市役所を辞めた理由を語ります!【経験談】

公務員ライフ
スポンサーリンク

本記事では、公務員退職経験のある僕が、辞めた理由について紹介していきたいと思います。

僕は、民間企業を7年、公務員を3年勤め、今となってはフリーランスで活動しています。公務員の3年という期間は、いわゆる激務部署でがっつり働きました。

そのため、いろいろと見えるものもありましたし、しっかり仕事をした上で、市役所の状況を知りましたので、市役所事情なんかもそれなりに詳しく伝えられると思います。

本記事では、辞めた理由なので、悪い面がたくさん出てきますが、もちろん良い面ややりがいのある部分もありますので、そんな一面を見たい人は以下の記事も参考にしてください。

今辞めたいと思っている人や、公務員になろうか迷っている人は、参考してもらえると良いと思います。

~この記事を読むと良い人~◎公務員を辞めようか迷っている人
◎公務員になろうか迷っている人

僕の市役所生活について

オフィスの様子の画像

僕は民間企業等職務経験者(社会人枠)として入庁し、初年度から総務部の財産を管理する部署に配属されました。新入職員が入ることはまずない部署で、まわりの人に「いきなりすごい部署に配属になったね」と言われるほどでした。いろいろと変革がある時期だったのもあり、なかなかの激務で、ほとんど定時に帰った記憶もありませんし、深夜帰りが続く時期もありました。

公務員を辞めようと思った理由

では、公務員を辞めようと思った具体的理由について、紹介していきます。

公務員以上にやりがいがある仕事をしたかったから

Dreamの文字の画像

公務員を辞めた一番の理由は、仕事のやりがいを求めたからです。

僕は仕事が好きで、発展性があることをしたいと思っています。「こっちの方がいいんじゃないか?」と思ったら、すぐ行動したいタイプです。
それが公務員だとできない、というよりは、意思決定をするまでの労力が大きく、スピードが遅いことに対して、「仕事の発展性がないな」と思い、自分の価値観と合わないと感じました。市役所の意思決定については、次に詳しく述べます。

公務員の安定性より、自分のやりたいことを追いかける方が良かったということです。

物事の意思決定の複雑さ

プレゼンテーションしている様子の画像

公務員の仕事は、基本的には「守り」です。

市役所の業務は、基本的に決まりがあって、決まりを守りながらどうやって進めていくかというように仕事をします。決まりを変えたいと思ったら、上司を納得させ、その上を納得させ・・・しまいには議会で議決を取らないといけないこともあります。

それに、ちょっとしたことでも文書を作って決裁を取って、必ず所属長の印鑑が必要となります。

民間企業に勤めていた時とは比べ物にならないほど、一つの意思決定に時間がかかるので、自分の価値観には合わないなと感じました。

こんなことしていたら、新しいことを始める労力が大きすぎて、自分はいい仕事ができないなというのが本音でした。

年功序列で良いの?という疑問を持ったこと

階段を昇る様子の画像

市役所に勤めて思ったことが、「この役職必要なの?」「この人、一日何やっているんだろう?」という人がところどころにいることです。
地方自治体に勤める友人であったり、仕事の関係で知り合った他の市町村職員に話を聞いても、同じようなことを言う人はたくさんいました。

市役所の体質として、長年勤めてきた人には、それなりのポジションを与えなければいけないという雰囲気があって、無理やり役職に置いたりするんですよね。

あと、難しい顔しながら、一日中、決裁を眺めて印鑑を押し、部下を呼んでは資料の体裁を修正させる上司もいます。民間では「そんなことに時間を使うな」と言われるでも、それが正義のような雰囲気でやらせる風潮があります。
理解できる部分はあるんですが、体裁も言うことは人によって違うし、市民のためにも職場のためにもならないことです。体裁をがっちがちに気にして、無駄なことをさせる人が評価されることもしばしばあります。

市役所は、やる気のある人と、やる気のない人の給料の差が出にくいですし、やる気のない人でも、係長、課長へと上がって高い給料をもらっていく世界です。悪口っぽく聞こえるかもしれませんが、ぼーっとしている上司の下で、その上司よりも格段に安い給料でせかせか働くの人が公務員の中ではけっこういるのが現状です。

やる気がある人が報われない社会は嫌だなーとは思いました。それを変えるのも、大変な労力が必要です(笑)

ブラック部署の悲惨な現状

電話に向かって怒っている様子の男性の画像

部署によって、忙しさの差がありすぎます。

毎日定時で帰っていく部署がある一方、連日連夜の残業で疲弊している人がたくさんいます。仕事の割り振りが下手ですし、一度決めると融通が利かず縦割りになるところが、市役所の悪いところです。(民間でも仕事の押し付け合いはあると思いますが)

同じ課内であっても、グループ間で仕事の量に差が大きくあります。僕の部署が典型的でしたが、僕のグループ員の机の上は資料で山積み一日中せかせか働いているのに対し、目の前に座っている人はグループが違うため、一日パソコン眺めてのんびり仕事をして、机の上も資料が2,3枚あるだけということはありました。
それを見て、上司は「(目の前の人を)見習って、机の上をきれいにするよう」指示を出します。

もちろん整理整頓が必要なのは分かりますが、そういう問題ではないのはすぐわかりましたし、その光景をみてて、この職場はちょっとなと思いました。

あと、余談ですが、残業代についても、自治体の財政事情であったり、予算を超えない範囲でしか支払えない事情がありますので、年度途中で予算がなくなってしまったら、補正予算を組むか、あーだこーだ言って残業をつけづらい雰囲気を出す上司もいました。部署によっては、古いしきたり?みたいなのが残ってて、8時までは残業をつけないのがルールみたいなことを言う人もいました。

僕は、残業の理由をはっきり言って、サービス残業はほとんどしませんでしたが、それでもつけれないときはありました。

本当に安泰?世間情勢に合わせた変動もある!?

窓際でリラックスした様子の男性の画像

公務員の給料は、問題を起こさなければ減給や解雇はほぼないでしょう。

でも、今までも世間情勢や市役所の財務状況により、ボーナスの支給は減額されることもあるし、平成27年10月に公務員が有利とされていた共済年金制度はなくなり、厚生年金に一元化されています。

リストラのような大きな変動はないにしても、これから世間情勢に合わせて何かしら変わっていく可能性もないことはないと思います。

公務員だから安泰かどうかは、100%言い切れないと思いますが、でも民間に比べるとまだ安心度は高いとは思います。

無駄なことへのこだわりで時間と体力を浪費!人生の時間を有意義に使うべきか?

たくさんの書類の画像

上司のこだわりによる、文書の体裁を整える仕事や、業務量の偏りによる激務、意思決定の難しさから、ここにいて自分が成長するのか?という疑問が出て、退職に踏み切りました。

約10年間、民間企業と公務員で鍛えてきた知識やビジネススキルを活かして、フリーランスとして活動しようと退職しましたが、まだ確実な進路が見えないまま、少し思い切った決断をしたのが現状です。

でも、人生は一度きりなので、失敗しても成功しても、自分が思い立ったことをやってみるのは大切だと僕は思いました。何もしなくても時間は経っていきますが、もっと有意義な時間、人生を送りたいというのが、市役所生活の終止符を打つ決め手でした。

まとめ

仕事を辞めるというのは勇気がいることだと思います。

でも、迷ったときには10年後、20年度の自分を想像して、今のままが良いのか、仕事を辞めて新しい道に行くのが良いのかはよく考えるべきです。

ただ、今の職場が嫌だというだけなら、公務員なら人事異動もありますので、少し様子を見るのはありだと思います。

あなたにとって良き人生になることを願います。