資料をゲットしておくと良いかと思います。

※クレアールは、資料請求で受講料に使えるクーポンももらえることがあるので、もらっておいて損はないでしょう!