中学生向け通信教育でおすすめは4社!【2020年版】

通信教育
スポンサーリンク

中学生向けの通信教育でおすすめなものはあるの?

ラピ
ラピ

中学生の通信教育でおすすめはありますよ!
紹介していきますね!それぞれ特徴があるので、子供の学習スタイルに合わせて選ぶと良いです。

中学生向けの通信教育には、たくさんの種類があり、各社それぞれで授業やテスト対策について徹底的に研究しており、その学習法には特徴を持っています。そのため、通信教育の特徴を理解し、お子さんの勉強スタイルに合わせたものにすると良いです。

本記事では、僕自身が中学生のときに通信教育を利用してきた経験をもとに、中学生の通信教育でおすすめする4社を紹介していきます。僕が通信教育を利用して、5教科のテストの点数を100点近く上げた実績もありますので、この記事で紹介する通信教育のおすすめ情報については信頼していただいて良いと思います。

※いちおうですが、僕の勉強に関わる経歴を紹介しておきます。

高校受験
受験校⇒第一志望の普通科進学校合格
勉強スタイル⇒家や図書館で勉強。通信教育(進研ゼミ)中心。


大学受験
受験校⇒第一志望の地方国立大学合格
勉強スタイル⇒高3の夏休みから図書館で勉強。独自で問題集買って独学。


社会人
受験⇒第一種衛生管理者(国家資格)一発合格
勉強スタイル⇒独自で参考書買って独学。


公務員試験
受験先⇒市役所
勉強スタイル⇒独自で参考書買って独学。


その他
●中学生の塾講師、家庭教師の経験あり。
●苦手科目を50点⇒80点に上げるなど、成績UPの秘訣を学んだ。

中学生向け通信教育でおすすめは4社!

結論から言います。中学生向けの通信教育でおすすめするのは次の4つです。

●進研ゼミ
タブレットまたはテキストでの勉強スタイルです。個人的には、気軽にできて勉強しやいと思います。難関校受験にも対応可。
●スマイルゼミ
タブレットでの勉強です。直接書き込んで学習でき、タブレットならではの動画やアニメーションで楽しく勉強できます。
●Z会
iPadまたはテキストでの勉強で、Z会は個人的に少しハイレベルな印象はあります。逆に言うと難関校行くならおすすめです。
●スタディサプリ
スマホやPCを使って、授業動画で勉強します。とても安いプランがあります。
タブレットのイラスト

各社、おおまかに特徴を挙げましたが、選ぶ際には、勉強に使う教材や難易度、料金などといった点で比較できます。

通信教育の最大のメリットは、良質な教材を使って、家で学習できるということです。家でできるということは、塾のように通塾などがなく、時間的な効率が最も良いため、忙しい中学生にも最適です。そんなメリットを活かせるよう、ベストな通信教育を選びたいですよね!

中学生向け通信教育のおすすめ4社を徹底比較します!

本が積んである様子のアイキャッチ画像

では、中学生向け通信教育のおすすめ4社について、それぞれの特徴を紹介します。
※2020年4月現在の情報です。

1回15分の短時間集中で勉強できる『進研ゼミ』

僕自身が、中学生時代にやっていたのが、進研ゼミ。

ひいき目に言うかもしれませんが、僕は進研ゼミを楽しく取り組むことができていましたし、公式サイトでも書いてありますが、1回15分という短時間で学習できます。ポイントをつかんだ学習内容になるため、短時間集中で効率的に勉強できるのです。

受験対策の教材などでは特別教材も盛りだくさんで、やりごたえがあります。

進研ゼミの特徴を以下にまとめます。

~進研ゼミの特徴~
<入会金>
0円
<月額(税込)>
5,980円~
※学年や支払い方法によって変わります。
<学習スタイル>
●「紙」または「タブレット&紙」で選べる。
●レベル別の教材が選べる。
<学習時間>
1回15分
<特徴>
●授業対策、定期テスト対策、受験対策ができる。
●毎月、赤ペン先生の添削問題で学習の習熟度が試せる。
●分からないことを質問できたり、学習方法や進路についてのサポート(保護者も)がある。
<保護者サポート>
●学習状況を、親も管理画面からチェックすることができる。

といったように、費用、日々の勉強、高校受験の対策、学習サポートの面でとてもそろった通信教育だと思います。

資料請求は無料なので、気軽に請求してみてみると良いと思います。ぜひお子さんにも見せてあげると、おもしろそうだなとやる気になるかもしれません。
>>【進研ゼミ中学講座】

