【お得な無料ハンドブック】公務員へ転職したいならまずはコレ!

【公務員の投資】暗号資産(仮想通貨)の始め方を解説します!

投資
スポンサーリンク

~2023年初売りセール開催中~

2023年、あけましておめでとうございます!

Amazonでは、~1/7(土)初売りセール開催中

生活用品や趣味用品などがお得に買えるチャンス!
この機会に、ショッピングを楽しみましょう!

アイテム
(※タップで
Amazonへ)
商品名参考価格セール価格
【キャンプ】
ソロキャン
4点セット
36,759円29,246円
(7,513円OFF)
【バイクカバー】
ノートパソコン
15.6インチ
101,817円71,273円
(30,544円OFF)
【Fireタブレット】
Fire HD 10
タブレット
(Amazon)
22,540円20,140円
(2,400円OFF)
【ヒーター】
グラファイト
ヒーター
(山善)
10,727円8,280円
(2,447円OFF)
【日用品】
カルビー
フルグラ
5,640円4,689円
(981円OFF)

公務員ですが、投資として暗号資産(仮想通貨)を始めたいです。

始め方を教えてください。

本記事は、暗号資産(仮想通貨)に興味のある方向けの記事です。

(※本記事の仮想通貨とは、暗号資産のことを指しています。)

~この記事は次のような方におすすめ~

  • 仮想通貨の始め方が知りたい!
  • 公務員の投資として、仮想通貨を考えている!
  • 仮想通貨のおすすめコインや取引所が知りたい!

公務員は原則、副業禁止とされるため、給与以外から収入を得ることができません。

そんな中、株やFXといった投資に挑戦する人もいますが、仮想通貨についてはよく知らない人も多いかもしれません。

本記事では、仮想通貨の始め方を紹介し、おすすめコインや取引所など、仮想通貨取引を始める基本的なことを紹介していきます。

公務員で副業ができないけど仮想通貨取引をしたい方や、仮想通貨初心者の方は、ぜひ本記事をご参考にいただくとよいかと思います。

(※本記事は、2021年1月6日現在の情報で作成しています。)

市役所入庁の辞令

仮想通貨ってなに?公務員は投資として可能なの?

仮想通貨とは、簡単に言うとデジタルな通貨の一種です。

インターネット上において、物やサービスの対価としての使用や、送金、円やドルといった法定通貨との交換などに利用できます。

これから、デジタルな世界になっていくことが予想される中で、仮想通貨の可能性は大きなものとも言われます。

代表的な仮想通貨にはビットコインがありますが、その他にもさまざまなコインが存在します。

ちなみに、ビットコイン以外をアルトコインといいます。

この仮想通貨で「稼ぐ」人が話題に上がることもありますが、副業ができない公務員は仮想通貨の売買で利益を得ることは可能なのでしょうか?

結論として、公務員でも仮想通貨の取引は可能と言えます。仮想通貨の売買は、副業ではなく投資ととらえることができます。

詳しくは下の記事で解説していますので、興味がある方はぜひご参考にいただくとよいかと思います。

仮想通貨の始め方は?

仮想通貨の始め方のステップは次のとおり!

  1. 仮想通貨取引所の口座開設
    ※投資したい仮想通貨が購入できる取引所を選ぶ。手数料も考慮すること!
  2. 日本円を口座に入金
  3. 仮想通貨の購入
    ⇒価格の変動を待つ!
  4. 仮想通貨の売却
    ⇒利益or損失
  5. (取引終了なら)日本円を口座から出金
    ※取引を続けるなら、再度売買する。

以上が仮想通貨投資の流れになります。

ここで、そもそも仮想通貨で利益が出る仕組みを簡単に説明します。

ビットコインなどの仮想通貨は、常に値動きをしています。

そのため、

  • 購入した仮想通貨の価値・価格が上がる!
    ⇒売却時に利益!
  • 購入した仮想通貨の価値・価格が下がる!
    ⇒売却時に損失!

ということになります。

ここで注意したいことが、

  • 仮想通貨の価値が下がることもあるため、損失となることがある!
  • 仮想通貨を購入するときの手数料・スプレッドがある!

