公務員は資産運用しよう!【お金を賢く増やす】

公務員ライフ
スポンサーリンク

公務員は副業ができないけど、将来も不安だし、お小遣い稼ぎもしたい。何かいい方法はないですか?

そんな疑問にお答えします。

僕も公務員経験者ですが、副業禁止は痛いですよね。民間企業に勤めるまわりの友人は副業でお小遣い稼ぎもしているのに・・・。

でも、公務員は副業はできませんが、資産運用ができます!

本記事では、そんなお困りの公務員の人向けに、資産運用について紹介していきたいと思います。

~この記事を読むと良い人~◎公務員のみなさん
◎公務員で将来のためにお金を増やしたいと思っている人
◎公務員でお小遣い稼ぎがしたいと思っている人

公務員が資産運用をする理由とは?

お金のマークのイラスト

あなたが、これから見込まれる出費は何が挙げられるでしょうか?日々の生活費は当然のこと、大きな出費も控えていることでしょう。

●結婚
●出産
●子供の進学
●マイホーム
●老後

それぞれライフプランはあるでしょうが、お金は少しでも多く持っていたいですよね。

しかし、公務員であると、給料は安定的に上がってはいくものの、

●副業ができない

●大きな出世をしない限り、決まった給料である

ことから、金銭的な面では不安になります。

世間的には副業ブームで、民間企業でバリバリ副業している人からは、公務員は差をつけられそうですね。

そうなると、公務員としては資産運用を収入源として、お金を増やしていくしかありません。

副業は禁止ですが、資産運用はできます。公務員の決まりの中の禁止事項にはなっていません。

公務員の副業禁止に関して、以下に関連記事ありますので、興味があればみてください。

資産運用の種類

資産をイメージしたイラスト

公務員にとって唯一ともいえる、給料以外の収入源となる資産運用にはどんな種類があるのでしょうか。

おすすめする資産運用を次に挙げます。

◎つみたてNISA(投資信託)
◎株式投資、FX
◎不動産投資
◎iDeCo

この中で、聞いたことのあるものもあるかと思いますが、これらは公務員でできる代表的な資産運用です。

それぞれを紹介していきます。

つみたてNISAで投資信託!

女性がものを積み立てている様子のイラスト

つみたてNISAにより投資信託の運用をすれば、リスクを下げながら運用益を上げていくことができますし、分配金や解約したときの利益は非課税となるため、大変お得な制度です。

自分で直接投資する場合は、リスクが大きくなりますが、投資信託の場合は、プロにお金を預けて運用してくれますので、自分で投資するよりもリスクを抑えることができます。

ちなみに、「つみたてNISA」か「一般のNISA」は併用できないので、どちらか一方となりますので、一般のNISAに興味がある方は注意が必要です。

株式投資、FXを始めよう!

リスクと隣り合わせなのが、株式投資、FXです。

自分が思ったように投資を行い、価値の変動で、利益にも損益にもなります。

経済的に少し余裕があるときにやった方が良いと思いますし、初めは少額で練習していくことをおすすめします。

株式投資、FXに関しては、詳しく書いた記事もありますので、興味があれば見てください。

不動産投資で継続的な収入

マンションのイラスト

不動産投資は、継続的に家賃収入を得られる、資産運用です。長期的に、じっくりと行っていきます。初期費用がかかるので、お金に余裕が出てきてから始めることをおすすめします。

ただ、維持管理費用が必要になるのと、リスクも伴いますので、よく検討して始めると良いと思います。

老後には強い味方になりますが、将来的に不動産をどうするかといったことまで考えて始めると良いですね。

参考に不動産投資に実績あるクレアスライフを紹介します。興味があれば、資料請求(無料)してみると良いと思います。
資料請求はこちらから>>圧倒的な好立地に建つハイグレードな投資ワンルームマンション【コンシェリア】

老後不安の解消ならiDeCo(イデコ)!節税も可!

豚の貯金箱のイラスト

iDeCoはまだまだ馴染みがないかもしれませんが、「個人型確定拠出年金」と言って、2017年1月からは公務員も加入できることになりました。

以下は、iDeCoについて概要です。

◎毎月給料から積み立てを行う。
◎積み立てた掛け金は全額所得控除できる。
◎運用益は非課税。
◎60歳以降の受給時に退職所得控除、公的年金等控除を使える。

給料を老後のために、そのまま貯金しようと思っているなら、ぜひiDeCoはおすすめです。

余談ですが、企業なんかでも、退職金制度を企業型確定拠出年金(企業型DCといいあす)へ移行するところも増えてきていますね。

興味がある人は、詳細を書いた記事もありますので、よかったらご覧ください。

公務員が資産運用するときの注意事項!

公務員である以上、守らなけらばならないことがあります。

◎信用失墜行為をしないこと(地方公務員法第33条)
◎守秘義務を守ること(地方公務員法第34条第1項)
◎職務専念義務を守ること(地方公務員法第35条)

就業中に株やFXの売買は絶対にしてはいけませんし、公務員であると企業情報を知り得ることもありますので、インサイダー取引にならないよう、十分注意する必要があります。

あと、不動産投資に関しては、国家公務員法で取り決めがあり、規模が大きいと「自営」となって禁止事項になってしまいますので、注意が必要です。

あとは、基本的なことですが、投資にはリスクがあることは常に心得ておきましょう。

まとめ

ポイントをおさらいしましょう。

☑公務員は副業禁止だけど、資産運用はできる。
☑資産運用のおすすめは、つみたてNISA、株式投資、FX、不動産投資、iDeCo。
☑資産運用は、リスクがあることも知っておく。

資産運用で、お小遣い稼ぎや有意義なライフプランを立ててみませんか?