【お得な無料ハンドブック】公務員へ転職したいならまずはコレ!

【成績UP活用法!】Z会中学生コースの効果的な使い方を紹介します!

通信教育

~本記事で解決する悩み~

  • Z会中学生コースの効果的な活用法は?
  • Z会で中学校の成績は上がる?
  • 中学生の子供が成績を上げるためのZ会の使い方は?

Z会を始めようか迷っているけど、使い方がよく分からないわ。

どうやって活用していくといいの?

効果的に成績を伸ばす方法を知りたいわ。

Z会を始めても、どうせ教材がたまるのよね。

どうやって活用するとムダにならずにすむのかしら。

そんな疑問にお答えします!

本記事は、Z会中学生コースを始めようかお悩みの方向けの記事です。

~チェック~

この記事は、僕自身の独学体験(通信教育含む)をもとに作成しています。

成績が伸びずにお悩みの中学生に、「成績アップ&高校受験成功」の喜びを知ってもらいたい一心で、独学ノウハウなど知っていることは包み隠さず公開しています。

中学校の勉強は「学習のペースをつかめば絶対に伸びる!」との思いから書いていますので、ぜひご参考にください!

~僕の独学歴~

  • 中学校⇒第一志望の進学校合格を勝ち取る!
    • 塾なし
    • 中2夏頃~「進研ゼミ」利用⇒勉強のペースをつかみ、成績アップ&高校受験合格!
  • 高校⇒第一志望の国立大学合格!
    • 塾なし
    • 高1の初めにZ会を受講⇒野球部で勉強どころではなくすぐ退会
    • 高3の部活引退後、完全独学で猛勉強!大学合格!

中学生の勉強で成績を伸ばせるかどうかは勉強のやり方次第!

僕自身も中学時代に、通信教育を利用した勉強法に変えて、大きく成績を伸ばすことができた経験があります。

Z会は質の高い学習が可能な通信教育ですし、難関校の合格実績もあります。
(※HP参照≫Z会

うまく活用していけば、成績を伸ばすことは十分可能でしょう!

本記事では、僕が中学時代に実践していた勉強法をもとに、成績を上げるZ会の活用法を解説していきます。

中学校の成績を上げていきたいという方は、ぜひご参考にください!

また、Z会を受講していこうとお考えの方は、中学生の勉強で「成績アップ」&「高校受験での成功」のために、

  • Z会でできる限り早めに学習のペースをつかむこと
  • Z会の効果的な使い方(勉強法)でコツコツ取り組むこと

が大切です。

僕自身もそうでしたが、通信教育は「勉強のペースを作っていく」のに最適!

できる限り早めに受講をスタートした方が、中学生のお子さんが勉強のペースをつかんでいきやすいので、早めに資料請求(無料)を利用するなどして、体験教材等で詳しく調べておくとよいでしょう!

▼Z会で勉強のペースを作る!資料請求で体験教材を確認しましょう!

~Z会中学生コース キャンペーン情報~
(※2021年11月1日現在)

➀Z会中学生コースは「挽回チャンス!応援キャンペーン」実施中です!

資料請求により、通常もらえる「入会案内書」「体験見本」にプラスして、「トップをめざす中学生の勉強法」が全員にプレゼントされます!
(※2021年11月27日までの資料請求が対象のキャンペーンですが、変更の可能性もあるので、早めに請求しておくことをおすすめします。)

引用Z会

中学生のお子さんの「伸び悩み」等に対して、学習の不安を取り除き、成績上位へと導く情報誌となっていますので、ぜひ利用しておきたいところです。

無料の資料請求(≫Z会 )でもらえる特典なので、気軽にもらっておくとよいでしょう。
(※Z会の資料請求をして、お子さんに合わないと思えば入会しなくても全然OKです。)

▼Z会の詳細&資料請求はこちら!

