【お得な無料ハンドブック】公務員へ転職したいならまずはコレ!

WordPress用レンタルサーバーのおすすめ【シンプルに3つ!】

ブログ運営
スポンサーリンク

~2023年初売りセール開催中~

2023年、あけましておめでとうございます!

Amazonでは、~1/7(土)初売りセール開催中

生活用品や趣味用品などがお得に買えるチャンス!
この機会に、ショッピングを楽しみましょう!

アイテム
(※タップで
Amazonへ)
商品名参考価格セール価格
【キャンプ】
ソロキャン
4点セット
36,759円29,246円
(7,513円OFF)
【バイクカバー】
ノートパソコン
15.6インチ
101,817円71,273円
(30,544円OFF)
【Fireタブレット】
Fire HD 10
タブレット
(Amazon)
22,540円20,140円
(2,400円OFF)
【ヒーター】
グラファイト
ヒーター
(山善)
10,727円8,280円
(2,447円OFF)
【日用品】
カルビー
フルグラ
5,640円4,689円
(981円OFF)

WordPress用のレンタルサーバーってどれを使えばいいんかなぁ?

WordPressでブログを始めようとしているあなた!レンタルサーバーを契約しようとしているけど、たくさんあってどれが良いか迷っていませんか?

レンタルサーバー選びはとても大切だけど、選ぶのに時間をかけすぎてもNGです。なんといってもブログを始めるのが今の最大目標ですよね!

そんなあなたに、WordPress用レンタルサーバーをおすすめするなら3つです。

紹介していきます。

~この記事はこんな人が読むと良いです~◎ブログを始めたいけど、レンタルサーバー選びで迷ってしまった人
◎レンタルサーバーの選び方のポイントを知りたい人

WordPress用レンタルサーバーのおすすめ3つ!

結論を言います。おすすめは3つです。

この3つなら間違いないと思います。

レンタルサーバーを選ぶ基準とは?

レンタルサーバーを選ぶときは以下のことを比較すると良いでしょう。

◎スペック
◎知名度(安心度)
◎値段

シンプルにこれらを見ればよいです。考えすぎるとキリがないです。

スペック

サイトの表示速度は大事ですね。微妙な違いでも、現在のインターネット社会では質が求められます。「遅い」と感じるとサイト離脱にもつながりますので、気をつけましょう。

知名度(安心度)

知名度が高いということは、ユーザーも多く問題が少ないと捉えても良いと思います。サーバートラブルは、ブログ運営で致命的になりかねないので、安心できる会社のものを使いたいですね。

値段

値段はとりあえず挙げましたが、個人用でブログ運営する規模なら月1000円程度なので、そこまでは重視しなくて良いかも。長期的に運営していく上では少しでも安い方が良いですよね。

レンタルサーバーを比較してみよう!

おすすめレンタルサーバー3社を紹介します。

※値段は、36か月契約時の月あたりの値段で統一(税込)。
※スペックの近いプランで比較しています。(2021年3月2日時点)
※その他キャンペーンなどあり。

エックスサーバーConoHa WINGmixhost
おすすめ
プラン
X10プランベーシックスタンダード
初期費用3,300円無料無料
値段990円940円968円
デスク容量
SSD
200GB250GB250GB
転送量目安150GB/日4.5TB/月4.5TB/月
データベース無制限60個無制限
独自SSL無料無料無料
自動
バックアップ
無料
(復元1回5000円)
無料無料
備考運用実績長く安定。
高性能。
運用実績は短め。
高性能
人気上昇中。
高性能。
引用元
XSERVER HP “https://www.xserver.ne.jp/
ConoHa WING HP “https://www.conoha.jp/wing/
mixhost HP “https://mixhost.jp/

エックスサーバー

初期費用とランニングコストは3社の中で、ワーストですね。ですが、よく考えると微妙な金額差なので、そこまで気にしなくても良いとは思います。

特徴は、nginxという高性能Webサーバーと、NVMeという通信プロトコルを備えており、大量同時アクセスにも強く、処理が高速化されています。サーバーの頭脳とも呼ばれるCPUも48コア、メモリ512GBとハイスペックです。

少し難しい単語ばかりですが、高機能なものをそろえていて、動作や表示が高速、大量アクセスへの負荷耐性が強く安定していると思ってください。

利用者の多さをみても、実績と安定感ではエックスサーバーかと思います。
エックスサーバーを契約したい方はこちら>>エックスサーバー

ConoHa WING

高性能Webサーバーnginxを備え、同時アクセスにも強いです。高速性能も兼ね備えていますし、実績もありますので文句なしかと思います。

値段がこの3つでは最安値になります。

▼ConoHa WINGを契約したい方はこちら

【国内最速No.1】高性能レンタルサーバーConoHa WING

mixhost

次世代WebサーバーLiteSpeedを使用しており、nginxよりも高速さを売りにしています。ハイスペックサーバーとCPU、メモリなども文句なしです。

▼mixhostを契約したい方はこちら

パワフルで高速なピュアSSDクラウド型レンタルサーバー

結論!3社ともハイスペックで安価!実績でエックスサーバーがおすすめ!

各社の機能を比較してみると、どこも優劣つけがたいです。

ただ、以前ならエックスサーバー一択かなーいうところですが、他社もスペックを上げたり、低料金になっていますので、ここまでくると好みの問題もあると思います。

ただ、サーバーはブログ運営の核の部分になるので、やっぱりシェアがトップ(※)で安心感があるエックスサーバーがベストかと思います。
※2020年2月26日時点、エックスサーバーHPより≫エックスサーバー