【徹底比較】スマイルゼミと進研ゼミで中学生におすすめなのはどっち?

通信教育

中学生の子供がいるけど、スマイルゼミと進研ゼミはどっちがおすすめかしら?

通信教育ってどうやって選ぶといいの?

そんな疑問にお答えします。

本記事は、中学生のお子さんがいる保護者の方向けに、スマイルゼミと進研ゼミを徹底比較しています。

~この記事は次のような方におすすめ~

  • 中学生の勉強に、スマイルゼミと進研ゼミのどっちがおすすめか知りたい!
  • 通信教育の選び方が知りたい!

中学生になると授業のレベルは上がりますし高校受験も視野に入ってくるため、学習法をしっかり確立して、コツコツ勉強に取り組んでいかなければなりません。

日々の学習や定期テスト、受験対策に向けて、塾に通う人も多くなりますが、通信教育という方法も有効な手段です。

よい通信教育を選んで上手に活用していけば、塾に行かなくても成績アップは可能ですし、高校受験も十分戦えます。

本記事では、通信教育の有名どころで実績のある2社「スマイルゼミ」と「進研ゼミ」を徹底比較し、中学生の勉強にどちらがおすすめかを解説していきます。

僕自身の中学時代は、ほぼ通信教育のみで学習に取り組み、第一志望校であった普通科進学校合格を勝ち取りました。通信教育をフル活用し、実際に成績を伸ばした経験があるため、通信教育についてはかなり詳しく解説できるかと思います。

本記事を参考にいただくことで、スマイルゼミと進研ゼミの比較ポイントがよく分かり、選ぶときの判断材料になるかと思いますので、ぜひ最後までお読みいただくとよいかと思います。

(※本記事は、2020年12月21日現在の最新情報をもとに更新。)

(※2021年2月8日現在の最新情報で、2021年3月からのコースリニューアルを反映した情報に更新しています。)

(※本記事は、2021年4月10日現在の最新情報で更新しています。)

スマイルゼミと進研ゼミで中学生におすすめなのはどっち?

まず結論から言います。

中学生の勉強には、スマイルゼミも進研ゼミもおすすめです。

どちらも実績(各社HP参照≫◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育 、≫【進研ゼミ中学講座】 )がありますし、子供が楽しく継続して取り組めて、実力がついていくようにとても研究されています。

とは言ってもどちらかを選ぶ場合、比較するポイントは次の点となります。

  • 費用
  • 学習スタイル・学習内容
  • サポート

これらのポイントで比較していき、お子さんに合うものを選ぶとよいでしょう。

では、スマイルゼミと進研ゼミを比較していきます。

スマイルゼミと進研ゼミを比較します!

選び方のポイントは紹介しましたが、ここからはスマイルゼミと進研ゼミについて具体的に比較していきます。

まずは両社通信教育を大まかに比較していきましょう!
※価格は税込に統一。
※会費は、12か月一括払いの場合。

スマイルゼミ(標準クラス)
※特進コースは料金UP
進研ゼミ
(レベル別コース共通)
入会金0円0円
タブレット代10,978円無料
(ハイブリッドスタイル)
会費
(中1)
7,480円/月5,980円/月~
会費
(中2)
8,580円/月6,110円/月
会費
(中3)
9,680円/月6,890円/月
5教科対応
授業対策
※添削指導あり。
テスト
対策
受験対策
学習時間1講座15分1回15分
学習方式タブレットのみ
(動画映像学習あり)
・ハイブリッドスタイル
タブレット+紙の教材
・オリジナルスタイル
紙の教材中心
英語対策
(コース内)
英語検定対策あり
(英語4技能対応)
※追加受講費不要。
実技4教科定期テスト対策のみ定期テスト対策のみ
学習計画専用カリキュラムを自動生成
(テスト前)
専用プランを自動生成
(ハイブリッドのみ)
オプション英語プレミアム
(3,278円/月)
・オンラインスピーキング
(2,580円/月)
・合格への過去問セレクト5
※中三向け問題集(有料)
その他オンライン授業があり
(テスト前、長期休み等)
サポート
(子供)
・5教科の質問可能
・学習法の相談可能
サポート
(保護者)
・子供の学習状況確認可
・勉強や受験情報の提供
・子供の学習状況確認可
・学習法、進路相談可

ずらっと並べてみると、それぞれに特徴があることが分かります。

では、比較ポイントについてもう少し詳しく解説していきます。

費用

まず気になるのが、費用面です。
(※12か月一括払いの10%税込価格。)

スマイルゼミ(標準クラス)
※特進コースは料金UP
進研ゼミ
(全コース共通)
入会金0円0円
タブレット代10,978円無料
(ハイブリッドスタイル)
会費
(中1)
7,480円/月ハイブ:6,570円/月
オリジ:5,980円/月
会費
(中2)
8,580円/月6,110円/月
会費
(中3)
9,680円/月6,890円/月

