スマイルゼミと進研ゼミは中学生にはどっちがおすすめ?【2020年版比較】

通信教育
スポンサーリンク
●スマイルゼミと進研ゼミで迷っているけど、どっちが良いのかな?

●通信教育ってどうやって選ぶと良いの?

通信教育っていくつもあって選ぶのは難しいですよね。

そんな悩みを持っている方へ、解説していきます。

スマイルゼミと進研ゼミはどっちがおすすめか

結論を言います。

スマイルゼミも、進研ゼミもおすすめです。
どちらも実績(各社HP参照)がありますし、子供が楽しく継続して取り組めて、実力がついていくようにとても研究されています。

とは言っても、どっちが良いか迷っている人に分かりやすく比較していきます。

スマイルゼミと進研ゼミの比較

まずは両社の概要を比較してみましょう。
※価格は税込に統一。
※会費は、12か月一括払いの場合。

      スマイルゼミ(標準クラス)
※特進コースは料金UP
進研ゼミ
(レベル別コース共通)
入会金0円0円
タブレット代10,978円無料(タブレットはハイブリットスタイルのみ)
会費(中一)6,578円/月5,980円/月
会費(中二)6,578円/月6,110円/月
会費(中三)7,678円/月6,890円/月
オプション英語プレミアム(3,278円/月)・オンラインスピーキング(2,580円/月)
※英語検定対策「Challenge English」は追加受講費不要。
・合格への過去問セレクト5(5教科10冊+特典ブック11,836円)
※中三向け
学習方式タブレットのみハイブリットスタイル:タブレット+紙の教材
オリジナルスタイル:紙の教材中心
対応教科5教科+実技4教科定期テスト対策5教科+実技4教科定期テスト対策
特徴・タブレットを使うため、動画映像などでも学習できる。
・1講座15分で取り組める。
・予習、復習の授業対策から、定期テスト対策までOK。
・受験対策講座も充実。
・テスト14日前から個別に対策が設計される。
・保護者向けサポートもある。
・定期的にオンライン授業がある。
・1回15分で取り組める。
・予習、復習の授業対策から、定期テスト対策までOK。
・受験対策講座も充実。
・赤ペン先生の添削指導がある。
・ギモン解消ひろばでわからないところは個別に解決できる。
・保護者向けサポートもある。

両社のタブレットについては、短期での解約の場合、別途費用が必要になるなど、それぞれで規定があるため、気になる方はHPで確認すると良いです。
以下に公式HPを載せておきますが、HP内より資料請求(無料)もできます。

~公式HP~
>>◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
>>【進研ゼミ中学講座】

ちなみにですが、タブレットを使用する場合は通信環境が必要ですので、詳細はHPご確認ください。インターネットが使える家ならば、基本は大丈夫かと思います。

スマイルゼミの特徴について

スマイルゼミの特徴は、タブレット完結型であることだと思います。直接書き込んでいけますし、動画やアニメーションなども多彩で、楽しく学習に取り組んでいけます。

タブレットなので、学習データも蓄積され、定期テスト対策に反映されますし、毎月の内容が理解できているか診断され、間違えたところのさかのぼり講座や類題を出題し定着していきます。

難関校合格を目指す「特進クラス」について

難関校合格を目指す中学生のために特進クラスがあります。
特別カリキュラムを組んでおり、授業内容は先取りして基礎固めしてしまい、受験対策をがっつり取り組んでいく内容になっています。

標準クラスとの比較は以下のとおりです。
※価格は税込に統一。
※会費は、12か月一括払いの場合。

特進クラス標準クラス
会費(中一)11,880円/月6,578円/月
会費(中二)11,880円/月6,578円/月
会費(中三)14,080円/月7,678円/月
1か月の配信講座約45講座約30講座
講座内訳基本:45%
応用:35%
難問:20%
基本:65%
応用:35%
学習時間1講座約25分1講座約15分
学習進度教科書準拠+
オリジナルカリキュラム
教科書準拠

中一から公立高校の過去問に挑戦していき、中三からは難易度の高い応用的な問題に取り組んでいきます。模擬テストも、中一の夏から定期的に実施し、弱点を洗い出して専用の補強講座を配信してくれます。

通信教育の中で比べると少し高い気もしますが、充実した内容ですし、塾に通うことに比べたら、かなり安い思います。

英語プレミアムについて

英検対策におすすめなのが、英語プレミアムです。

月額3,278円(税込)の有料オプションですが、一人ひとりのレベルに合わせ、4技能(聞く・話す・読む・書く)を基本レベルから英検レベルまでステップアップ方式で習得していきます。