②入会プレゼントあり!
引用Z会
Z会中学生コースでは、11/26(金)までの入会で、秋からの挽回に必須「2大特典プレゼント!」を実施しています。
  • 『英語・数学超重要問題集』
    ⇒Z会会員の正答率50%の「試験で差がつく問題」を英数5問ずつ厳選!テストや入試で高得点を狙いたい方にぴったり!
  • 実力テスト『Vテスト』
    ⇒自宅で受験できる全国模試。

資料請求でも随時入会キャンペーン情報やプレゼント特典があったりするので、まずは資料請求しておくとお得に入会できるかと思います。

▼Z会の詳細&資料請求はこちら!

Z会中学生コースをおすすめする理由!

まず、僕がZ会中学生コースをおすすめする理由は次のとおりです。

  • 日々の授業対策・定期テスト対策・高校受験対策ができる!
  • 1回30分で効率よく学習できる!
  • ハイレベルな学習が可能!

中学生になると塾に通うお子さんは多くなりますが、通信教育でも十分成績を上げることができます。

個人的には、通信教育を使いこなすことができれば、塾よりも成績を伸ばせると思います。

僕自身の中学時代も、通信教育「進研ゼミ」を中心に家庭学習で成績アップ&高校受験で第一志望の進学校の合格を勝ち取りました。

当時、通信教育をやってどれくらいテストの点数が上がったかというと、

▼Before(中学1年生~中学2年生夏)

本屋に売っている問題集や学校のワークで勉強。予習・復習も中途半端。
5教科350点程度

⇒この時、「どんな教材」を使って「どんな勉強」をすればよいのかよく分かっていなかった。

▼After(中学2年生夏~)

進研ゼミを取り入れて、日々の授業対策(予習・復習)、定期テスト対策をやる!
5教科430点程度取ることに成功!
※進研ゼミで取り組んでから、実力テスト・模試・入試なども含めて430点前後を継続!

⇒通信教育の教材中心に取り組めばよくなったので、「やるべきこと」が明確になった!

もともと、それほど点数が悪いわけではなかったんですが伸び悩みました。

しかし、志望校合格のためにはもっと点数を上げないといけなかったため、他にいい勉強方法ないかと、中学2年生の夏休み頃から通信教育(進研ゼミ)を取り入れ、予習・復習(授業対策)を中心に取り組むことに。

中学校の頃の自分でも、こんなに上がるんだーってびっくりしました(笑)

僕の経験からも分かるとおり、通信教育を上手に活用すれば成績は確実に伸びていくと思います。

僕は当時、進研ゼミを利用していましたが、Z会も似た性質を持つ通信教育ですし、AI技術×添削指導で徹底的な個別指導を目指したものです。

Z会は、ハイレベルな学習をしたい中学生におすすめとなりますが、一人ひとりにあった学習が可能なため、成績アップにつながりやすいでしょう!

そのためには使い方が大切です!!

▼Z会の無料資料請求はこちら!

Z会中学生コースの特徴は?

Z会で成績が伸びると言っても、「ほんとうかな?」「どんな通信教育なの?」という疑問が出ると思います。

ではまず、Z会の特徴をざっと紹介します。

  • 学習スタイル
    • タブレットコース:タブレット中心の学習
    • テキストコース:テキスト中心の学習
  • コース
    • 進学クラス
      公立入試で9割の得点を狙う力を養成。
    • 特進クラス
      最難関校を目指す中学生向け。中3から料金は高めになる。
      ※テキストスタイルのみコース分けあり。
      ※1教科ずつの受講も可能。
  • 添削指導
    • 添削問題で記述力をアップ!
      ⇒身につけた知識を活用する力へとレベルアップ!
    • 添削&詳しい解答解説で理解を深められる。
  • サポート
    • 中学生
      Z会の教材に関する質問、進路相談が可能。高校入試情報などの配信あり。
    • 保護者
      アプリで学習状況確認可
  • 料金
    • 中1:税込8,115円/月
    • 中2:税込8,965円/月
    • 中3:税込11,430円/月
      ※タブレットコースを12か月一括払いでの月あたり料金。
      ※別途、専用タブレット代あり。
  • その他の特徴
    • 実技4教科についても、定期テスト対策教材あり。

僕が中学生の頃は、運動部に所属してたため毎日疲れて帰っており、長時間の勉強はきつかったです。

そういった中学生は多いはずですので、Z会の「1回30分」という短時間集中スタイルは、取り組みやすいでしょう!

