【お得な無料ハンドブック】公務員へ転職したいならまずはコレ!

【市役所の人事異動】決め方・ルートなど徹底解説!異動しない人もいる!?

公務員ライフ
スポンサーリンク

~本記事のテーマ~

  • 市役所の人事異動の決め方は?異動時期はいつ?
  • 市役所の異動ルートは?出世コースもあるの?
  • 市役所で異動しない人っているの?

市役所の人事異動について知りたいです。

どうやって決まるのでしょうか?

異動時期はいつですか?

市役所って、3年くらいで異動するって聞きました。

転勤しない人っているのでしょうか?

そんな疑問にお答えします!

市役所職員として勤めると、年に一回の大きなイベント「人事異動」があります。

人事異動では職場が変わるため、「同じ市役所なの?」というくらい仕事内容も職場環境も異なるでしょう。

そのため、市役所を目指す人や現職員の方は、人事異動に対する不安や期待などを持つ方も多いかと思います。

そこで本記事では、市役所の人事異動について詳しく紹介していきます。

ラピ
ラピ

僕が市役所に勤めた経験や、人事課係長・諸先輩方から聞いた話も含めて、人事異動を徹底解説します!

異動の決め方や異動先(ルート)についても紹介するので、ぜひご参考にしてください。

市役所入庁の辞令

市役所の人事異動の決め方を徹底解説!時期・異動先(ルート)

さっそくですが、市役所の人事異動について、決め方などのルール面を見ていきましょう!

人事異動の時期や頻度は?

市役所の人事異動は、毎年4月1日に一斉に行われます。

年度途中の異動は基本的にありませんが、次のような場合に人事異動の辞令が出される場合もあり。

  • 退職者が出た
  • 職員の休職やトラブルなどで欠員が出た

市役所職員の異動周期は、だいたい3年程度。

僕が勤めていた市役所では、早いと1年、長くて7年いたりする人もいました。

そのときの市役所の事情によって様々です。

特に若いうちは、いろいろな部署を経験して勉強する必要があるため、2~5年くらいではまず異動となるでしょう。

人事異動はどうやって決まる?

市役所の人事異動は、人事課が主体となり、次のような観点で異動する職員を決めていきます。

  • 職員の状況
    ⇒勤続年数、部署の滞在年数、異動希望など
  • 各部署の状況
    ⇒退職者、各部署の業務状況、新規事業の有無など

市役所の人事異動を決める時期は、だいたい前年度の秋頃から。

僕の勤めていた市役所では、部長・局長級の上位ポストから順に決めていき、係長・担当職員レベルは、年明けの1~2月頃に決定されていたようです。

その間、新規採用職員の内定状況なども考慮していきます。

部長・局長級の決定については、市長や副市長もしっかり関わるようです。

異動先・ルートは?

市役所の人事異動において、異動先は内示が出るまで分かりません。

ただ、「なんでこの部署なの!?」というような衝撃を受けることも多々あるでしょう。

  • 部をまたいで異動するパターン
    • 窓口業務⇒総務
    • 市民税⇒商工観光
    • 高齢介護⇒人事 などなど
  • 部内で異動するパターン
    • 財政⇒管財
    • 市民税⇒収納
    • 障がい福祉⇒介護 などなど

市役所職員の異動ルートは、人によってさまざま。

ただ、ずっと同じ部内で働くというよりは、一度は他部局を経験するように「異動ルート」が組まれるでしょう。

蓋を開けてみないと分からない人事異動ですが、突拍子のない異動先を告げられることもあるので、覚悟はしておくとよいですね。

ラピ
ラピ

市役所の場合は、引っ越しを伴うような転勤はほとんどありません。

その点は安心できますが、中には激務部署も・・・

定期的に異動はあるので、激務&天国を味わう可能性は覚悟しておきましょう。

~出世コースってあるの?~

市役所で出世したいという方は、「出世コース」は気になりますよね。

やはり、将来の管理職候補となる職員は、それなりのルートがあるようです。

とくに、「忙しい部署」、「管理業務を行う部署」、「難しい内容を取り扱う部署」に配属される職員は、出世コースと言ってもよいでしょう。

たとえば、次のような部署。

  • 財政課
  • 人事課
  • 秘書課 など

また、最近で言うと「コロナ対応」であったり、「新規事業」の業務に選抜される職員は、出世コースと考えて良いかと思います。

異動しない人もいるの?

市役所職員で、人事異動しない人はまずいません。

まれに、3年以上経っても声がかからず、7年、10年同じ部署に居続ける人もいます。

その理由として考えられるのが、

  • 行政を行う上で重要なポジションにいる
  • 大事な案件を抱えており、現状異動させられない
  • 問題のある職員で異動先が無い

などといったこと。

ただし、定年まで異動しないで一つの部署にいることはなく、どこかのタイミングで異動となるでしょう。

市役所はなぜ人事異動があるのか?

市役所職員になると避けられない人事異動。

しかし、「なぜ人事異動があるの?」と疑問を持つ方は多いでしょう。

その理由は次のとおり!

  • 業務上の癒着を防ぐため
  • さまざまな部署を経験するため
  • 新しいメンバーで業務改善するため

詳しく見ていきましょう。

業務上の癒着を防ぐため

市役所職員の仕事は、住民や法人等の団体と関わります。

同じ担当者・管理職が長年勤めていると、「癒着」や「しがらみ」が生じることも。

公正・公平が原則ですので、特定の人や企業などと親密になり過ぎるのも問題となります。

不正が起きないよう、定期的に異動することが必要です。

さまざまな部署を経験するため

市役所職員は、人事異動でさまざまな仕事に携わることで、視野を広げることができます。

その結果、スキルアップとなり、より住民のための仕事ができるようになるでしょう。

前の職場の良いところを取り入れたりして、業務改善にもつながります。

新しいメンバーで業務改善するため

先にも述べましたが、人事異動により、市役所業務の改善にもつながります。

民間でもそうですが、同じ仕事ばかり続けていると、「まんねり」となって業務改善が起きにくくなります。

より良い仕事をするため、「新しい風」を取り入れることは重要です。

【市役所の人事異動】よくあるQ&A!