本番直前対策としても、弱点補強の対策講座と、頻出問題の徹底トレーニングで得点アップのコツを身につけられます。

有料ですが、これから英語学習は重要になってきますので、こういったサポートプランがあると安心ですね。

保護者へのサポートについて

保護者サポートとして、「みまもるネット」というWebサイトがあります。スマホから子供の学習状況を確認したり、アプリを使ったコミュニケーションや、勉強・受験に関する情報などを幅広く提供してくれます。

また、家族専用タイムライン「みまもるトーク」により、家族で学習成果やメッセージの共有ができます。

資料請求により特典がある

ざっと紹介しましたが、まだまだスマイルゼミのメリットはたくさんありますので、HPや資料請求をして、もっと詳しく調べると良いです。

資料請求無料で、請求すると特典として以下のものがも会えます。

●最新入試情報・・・最新都道府県別の情報がもらえます。

●都道府県別厳選入試問題(数学編)・・・中一や中二で解ける過去問を厳選してもらえます。試しにやってみましょう。

●冊子「志望校合格ナビ」・・・スマイルゼミで合格した子の勉強法が紹介されており、成果が上がる勉強法のヒミツが分かります。

無料でこれらの内容がついてくるので、資料請求するだけでもお得かなと思います。
資料請求はこちらからできます>>◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

進研ゼミの特徴について

僕自身が、進研ゼミ中学講座は中学時代にやっていましたし、個人的には通信教育の中でおすすめです。
進研ゼミについて、詳しく解説した記事がありますので、以下を参考にしてください。

英語検定対策「Challenge English」について

進研ゼミ中学講座の英語対策としては、日常的な授業対策、定期テスト対策とあわせて英語検定対策『Challenge English』があります。

Challenge Englishの特徴~

☞進研ゼミ中学講座の受講費は、5教科月額5,980円~(税込)だが、Challenge Englishもその費用内に含まれる。

☞パソコン等のインターネットを利用したアプリによる学習となる。

☞目指したいレベルに合わせてカリキュラムが組める。

☞4技能(聞く、話す、読む、書く)がバランスよく学べ、対話型実戦レッスン(発音)ができる。

☞英検などの検定対策も充実。

☞さらに、英語を学びたい人には有料オプションだが、外国人講師とのオンライン英会話レッスンを受けられる。

これから英語学習は重要になってきますので、重点的に学習できるものがあるのは心強いです。

保護者向けのサポートについて

保護者向けのサービスも充実しており、以下に例を挙げます。

●最新の入試情報や、受験準備に役立つ情報誌がある。
●電話での保護者向け個別相談サービスがある。
●ネットで専用ページから、子供の学習状況や受験情報がネットで確認できる。

子供にいちいち勉強したか聞くのは嫌だと思いますが、学習状況をネットで確認できるのはありがたいですね。

資料請求して体験教材をもらおう

ざっと紹介しましたが、まだまだ進研ゼミのメリットはたくさんありますので、HPや資料請求をして、もっと詳しく調べると良いです。

資料請求無料で、請求すると以下のものがもらえます。

●体験教材

●公式パンフレット

体験教材により、取り組みやすさが実感できるため、無料の資料請求は絶対するべきです。お子さんもやる気になると思います。

資料請求は公式HPからできますので、以下に載せておきます。
公式HP>>【進研ゼミ中学講座】

資料請求の方法はとても簡単ですが、もし分からなければ、以下に参考記事ありますので、よろしければどうぞ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

通信教育はそれぞれ特徴があるので、選ぶのはとても迷うでしょうが、まずは資料請求してみることをおすすめします。

僕は、中学時代に実際にやっていたこともあり、進研ゼミ中学講座間違いなくおすすめできますが、各社、中学生がポイントを絞って分かりやすく、楽しく取り組めるように工夫してあります。
あとは、個々のタイプに合わせて選び、何よりもやる気になって取り組めるものが一番だと思います。

ぜひ、自分に合う通信教育を見つけ、志望校合格に向けてコツコツと取り組んでいきましょう。

通信教育
スポンサーリンク
ラピをフォローする
<<受験倍率50倍を勝ち抜いた>>ラピの受験対策室 | 公務員&高校受験対策ブログ