ただし、通信教育の通名どころ「進研ゼミ中学講座」では1回15分という設計になっており、

  • がっつり学習していきたい中学生⇒Z会
  • ポイントを絞って学習したい中学生⇒進研ゼミ

という選び方もありかなと思います。

Z会はハイレベルな学習が可能なため、高得点を目指す中学生におすすめの通信教育でしょう!

ちなみに、僕が高校の志望校を決めたのは中2の夏休み頃。

その頃から進学校を目指して少しずつ勉強に力を入れていきましたが、同じ高校を目指す人たちの中では、絶対的な勉強時間は少ない方だったと思います。

それでも最終的に合格という成果を出せたのは、通信教育の効率のよさ+僕のコツコツ努力)のおかげだと思います。

▼Z会の無料資料請求はこちら!

【効果的な使い方】Z会の成績アップ活用法!

先にも少し述べましたが、通信教育を頼んだだけで点数が伸びるわけではなく、お子さんのコツコツ努力も必要です。

Z会を使った勉強の進め方として、まさに「Z会を使い倒す」といってもよいくらい、ある教材は全部取り組みましょう!

僕自身も中学時代は、進研ゼミの教材をすべてやりましたし、学校から帰ったら、その日の授業ノートを全部見直してきちんと復習していました。

ただ、コツコツ努力を続けられたのは、通信教育の短時間集中スタイルポイントを絞った勉強で、無理なく効率的に力をつけれたことが「やる気を出すきっかけ」になったかと思います。

先にも述べましたが、進学校を目指してたくさん勉強時間を取っていたかというとそうではありません。

僕が中2の頃にやった勉強の平均時間は、平日で1~1.5時間、休日で2~3時間、テスト前は部活がない分、もうちょっとだけやったかなといった感じです。

極端に多いわけではないですし、むしろ少ない方かなと思います。

それでも成績が伸びたのはZ会をうまく活用し、いわゆる「使い倒す」ことができたからです。

何でもそうだと思いますが、使い方って大切ですね!

では、実際に僕が実践していた通信教育の活用法をもとに、Z会の効果的な使い方を紹介します。

Z会の効果的な活用法

別記事で中学生の勉強法について紹介していますが、中学校の勉強で大切なのは、日々の予習・復習をしっかり取り組むことです!

基本的に予習と復習は、学校の教科書・授業ノート・ワークを中心に行うことになります。

復習であれば、学校で一度習ったことの勉強なので、授業ノートの見直しをしたりワークなどの問題集に取り組んで、比較的、簡単に取り組めると思います。

問題は予習です。

中学生は部活もありますし、物理的にも勉強に多くの時間を取ることができないです。

そのような中、「明日授業でやる範囲は・・・」って考えながら、新しいところの教科書を読んだり、例題を解いたりって、けっこう大変ですよね。

そこで活躍するのが通信教育です!

「予習」を完全にZ会で取り組むことがおすすめとなります。
(※英語などでは、学校から教科書の予習の指示があることが多いので、そういった宿題はしっかりやりましょう!)

予習でZ会を活用するメリット

そもそもの話ですが、予習って、まだ習ってない新しい範囲の勉強なので難しいんですよね。

でも、Z会であれば、次のような特徴があるので問題ないかと思います。

  • 丁寧な解説がある。
  • 文章・イラスト・映像を使っていて理解しやすい。
  • ポイントが明確。覚えるべき点が分かりやすい。

⇒難しい予習でも、抵抗なく取り組める!楽しく効率的な勉強ができる!