どちらも入会金はないですが、注意しなければならないのがタブレット代です。

タブレット学習に特化しているスマイルゼミには、受講開始時にタブレット代がかかります。

進研ゼミはタブレット代は無料となっていますが、各社とも短期での解約等の場合、別途費用が必要になることがあります。

別途かかるタブレット代は受講期間により変わります。
(※キャンペーンなどで変更となる場合もあります。)

受講期間スマイルゼミ進研ゼミ
6か月未満32,802円(10%税込)
※退会の場合
9,900円(10%税込)
※退会、スタイル変更時
6か月以上
12か月未満
7,678円(10%税込)
※退会の場合

スマイルゼミは進研ゼミに比べて、高めに設定していますね。

ちなみにですが、タブレットを使用する場合は通信環境が必要です。

インターネットが使える家ならば、基本的に大丈夫かと思います。

※詳細は以下HPで確認できます。

毎月の受講料に関しては、進研ゼミの方が若干安価です。

毎月のことなので、影響としてはまあまあ大きいでしょうか。

学習スタイル・学習内容

中学生のお子さんが成績を伸ばすのに、学習スタイルや学習内容は、とても重要です。

スマイルゼミ進研ゼミ
5教科対応
授業対策
※添削指導あり。
テスト
対策
受験対策
学習時間1講座15分1回15分
学習方式タブレットのみ
(動画映像学習あり)
・ハイブリッドスタイル
タブレット+紙の教材
・オリジナルスタイル
紙の教材中心
英語対策
(コース内)
英語検定対策あり
(英語4技能対応)
※追加受講費不要。
実技4教科定期テスト対策のみ定期テスト対策のみ
学習計画専用カリキュラムを自動生成
(テスト前)
専用プランを自動生成
(ハイブリッドのみ)
オプション英語プレミアム
(3,278円/月)
・オンラインスピーキング
(2,580円/月)
・合格への過去問セレクト5
※中三向け問題集(有料)
その他オンライン授業があり
(テスト前、長期休み等)

タブレットに特化しているスマイルゼミは、勉強へのとっつきやすさや分かりやすさという面では、メリットがあるかと思います。

一方、進研ゼミはタブレット学習中心のハイブリッドスタイルというものがありますが、紙テキストも併用します。紙のテキストを使うことで、テストさながらのトレーニングが可能となりますし、内容としても質の高い学習ができます。

学習内容としては、両社5教科対応しており、実技4教科は定期テスト対策のみ対応となっています。

内容はどちらも質が高く好評ですが、進研ゼミは追加受講費なしで4技能対応の英語検定対策があります。進研ゼミには、テスト前や長期休み等にオンライン授業をやることもあるので、学習の理解を深めるのに最適です。

両社のポイントをまとめると次のとおりとなります。

  • スマイルゼミ
    • タブレット学習に特化!
      ⇒とっつきやすい!分かりやすい!
    • 5教科対応!
    • 実技4教科は定期テスト対策あり!
  • 進研ゼミ
    • 「タブレット&紙テキスト」のスタイルと、「紙テキスト」のスタイルがある!
      ⇒紙テキストにより、テストさながらトレーニングも可能!
    • 5教科対応!
    • 実技4教科は定期テスト対策あり!
    • 追加受講費なしで4技能対応の英語検定対策がある!
    • オンライン授業がテスト前や長期休み等にある!

サポート

両社のサポートについては、次のとおりとなります。

スマイルゼミ進研ゼミ
サポート
(子供)
・5教科の質問可能
・学習法の相談可能
サポート
(保護者)
・子供の学習状況確認可
・勉強や受験情報の提供
・子供の学習状況確認可
・学習法、進路相談可

通信教育にもサポート体制があると、ありがたいですね!

進研ゼミは、お子さんへのサポートとして、5教科の質問や学習法の相談が可能となっています。

保護者サポートとしては、両社とも「子供の学習状況」は簡単に確認できるようになっているのと、スマイルゼミは勉強や受験情報の提供、進研ゼミは学習法・進路相談が可能となっています。

サポートは進研ゼミの方が厚い感じはありますね。

スマイルゼミの特徴について!

では、各通信教育の細かい特徴を見ていきます。

繰り返しになりますが、スマイルゼミの特徴はタブレット完結型であることです。

直接書き込んでいけますし、動画やアニメーションなども多彩で、楽しく学習に取り組んでいけます。

タブレットなので学習データが蓄積され、定期テスト対策にも反映されます。

また、毎月の内容が理解できているか診断され、間違えたところはさかのぼり講座があったり、類題を出題して定着できるようにしていきます。

~キャンペーン実施中~

(※2021年2月25日現在の情報です!内容は変更の可能性があるため、HPや資料請求で最新情報を確認することをおすすめします。)

スマイルゼミ中学コースは、タブレット学習の無料体験(全額保証)受付中です!