という点です。

仮想通貨の価値は、大きく変動することもあるので、大きな損失を被る可能性もありますし、取引所によっては、手数料(スプレッド)により買っただけでけっこうマイナスとなる場合もあるので、よく注意して始めましょう!

また、仮想通貨を売買するときのポイントとして、手数料という面で考えるなら「販売所」ではなく「取引所」で売買することを覚えておきましょう!

仮想通貨のおすすめコインは?

先にも述べましたとおり、仮想通貨にはさまざまなコインが出ています。

世界的には数千種類のコインが作られているとされますが、日本で売買できるコインは限られます。

「一攫千金を狙おう」とする人は、安いマイナーなコインに多額を投資する人もいますが、あまりおすすめしません。

仮想通貨は変動が激しく、問題が起きたりすると、急落することもしばしばあります。また、セキュリティ面でも脆弱性を抱えているコインもあるのが現状です。

投資として売買していくなら、将来性があって、安心できるコインを購入することをおすすめします。

代表的な仮想通貨は次のものです。

  • ビットコイン(BTC)
    最もメジャーなコイン。公的な発行主体や管理者が存在しない非中央集権型の電子決済システムを実現したもの。参加者全員で管理する分散型の決済システムを構築している。
  • イーサリアム(ETH)
    時価総額がビットコインに次ぐ第二位のメジャーなコイン。分散型アプリケーションのプラットフォーム内で使用されるために開発されたもの。
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
    2017年にビットコインのハードフォークにより誕生した仮想通貨。ビットコインのスケーラビリティ問題を解消しようとしてつくられたもの。

他にもまだまだありますし、どれがおすすめとは一概には言えませんが、個人的には、ビットコインがメジャーで利用者も多く、安心感はあるかなと思います。

仮想通貨のおすすめ取引所は?

仮想通貨のおすすめ取引所も紹介していおきます。

いろんな取引所がありますが、安心感があるメジャーなところを選ぶのがよいでしょう。

おすすめする取引所は次の4つです。

仮想通貨投資として、資産を預ける会社になるので、破綻やトラブルのリスクがないことに越したことはありません。

運営している会社の規模が大きくて、利用者も多いメジャーな取引所を利用した方がよいでしょう。

個人的には、コインチェック(Coincheck)がもっともおすすめです!

コインチェックは取り扱い通貨数が多く、ビットコインなら取引所で手数料無料で買うことができます。

ビットコイン中心に仮想通貨を買いたい人は、コインチェックがおすすめですね!

▼コインチェックの詳細&口座開設はこちらから!

コインチェックに興味がある方は、下の記事で特徴や口座開設方法について詳しく解説していますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

コインチェック

まとめ

公務員の投資として可能な仮想通貨の始め方について紹介しました。

仮想通貨の価値・価格は、大きく変動することがあり、利益を得ることも損失を出すこともあります。

しかし、仮想通貨の可能性は大きいと思われますので、これから需要が上がっていくことは十分考えられるでしょう。

副業できない公務員であれば、お小遣い稼ぎや将来の資産形成として、投資は一つの手法となります。

大きく価値が上がるかもしれない仮想通貨は、魅力的な投資の一つかもしれませんね!

もちろんリスクもありますので、余剰資産の中での投資として始めるようにしていきましょう!

▼本記事おすすめのコインチェックの詳細&口座開設はこちらから!

▼おすすめの仮想通貨口座の紹介記事

~2023年初売りセール開催中~

2023年、あけましておめでとうございます!

Amazonでは、~1/7(土)初売りセール開催中

生活用品や趣味用品などがお得に買えるチャンス!
この機会に、ショッピングを楽しみましょう!

アイテム
(※タップで
Amazonへ)
商品名参考価格セール価格
【キャンプ】
ソロキャン
4点セット
36,759円29,246円
(7,513円OFF)
【バイクカバー】
ノートパソコン
15.6インチ
101,817円71,273円
(30,544円OFF)
【Fireタブレット】
Fire HD 10
タブレット
(Amazon)
22,540円20,140円
(2,400円OFF)
【ヒーター】
グラファイト
ヒーター
(山善)
10,727円8,280円
(2,447円OFF)
【日用品】
カルビー
フルグラ
5,640円4,689円
(981円OFF)
投資
スポンサーリンク
ラピをフォローする
すためそ(Study Method)