Z会のタブレットコースなら、文字解説だけでなく、イラストや映像を使っていて理解しやすくなっています。

タブレット学習といっても直接書き込むことができ、添削問題は書き込んだ答案を提出⇒添削指導により、答案作成能力もつきます。

このタブレットを日々活用していき、学校の授業前に取り組めるよう計画的にこなしていきましょう!

オープンカリキュラムであるため、分からないところをさかのぼって学習したり、先取りして予習することもできます。

Z会は教科書に対応していますので、授業対策はバッチリ可能です。

学校と学習のタイミングがずれたら、順番を入れ替えることもできるので、授業にぴったり合わせることもできます。

予習により学校の授業の理解度が上がる!

僕自身、通信教育での「予習」に取り組み始めたころから、授業の理解度が格段に上がってきました。

授業を受けていて、「その内容知っている」と思うことが多くなって、なんかカンニングしているんじゃないかと罪悪感を感じることもあるくらいです(笑)

当時、あまり友達には言えなかったですが、通信教育を始めてから勉強が好きになりました。

学校で勉強が好きというと、笑われるんじゃないかという雰囲気があるので、ポーカーフェイスをたもっていましたが(笑)

勉強を好きになったことが、成績を伸ばすのに一番よかったのかもしれません。

「好きこそものの上手なれ」と言いますが、好きなことは上達が早いですよね。

Z会はハイレベルな学習を目指す中学生におすすめとなりますが、理解しやすい設計で「分かる」という喜びを与えることで「勉強を好き」になっていく効果があるかと思います。

Z会に取り組むことで、次のように好循環も起きていくことでしょう!

  1. Z会の上手な使い方をする
  2. 勉強が分かるようになる
  3. 成績が伸びる
  4. やる気が出るからもっと勉強する

Z会の定期テスト対策は?

タブレットコースなら、定期テスト対策もばっちりです。

  • 教科書対応・試験範囲は自分で選択OK!
  • AIがこれまでの学習到達度を可視化!

タブレットの「AI速効トレーニング」により、最も効率のよい学習順序と対策問題を提示してくれるため、最短ルートでの定期テスト高得点を目指すことができます。

テキストコースでの定期テスト対策としては、次の内容となっています。

  • 定期テスト攻略ワーク
    • 定期テスト前の教科書対応問題集。
      ⇒基本的な問題から応用問題まで網羅してある。
  • 確認テスト
    • 教科書対応の予想問題で実力をチェック。
      ⇒定期テストを徹底的に研究しており、テスト頻出の内容だけを掲載。
  • 実技教科対策
    • 専用の教材で用語や基本事項の確認をもれなく対策できる。
      ※3年間で1冊。スタートセットに同封される。

定期テスト対策は、余裕を持って14日前くらいからスタートすることをおすすめします。

Z会のタブレットコースの場合、テスト対策中にも「到達度を即座に反映」してくれるため、苦手や重点的に取り組む分野が分かります。

苦手なところは繰り返し学習していきましょう!

僕の中学時代には、

  • 通信教育の定期テスト対策教材
  • 学校のワーク
  • 学校で配られたプリント

だけを使って、定期テスト対策をしていました。

これだけをマスターすれば、僕の経験上ではありますが、400点を超えるレベルは十分に狙うことができます。

とくにZ会は、タブレットの「AI速効トレーニング」で、より効率的な学習が可能となるため、しっかり使いこなしていけば成績アップが期待できるでしょう!

Z会の高校入試対策

Z会中学生コースでは、中1・中2の段階から、カリキュラム学習の節目にそれまでに学んだ単元の総合問題を出題し、入試を意識して取り組めます。

そして、中3からは、高校受験を意識した入試対策演習も行っていきます。

Z会の高校入試対策については以下のとおり!

