FXの始め方【初心者向け】

お得な生活
スポンサーリンク

FXを始めてみようかと思うけど、口座開設とかあって難しいのでしょうか?
FXについて初心者なので、基本的なことを分かりやすく教えてほしいです。

そんな疑問にお答えします!

FXは始めるまでは、とてもハードルが高そうに見えます。けど、安心してください。

口座開設も難しくないですし、トレードを始めれば、通勤時間やちょっとした時間でも簡単に取引できます。

この記事では、FXの始め方について、初歩的なところから分かりやすく説明していきますので、FX初心者の方はぜひ見てもらえると良いと思います。

~この記事を読むと良い人~◎FXに興味があるけど、どうやって始めるか分からなくて困っている人
◎FXをすぐ始めたい人
◎FXの基本的な知識を勉強したい人

FXとは?始め方は簡単?

FXとはForeign exchangeの略で、外国為替証拠金取引(外為)と言います。
※外為=がいためと呼びます。

FXに興味はあっても、「どうやって始めるか分からない」とか「口座開設がめんどくさそう」と、あきらめてしまう人もいるのではないでしょうか?

でも、実は始め方は簡単です!実際に始めてみると、「なーんだ、こんなものか」という感じになると思います。

では、FXの始め方を順に説明していきましょう。FXを始めるまでには次の4段階のステップがあります。

➀FX会社を選ぶ。
➁口座開設する。
③口座に入金する。
④取引開始。

まずは、FX会社を選んで行きますが、FX会社はたくさんありますし、どうやって選べばのか迷うと思います。そこで、選び方のポイントを紹介したいと思います。

FX会社を選ぼう!

FX会社を選ぶポイントはいくつかあるのですが、FX初心者が選ぶのに、特に重要なポイントだけ紹介したいと思います。

☑スプレッド⇒実質の取引手数料となるため重要。取引したい通貨のスプレッドが狭ければ良い。
☑いくらから始められるか?⇒最低取引単位と呼ばれるものがあり、FX会社ごとで決められている。

基本的に、FXをこれから始めようとして、小遣い稼ぎにトレードしていきたいというくらいなら、スプレッドを気にしておけば良いと思います。

それぞれについて、もう少し具体的に説明していきます。

スプレッドとは?

通貨を売買するときに、売値と買値の2つが表示されます。その差をスプレッドと言います。

【例】※米ドル/円の場合
売値(Bid)109.998⇒1ドル109.998円で売れる。
買値(Ask)110.000⇒1ドル110.000円で買える。
※イメージとしては、この値で1ドル買って、すぐ売った場合、0.002円損することになる(これがFX会社への実質の手数料となっている)。

このスプレッドはFX会社や通貨によって異なります。そのため、スプレッドが狭いほど、手数料が安いと思えば良いです。

米ドル/円ならば、最もメジャーな取引で、どのFX会社もスプレッド差が狭い傾向があります。為替の変動も安定していますので、初心者ならまずは米ドル/円での取引がおすすめです。

FX会社で迷ったら、国内FX口座数No.1(2020年1月末時点)のDMM FXがおすすめです。
僕も使っていますが、使用している限りでは、米ドル/円の取引のスプレッドは0.2銭でほぼ安定していますし、使いやすいと思います。

最低取引単位とは?

最低取引単位とは、FXで売買できる最低の1取引単位のことです。
FX会社では、1万通貨から取引というところが多いです。1万通貨というと、米ドル/円の場合、1万ドルの売買ということです。

「え!1万ドルって100万円以上必要なの!?」と思うでしょうが、FXはレバレッジといって、自分の資金は少額で、大きな金額の取引をすることができます。レバレッジは25倍まで利かせることができ、つまり100万円÷25=4万円くらいの自己資金で取引を行うことができます(1ドル100円だったら4万円ということです)。

最低取引単位が、1000通貨からのFX会社ですと、自己資金が4000円くらいあれば取引できることになりますね。1通貨から始められるFX会社もありますが、お小遣い稼ぎしたいなら、1000通貨以上は必要かと思います。

1万通貨対応なら、DMM FXがおすすめです。
口座開設はこちらから>>FXを始めるなら≪DMM FX≫!

1000通貨対応なら、みんなのFXがおすすめです。
口座開設はこちらから>>初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。

FXの口座開設の方法

口座開設の前に、アプリなどを利用したオンライントレードになりますので、インターネット環境を準備しましょう。

インターネット環境があれば、口座開設に進みます。手順は以下のとおりです。

➀FX会社を選び、HPから口座開設フォームを開く。
➁申込フォームを入力。
③本人確認書類を送る(免許証、マイナンバーカードなど。オンラインでも可。)
④審査の後、口座のログインID、Passの通知をもらい、ログイン。

基本的にはこの流れになります。

FX会社のHPから、口座開設フォームに入ってしまえば、あとは流れでできてしまうので、それほど心配することはないです。
DMM FXのHPはこちら>>FXを始めるなら≪DMM FX≫!

FX口座に入金してみよう!

FX口座への入金は、次の二通りあります。

●FX会社提携金融機関のインターネットバンキングからのオンライン入金
●銀行窓口やATM、インターネットなどからの振り込み

取引を始めるには、最低取引単位以上の金額を入れる必要がありますが、予算を決めて入金するようにしましょう。

入金したお金のことは、証拠金と呼ばれます。

トレード方式を決めよう!

自分に合ったトレード方式を決めましょう。トレード方式を以下にまとめます。

●スキャルピングトレード・・・超短期売買。数秒から数分でのトレードを行う。リスクは小さい。
●デイトレード・・・一日の中でトレードを繰り返すが、ある程度、値動きの中でポジションを決裁していく。リスクは小さい。
●スイングトレード・・・数日、数週間といったやや長期的にポジションを取っていく方式。仕事をしていてチャートをずっとみている時間がない人は、この方式が良い。
●中長期トレード・・・数か月、数年といった長期的にポジションを取りつつ、スワップポイントと呼ばれる金利差での利益を得つつ、長い目でいくと、上下する為替レートの中で、利益が出たときに決済するため、利益は出やすい。ただし、大きな損失を出すこともあるため注意。

まずは、スキャルピングトレードやデイトレードで、大きな損失を出さずにトレードの流れをつかむと良いでしょう。

FXはどうやって利益を出すの?

FXで利益を得る方法は次の2点です。

●キャピタルゲイン・・・通貨売買時の為替レート差による利益。
●インカムゲイン・・・取引通貨間の金利差で得られる利益のこと。スワップポイントと呼ばれる。

まずは、キャピタルゲインを目指して売買の感覚をつかむと良いでしょう。簡単に言うと「安く買って高く売る」「高く売って安く買う」ことです。

ここで、為替レートはなぜ動くのか簡単に説明しておきます。

基本的な原理は、例えば米ドル/円の場合、米ドルを買う人が多ければ、米ドル/円は高くなります(円安)。米ドルを売る人が多ければ、米ドル/円は安くなります。

そして、通貨を売買する要因としては、経済や政治などに関わる情勢や、投資家心理、行動によって値動きします。

FXをやるな、日々のニュースは気をつけてみておくようにしておくと良いですね。

まとめ

FX初心者向けに概要を説明しました。

FXは奥が深く、チャート分析なんかのテクニックもありますので、興味があれば、本やネットで勉強していくと面白いかもしれません。

基本的なチャートの値動きパターンなんかは押さえておくと、利益を出しやすくなると思います。