タブレット学習で学習の効率化した『スマイルゼミ』

通信教育業界で勢いを上げてきているのが、スマイルゼミです。タブレット型の学習により、演習問題の採点の速さや、無駄な紙がたまらない、何度でも解きなおせるといった利便性に定評があります。

では、スマイルゼミの特徴を以下にまとめます。

~スマイルゼミの特徴~
<入会金>
0円
<月額(税込)>
6,578円~
※学年や支払い方法によって変わります。
<学習スタイル>
●タブレット学習。
●レベル別の教材が選べる。
<学習時間>
1回15分
<特徴>
●授業対策、定期テスト対策、受験対策ができる。
●毎月の内容が理解できているか診断してくれ、間違いがあった箇所はさかのぼり講座などで定着できる。
<保護者サポート>
●学習状況を、親も管理画面「みまもるネット」からチェックすることができる。

費用は若干進研ゼミより高いものの、日々の授業対策、定期テスト対策、高校受験対策はしっかりできますし、文句のない通信教育だと思います。

資料請求は無料なので、気軽に請求してみてみると良いと思います。ぜひお子さんにも見せてあげてください。
>>◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

難関校受験に強い『Z会』

Z会は、志望校合格を目標に段階的にレベルアップできるように教材設計がされています。

予習、問題演習、復習(添削問題)を行う中で着実に力をつけ、定期テスト対策や受験対策へステップアップしていけます。

~Z会の特徴~
<入会金>
0円
<月額(税込)>※5講座(5教科)セットの場合
9,970円~
※学年、学習スタイル、支払い方法によって変わります。
<学習スタイル>
●iPadスタイルかテキストスタイルを選択。
●講座、クラス(難易度)が選択できるため、お子さんに合わせて必要なものを学習できる。
<学習時間>
●1回30分
<特徴>
●授業対策、定期テスト対策、受験対策ができる。
●添削問題で学習したことの復習ができる。
●分からないところは、アプリなどで質問できる。
<保護者サポート>
●学習状況を、親も保護者アプリからチェックすることができる。

といったような内容で、他の通信教育に比べて費用がやや高くなりますが、受験合格実績はしっかりとあります。

資料請求は無料ですし、教材の見本がもらえるため、一度みてみると良いです。
>>【中学生のためのZ会の通信教育】

授業動画で分かりやすく勉強に取り組める『スタディサプリ』

最近、話題を集めているスタディサプリ。

会員は、授業動画が見放題で、動画は中学生にもわかりやすいと人気です。

~スタディサプリの特徴~
<入会金>
0円
<月額>
ベーシックコース:1,815円~
個別指導コース:10,780円
※支払い方法で変わります。時期によりキャンペーンでキャッシュバック等あり。
<学習スタイル>
●パソコンなどで授業動画を見ながらの学習。
●テキストはダウンロードするか購入(無料クーポンもいくつかあり)。
<学習時間>
1回15分
<特徴>
●授業対策、定期テスト対策、受験対策ができる。
●個別指導コースの場合、英数の理解度チェックテストの採点、指導などがついている。また、担当コーチ指導や高校受験対策指導がある。
<保護者サポート>
●学習状況を、親も「まなレポ」の管理画面でチェックできる。
 

日々の学習の補完として学習するだけであったり、自分でどんどん学習を進められるお子さんなら、ベーシックコースが安価でおすすめです。

理解度により差が出やすい英数をしっかり学習させたい、計画的に指導してもらいたいといった場合だと、個別指導コースがおすすめです。

詳細は、公式ホームページで確認できますので、詳しくは見てみるとよいです。
>>スタサプ

14日間無料体験もあるので、『物は試し』で、まずはやってみるのが良いと思います。

まとめ

おすすめの通信教育4社を紹介しましたが、それぞれ特徴があって迷うことと思います。各社、無料資料請求や無料体験ができるものもありますので、ぜひ利用してみて下さい。

●進研ゼミの資料請求はこちらから>>【進研ゼミ中学講座】

●スマイルゼミの資料請求はこちらから>>◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

●Z会の資料請求はこちらから>>【中学生のためのZ会の通信教育】

●スタディサプリの無料体験はこちら>>スタサプ

これら資料請求や体験は無料ですので、一度、試しみてはいかがでしょうか?

お子さんが自分に合った通信教育を選んで、中学の勉強を充実させましょう!

通信教育
スポンサーリンク
ラピをフォローする
<<受験倍率50倍を勝ち抜いた>>ラピの受験対策室 | 公務員&高校受験対策ブログ