  • 実力判定Vテスト
    ⇒現時点での実力・弱点と、全国での自分の位置がわかる在宅模試。記述式で入試を意識できる!
    • 中1・中2
      ⇒7・11・2月(年3回)実施
    • 中3
      ⇒7・11月号(年2回)実施
  • 中3からは本格的な入試対策
    • 通常カリキュラムに入試特訓カリキュラムを追加。
    • タブレットコースは中3の8月以降に入試対策が取り組み可。

日々の授業対策や、定期テスト対策に加えて、高校入試に必要な力をつけていけますので、効果的に活用しましょう!

Z会の高校入試対策教材の使い方としては、Z会のカリキュラムで段階的に高校受験への力をつけていくようになっていますので、配信される課題をコツコツ取り組んでいきましょう!

一度取り組んだ後でも、間違えた問題などは、繰り返し復習すると効果的です。

「Vテスト」も受験した後は、復習を確実に!

繰り返し復習することで、同じ問題が出たら確実に得点できますし、類似問題にも対応できるようになってきます。

▼Z会の無料資料請求はこちら!

~中3生は専科「入試特訓」もあり~

引用”Z会
  • 入試に備えて記述力を上げたい・・・
  • 入試本番を想定した対策がしたい・・・
  • ニガテ科目を強化したい・・・
  • 塾に通っているけど、習っていない教科がある・・・

などといった中学生向けに、専科「入試特訓」講座というものがあります。

高校入試に向けた実力養成講座で、紙冊子での演習強化となりますが、添削指導付きで1教科1,827円/月(税込)~となっています。

わりと安価な価格帯で受講できるため、「本科講座を受講している中学生」や「塾に通っている中学生」が、重点的に取り組みたい科目だけ追加するのもありですね!

▼Z会の無料資料請求はこちら!

Z会のデメリット?やらなくて教材がたまっていく?

通信教育のデメリットとも言われるのが、自分で勉強していかなければならず、長続きしなくてせっかくの教材がたまっていくことです。

しかし、こういった場合でも成績を伸ばすためのZ会の効果的な活用法はあります。

たとえば次のような使い方です。

  • 教材がたまっても、定期テスト前に苦手なところだけ利用する。
  • 定期テスト対策教材を中心に取り組み、単元ごとの学習はニガテな部分のみ活用する

※ムダになる教材がもったいないと思うかもしれませんが、塾や家庭教師に比べて安価(毎月税込8,115円~)。

もし教材がたまってしまったときによくありがちなのは、「たまった分を全部やらなきゃ」と思うことです。

これはたまっていく教材に対して、やる気が失せていく一方になるのでおすすめしません。

繰り返しになる部分もありますが、「テスト前に、必要な分野(苦手分野など)のみやる」というように割り切って使うのがよいと思います。

Z会には、テストで効率的に点を取るための仕組みが満載なので、やった分だけ得点できるようになりますし、部分的にやっても力がつきます。

とは言っても、「いくら安いZ会でも、やらない教材が多いならもったいない!」と思う方もいるかと思います。たしかにもったいないです。

それなら塾に通うようにすれば、強制力を持って勉強することになりますので、教材がたまるようなことはないかもしれません。

しかし、塾だからと言ってやる気がない子にとっては効果は薄いです。塾に行ってて、成績が伸びない子はたくさんいます。

なぜ伸びないかというと、成績が伸びるかどうかは本人のやる気勉強のやり方次第だから。

そのため、やる気がなくて塾に行くと、それなりに高額な出費をムダにすることになるのです。

Z会は、分かりやすく短い時間で取り組めて、勉強へのやる気が出る仕組みになっていますし、ポイントを押さえた学習で効率よく取り組めます。試す価値はあるでしょう。

Z会に興味をお持ちの方は、無料の資料請求を利用することがおすすめ!