市役所の人事異動について、よくある質問をまとめます!

異動の内示っていつ出る?

市役所の人事異動は、基本的に4月1日です。

そのため、内示は異動の1~2週間前「3月中旬から下旬」のことが多いでしょう。
(※都道府県庁なら1か月前とかもあります。)

内示の時期は自治体によりますが、僕が勤めていた市役所は、1週間を切ったくらいが通例でした。

ラピ
ラピ

外部機関等への出向の場合など、事情によっては、早めに耳に入る場合もあるでしょう。

年度末&年度始は、業務の引き継ぎでかなりのバタバタ具合。

「異動の内示、遅すぎだろ・・・」と多くの職員が感じるでしょう。

ただ、人事異動を早く伝えすぎると、対象の職員のやる気が下がります。

実際に僕の勤めた市役所でもいましたが、人事異動の内示を見た職員が、早々とデスクまわりの整理をし始めて、現在の業務を進めなくなる姿も見かけました。

1年で異動することはある?

結論から言うと、市役所は1年で異動することはあります。

僕が勤めていた市役所でも、1年で異動した人はいました。

その理由として挙げられるのは以下のとおり。

  • 仕事でトラブルを起こした
  • 職場の同僚や上司とトラブルがあった
  • 他部署の欠員補充のため(退職・産休など)
  • 新規事業などの重要な仕事のため引き抜かれた

良い面or悪い面含めて、さまざまな理由は考えられるでしょう。

通常は3年程度のサイクルで行われる人事異動のため、1年での異動はあまりありません。

何かしら、緊急の事情がある場合に、1年での異動となることが多いでしょう。

異動したい場合はどうしたらいい?

市役所に勤める上で、さまざまな事情で「異動したい」と考える方は多いでしょう。

もし、状況が深刻で、「人事異動しないと仕事が続けられない・・・」という場合なら、すべきことは以下のとおり。

  • 異動希望を出す
  • 上司や人事課、職員組合に相談する
  • どうしてもの時は休暇などの対応も検討する

仕事で悩みを抱えながら働いているようなら、早めに行動するとよいでしょう。

「うつ病」などの病気になると、症状を改善するのに時間がかかってしまいます。

人事異動は辛い?

市役所の人事異動は、良い面も悪い面もあります。

  • メリット
    • 気分転換になる
    • 新しい仕事が覚えられ、スキルアップのチャンスになる
    • 新しい仲間ができる
    • 行きたかった部署に行ける可能性がある
    • 行き詰まっていた仕事から解放される
  • デメリット
    • 新しい仕事を覚えないといけない
    • 新しい環境・人間関係に慣れないといけない
    • 行きたくない部署に行くかもしれない
    • 激務部署に配属になる可能性も

基本的に、人事異動は3年程度のサイクル。

そのため、「異動ばかりで辛い・・・」と感じる人もいるでしょう。

ラピ
ラピ

僕が勤めていた市役所の先輩が言っていたことですが、

「人事異動は、会社を転職するようなもの」

のようです。

異動により、仕事も職場環境も大きく変わります。

人事異動は、メリットもデメリットもあります。

どの部署に行くかは運だのみなところはありますが、市役所職員として勤める以上、異動は覚悟しておきましょう。

人事異動は拒否できる?

結論を言うと、市役所の人事異動は拒否できません。

個人的な理由で、人事異動を拒否する職員が出てくると、業務がまわりませんね。

ルール的な面で言うと、地方公務員法第32条で「法令等及び上司の職務上の命令に従う義務」というのがあります。
≫e-GOV「地方公務員法」

公務員として働くからには、指示命令に従わないといけません。

ラピ
ラピ

ただし、家庭の事情(介護・育児等)、パワハラなどのやむを得ない理由があれば、考慮される可能性はあります。

どうしてものときは、人事課に相談するのはありでしょう。

まとめ

市役所の人事異動の時期は4月1日。

内示は3月中旬から下旬にかけて行われますが、職員は3年程度のサイクルで異動となる場合が多いでしょう。

人事異動の決め方は、人事課が主体となり、部署・職員の状況を考慮して決定。

中には、さまざまな事情で「異動しない人」もいますが、定年まで同じ部署ということはありません。

異動先は内示があるまで分かりませんが、将来的なことも考慮され、異動ルートは組まれていくでしょう。

▼【簡単!】公務員試験の全体像を知る方法!

公務員試験を目指すなら、まずは試験の全体像を把握することから!
予備校クレアールの資料請求(無料)では、講座の宣伝だけでなく、試験情報・対策方法などの情報が満載です。
公務員試験の全体像がすぐに分かるので、スタートでライバルたちに差をつけられます!

▼クレアール資料請求で試験情報をチェックする!

ラピ
ラピ

予備校の資料請求って、「その後の勧誘がひどいんじゃない?」といった心配もありますが、クレアールはそういったことはなかったですね。
安心して、お得な資料をゲットしておくと良いかと思います。

※クレアールは、資料請求で受講料に使えるクーポンももらえることがあるので、もらっておいて損はないでしょう!