もし、利用してみて納得できない場合、スマイルゼミが表示される全額保証期間内(約2週間)に解約すれば、会費・タブレット代などは発生しません。

体験は、

  • 9教科(主要5教科+実技4教科)
  • 3年分のドリル橋座

すべてお試しできます!

やってみてお子さんに合わないということはよくありますので、この機会に利用してみましょう!

スマイルゼミに興味をお持ちの方は、まずは無料の資料請求するとよいかと思います。

損せず入会するためにも、キャンペーン最新情報の確認などを含め、資料請求しておくことがオススメです!

▼詳細の確認&無料資料請求はこちらから!

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

難関校合格を目指す「特進クラス」について

難関校合格を目指す中学生のために特進クラスがあります。

特別カリキュラムを組んでおり、授業内容は先取りして基礎固めしてしまい、受験対策をがっつり取り組んでいく内容になっています。

標準クラスとの比較は以下のとおりです。
※価格は税込に統一。
※会費は、12か月一括払いの場合。

特進クラス標準クラス
会費(中1)14,080円/月7,480円/月
会費(中2)15,180円/月8,580円/月
会費(中3)16,280円/月9,680円/月
1か月の配信講座約45講座約30講座
講座内訳基本:45%
応用:35%
難問:20%
基本:65%
応用:35%
学習時間1講座約25分1講座約15分
学習進度教科書準拠+
オリジナルカリキュラム
教科書準拠

中1から公立高校の過去問に挑戦していき、中3からは難易度の高い応用的な問題に取り組んでいきます。

模擬テストも、中1の夏から定期的に実施し、弱点を洗い出して専用の補強講座を配信してくれます。

通信教育の中で比べると少し高い気もしますが、充実した内容ですし、塾に通うことに比べたら、かなり安い思います。

英語プレミアムについて

英検対策におすすめなのが、英語プレミアムです。

月額3,278円(10%税込)の有料オプションですが、一人ひとりのレベルに合わせ、4技能(聞く・話す・読む・書く)を基本レベルから英検レベルまでステップアップ方式で習得していきます。

本番直前対策としても、弱点補強の対策講座と、頻出問題の徹底トレーニングで得点アップのコツを身につけられます。

有料ですが、これから英語学習は重要になってきますので、こういったサポートプランがあると安心ですね。

保護者へのサポートについて

保護者サポートとして、「みまもるネット」というWebサイトがあります。スマホから子供の学習状況を確認したり、アプリを使ったコミュニケーションや、勉強・受験に関する情報などを幅広く提供してくれます。

また、家族専用タイムライン「みまもるトーク」により、家族で学習成果やメッセージの共有ができます。

資料請求により特典がある

ざっと紹介しましたが、まだまだスマイルゼミのメリットはたくさんありますので、HPや資料請求をして、もっと詳しく調べると良いです。

資料請求は無料で、請求すると特典として以下のものがも会えます。

  • 最新入試情報
    ⇒最新都道府県別の情報がもらえます。
  • 都道府県別厳選入試問題(数学編)
    ⇒中1や中2で解ける過去問を厳選してもらえます。試しにやってみましょう。
  • 冊子「志望校合格ナビ」
    ⇒スマイルゼミで合格した子の勉強法が紹介されており、成果が上がる勉強法のヒミツが分かります。

無料でこれらの内容がついてくるので、資料請求するだけでもお得かなと思います。
※資料請求はこちらから≫◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

スマイルゼミに興味をお持ちの方は、下の記事でも詳しく解説していますので、あわせてお読みいただくとよいかと思います。

進研ゼミの特徴について!

進研ゼミ中学講座は、僕自身が中学時代に活用していたもので、個人的にはおすすめの通信教育です。

進研ゼミの特徴は、以下のとおりです。

~進研ゼミを使った勉強法を実体験で紹介~

コースの難易度が選択できる!