体験教材等がもらえますので、まずは実際に手に取って見てみるとよいかと思います。

▼Z会の無料資料請求はこちら!

Z会中学生コースはいつから始めるとよいのか?

Z会中学生コースをやってみようか検討している方は、次のような疑問を持つかと思います。

  • Z会中学生コースはいつから始めるといいの?
  • 来年度、中学生に入学するけど、小学生のうちから始めた方がいい?
  • もう中学校に入って期間が経っているけど、今から始めても大丈夫なの?
  • 高校受験まであと少しだけど、今から始めても意味がない?

こういった疑問に対して、僕の経験上でお答えすると、いつからでも大丈夫だと思います。

もし、高校受験間近だとしても、Z会は受験に向けてのカリキュラムがしっかり組まれていますし、タブレットコースならオープンカリキュラムで、過去の単元の振り返り学習も可能です。

Z会をやってみたいと思うなら、学習のペースづくりという面でも、できる限り早くスタートすることをおすすめします。

ただし、ハイレベルな学習ではありますので、まずは資料請求で体験教材などを確認してみるとよいしょう!

▼Z会の無料資料請求はこちら!

Z会中学生コースの資料請求(無料)をしてみましょう!

繰り返しになりますが、Z会に興味をお持ちの方は、まずは無料の資料請求を利用するのがおすすめです。

通信教育の資料請求のメリットは、

  • 学習教材のイメージがわきやすい
  • 学習等に関わるお得な情報がある
  • 資料を見て、お子さんがやる気になりやすい
  • キャンペーン情報などがある

といったことがあります。

学習に関わるお得な資料であったり、先にも紹介しましたがキャンペーン情報等もありますので、まずは気軽に無料の資料請求を利用するとよいかなと思います!

~Z会中学生コースの資料請求でもらえるもの~
(※2021年11月1日現在)

Z会中学生コースでは、資料請求により次のものがもらえます。

  • 入会案内書
  • 体験教材

"引用Z会

さらに、今なら「挽回チャンス!応援キャンペーン」実施中です。

通常の常もらえる「入会案内書」・「体験見本」にプラスして、「トップをめざす中学生の勉強法」が全員にプレゼントされます!
(※2021年11月27日までの資料請求が対象のキャンペーンですが、変更の可能性もあるので、早めに請求しておくことをおすすめします。)

引用Z会

無料の資料請求(≫Z会 )でもらえる特典なので、気軽にもらっておくとよいでしょう。
(※Z会の資料請求をして、お子さんに合わないと思えば入会しなくても全然OKです。)

▼Z会中学生コースの資料請求はこちら!

あと、資料請求したときに注意点ですが、資料が来たらお子さんと一緒に見るようにすることをおすすめします!

僕も中学時代に経験がありますが、通信教育のパンフレットって、なんか面白そうに感じてしまうんです。

僕が通信教育を始めて成績アップ&志望校合格できたのは、パンフを見たことがきっかけといってもいいかなと思います(笑)

ぜひ、資料が来たらお子さんと一緒に見ましょう!

▼Z会の無料資料請求はこちら!

【中学生のためのZ会の通信教育】

~Z会中学生コース キャンペーン情報~
(※2021年11月1日現在)

Z会中学生コースでは、11/26(金)までの入会で、秋からの挽回に必須「2大特典プレゼント!」を実施しています。
引用Z会
  • 『英語・数学超重要問題集』
    ⇒Z会会員の正答率50%の「試験で差がつく問題」を英数5問ずつ厳選!テストや入試で高得点を狙いたい方にぴったり!
  • 実力テスト『Vテスト』
    ⇒自宅で受験できる全国模試。

資料請求でも随時入会キャンペーン情報やプレゼント特典があったりするので、まずは資料請求しておくとお得に入会できるかと思います。

▼Z会の詳細&資料請求はこちら!

Z会以外でおすすめの中学生向け通信教育!