お子さんの学習レベルに合わせてコースが選べます。

~中1~

  • スタンダード
    • 基礎を確実に固めるコース(基本7割、応用2割、難問1割)
    • 定期テストで80点以上をねらい、入試に向けての基礎力を完成させたい方向け。
    • 教科書レベルの内容を確実に理解・定着させる。
  • ハイレベル
    • 難関高校合格をめざすコース(基本3割、応用5割、難問2割)
    • 定期テストで90点以上をねらい公立難関校合格レベルの応用力を身につけたい方向け。
    • 高校入試を見据えた応用レベルの問題まで解ける実力を養成する。

~中2・中3~

  • 受験総合
    • 基礎を確実に固めるコース(基本8割、応用2割)
    • 標準的な公立高校・私立高校をめざしたい方向け。
    • 入試によく出る重要ポイントをおさえて基礎力をつけていく。
  • 難関挑戦
    • 難関高校合格をめざすコース(基本5割、応用3割、難問2割)
    • 公立の難関高校または同レベルの私立高校をめざす方向け。
    • 応用問題の攻略のコツをおさえて得点力を身につける。
  • 最難関挑戦
    • 最難関校合格をめざすコース(基本3割、応用4割、難問3割)
    • 最難関高校をめざしたい方向け。
    • 正答率の低い難問も解答できる高い学力を身につける。

自分のレベルよりも高い教材を使っていても、身についていきませんし、勉強をコツコツ続けていくことはできません。

逆に、自分のレベルよりも低い教材では、効率的な学習にはなりません。

お子さんのレベルに合ったコースを選ぶことができれば、より効果的な学習ができますね。

英語検定対策「Challenge English」について

進研ゼミ中学講座の英語対策としては、日常的な授業対策、定期テスト対策とあわせて英語検定対策『Challenge English』があります。

~Challenge Englishの特徴~

  • Challenge Englishは追加受講費不要。
  • パソコン等のインターネットを利用したアプリによる学習となる。
  • 目指したいレベルに合わせてカリキュラムが組める。
  • 4技能(聞く、話す、読む、書く)がバランスよく学べ、対話型実戦レッスン(発音)ができる。
  • 英検などの検定対策も充実。
  • さらに、英語を学びたい人には有料オプションだが、外国人講師とのオンライン英会話レッスンを受けられる。

これから英語学習は重要になってきますので、重点的に学習できるものがあるのは心強いです。

保護者向けのサポートについて

保護者向けのサービスも充実しており、以下に例を挙げます。

  • 最新の入試情報や、受験準備に役立つ情報誌がある。
  • 電話での保護者向け個別相談サービスがある。
  • ネットで専用ページから、子供の学習状況や受験情報がネットで確認できる。

子供にいちいち勉強したか聞くのは嫌だと思いますが、学習状況をネットで確認できるのはありがたいですね。

資料請求して体験教材をもらおう

ざっと紹介しましたが、まだまだ進研ゼミのメリットはたくさんありますので、HPや資料請求で、もっと詳しく調べると良いです。

資料請求は無料で、請求すると以下のものがもらえます。

  • 体験教材
  • 公式パンフレット

体験教材により、実際にどんな教材が来るのかイメージできるため、無料の資料請求はぜひされることをおすすめします。

ここで注意点がありますが、資料が来たら、ぜひお子さんと一緒に見てください!

通信教育の会社が出す資料ってとても見やすくて、僕も中学時代は資料や広告を見ながら、「おもしろそうだな~」「やってみたいな~」って思いましたし、資料を見てて子供のやる気が出ることもあります。
※資料請求はこちらから≫【進研ゼミ中学講座】

資料請求の方法はとても簡単ですが、もし分からない方は以下に参考記事あります。ぜひご参考にください。

進研ゼミに興味をお持ちの方は、下の記事でも詳しく解説していますので、あわせてお読みいただくとよいかと思います。

~進研ゼミのキャンペーン情報~

現在、特段のキャンペーンはありませんが、今入会すると、

  • 4・5月範囲学習し放題
  • 暗記対策&予想問題

といった定期テスト対策への教材が盛りだくさんとなっています。

進研ゼミに興味をお持ちの方は、1学期の定期テストで好スタートを切るためにも、早めに受講して学習のペースを早くつかんでいくとよいかと思います。

▼進研ゼミ中学講座の入会or資料請求はこちらから!

 

まとめ

中学生の勉強に、スマイルゼミと進研ゼミのどちらがおすすめか紹介しました。

どちらもおすすめの通信教育ですが、おすすめしたいお子さんのタイプは次の感じかなと思います。

~スマイルゼミ~

タブレット学習特化のため、とっかかりやすく、分かりやすい!
⇒これから勉強習慣をつけていきたいお子さんにおすすめ!

~進研ゼミ~

質の高い学習でどんどん成績を伸ばして行きたいお子さん向け!

進研ゼミは、僕が中学時代にフル活用し成績アップ&志望校合格ができましたので、間違いなくおすすめできる通信教育ですが、各社それぞれに特徴があるので、選ぶのはとても迷うかと思います。

まずは資料請求して、実際に手に取り、内容をよく確認してみることをおすすめします。

その上で、お子さんにベストなものを選んでいくようにしましょう!

本記事が、お子さんにぴったりの通信教育を見つけるきっかけとなれば幸いです。

~進研ゼミを使った勉強法を実体験で紹介~