「Z会の受講を迷っている」という方もいるかと思いますが、Z会以外にも中学生におすすめの通信教育はあります。

その他のおすすめ通信教育は次のとおり!

~その他のおすすめ通信教育~

これらも質の高い学習ができるものばかりですが、上手な使い方をしていくと成績を上げていくことはできるでしょう。

僕が中学生の頃は、動画授業なんてなかったと思いますが、最近では家庭でも塾の授業ような体験ができるものが増えています。

授業動画に特化しているのはスタディサプリです。

映像での授業中心に学習を進めていきます。

費用はかなり安い(月額2,178円~)ので、Z会とあわせて利用するのもありですね。

苦手な分野を中心に、動画授業で理解を深めるという使い方も可能かと思います。

スタディサプリは14日間無料体験というお得なシステムがあるので、遊び感覚で体験してみるとよいかと思います。

▼スタディサプリ無料体験はこちらから!

スタサプ

進研ゼミやスマイルゼミにも、それぞれ特徴がありますが、どちらも定期テストや高校受験のことはよく分析されていますので、お子さんの勉強スタイルに合わせて選ぶとよいかと思います。

進研ゼミは、僕自身も中学時代に活用して、成績アップ&高校受験の成功へとつなげることができましたのでおすすめの通信教育です。

また、スマイルゼミはタブレット特化型で、テキストは使用しません。

「テキスト学習で、教材の整理が苦手」「まだ勉強習慣がついていない」といった方には、タブレット学習は勉強への取っ掛かりとしてハードルが低いためオススメです。

一度資料請求して詳しく見てみるとよいでしょう!

どちらも資料請求は無料なので、それぞれパンフレットや体験教材を見て比較してみるとよいかと思います。

▼進研ゼミの資料請求はこちらから!

【進研ゼミ中学講座】

▼スマイルゼミの資料請求はこちらから!

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

【家庭学習向け】通信教育にあわせて使うとよい教材!

通信教育と学校の教材やノートで、日々の予習・復習をコツコツやっていけば、着々と力はついていきます。

さらに、学校の授業の理解度を上げるために、「教科書ガイド」を使うのもおすすめです!

教科書ガイドは、各教科書の出版社から発刊されているもので、教科書の内容を詳しく解説していますので、苦手教科だけでも持っておくとよいでしょう!

とくに英語は、「教科書本文を訳す」という宿題が出ることもあるかと思いますが、分からないところが出てきたら、「教科書ガイドで日本語訳を確認する」という使い方ができるため便利です。
(※教科書の各出版社ごとに発刊されてます。)

created by Rinker
¥2,750 (2021/11/28 02:58:36時点 Amazon調べ-詳細)

復習で、分からなくなったところを確認することもできるため、とくに英語は持っておくと便利かなと思います。

僕も中学時代は、英語の教科書ガイドを重宝していました。

まとめ

Z会中学生コースの効果的な活用法について解説しました。

ポイントをおさらいします!

  • Z会中学生コースは上手な使い方により、成績を伸ばすことができる!
  • 継続せず教材がたまってしまう心配があるが、「苦手なところを中心に利用する」「定期テスト教材だけ利用する」といった割り切った使い方もあり!
  • Z会はやればやるだけ成績が伸びるので、できる限り早めに受講するのがおすすめ!

Z会に興味を持ちましたら、無料の資料請求をして実際に教材サンプルを手に取り、ぜひお子さんと一緒に見るとよいかと思います。

繰り返しになりますが、通信教育の会社が出す資料ってとても見やすくて、僕も中学時代は資料や広告を見ながら、「おもしろそうだな~」「やってみたいな~」って思いましたし、資料を見てて子供のやる気が出ることもあります。

資料請求したら、ぜひお子さんと一緒に見てくださいね!

▼Z会の無料資料請求はこちら!

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

本記事が、あなたのお子さんにとって効果的な勉強のきっかけになれば幸いです。