【基礎から学ぶ!】公務員試験の論文の書き方を徹底解説!

公務員試験対策
スポンサーリンク

公務員試験を受けようと思っているけど、論文の書き方が分かりません。教えてください。

ラピ
ラピ

では、論文の書き方を紹介していきますね!
論文試験の書き方には基本的な定型があります。それを学んで実践練習していけば大丈夫ですよ。

本記事では、公務員試験対策の中で、論文の書き方について解説していきます。論文対策では、まず基本的な書き方をマスターしておくことが重要です。自己流の書き方では点数を伸ばしづらくなりますので、この記事でしっかり身につけてください。

~この記事で分かること~◎公務員試験の論文の書き方
◎論文の構成の作り方

公務員試験の論文の書き方とは?

勉強に取り組む様子の男の子

論文には書き方があります。テーマを見ていきなり文章を書き始めてはいけません。

まずは、全体をどうやって書いていくかという「論文の構成」を作ることが大切です。構成を作ることで、全体の流れやつながりができ、説得力が増します。
さらに、論文の構成により書く時間が短縮できるはずです。論文を書いていて、次に何を書くかが見えていますので、あとはあなたの文章力でまとめていくだけになります。

では、具体的にどのような『書き方』をすれば良いでしょうか。論文は、次の要素から成り立っています。

➀背景・問題提起
序論部分。本論へつなげる役割なので、ここで文字数を使いすぎると主張の薄っぺらい論文になります。全体の文字数の3割までを目安にしましょう。
➁解決案(主張)
本論部分。論文の構成の中で、一番重要な部分です。解決案の方向性、方向性の根拠、具体的な解決案を書きます。文字数は、③と合わせて全体の6割程度使います。
③理由・根拠
本論部分。理由・根拠で主張の論理性が決まります。文字数は、➁と合わせて全体の6割程度使います。
④まとめ
まとめはシンプルに書けばよいです。意気込みも入れて。文字数は1割あれば十分です。

このように論文には『書き方』がありますので、基本的なところをマスターしていけば、テーマに合わせて、当てはめていくだけになりますので、どんなテーマが出ても対応できます。

まずは『書き方』をしっかり押さえていきましょう!

では、実際の例題に伴って論文の書き方を解説していきます。答案例を作りながら解説をしていきますが、分かりやすいようにシンプルに書いていますので、実際に書くときには出題の文字数に合わせて、アレンジして書きましょう。

取り上げるテーマは『少子化対策について』です。これは、僕が実際に市役所を受けたときに出たテーマです。

公務員試験の論文の書き方➀:背景・問題提起

先にも述べましたとおり、論文の初めは、背景・問題提起からです。

しかし、論文を書き始めるときに、「どうやって書いていこう?」と、ペンが止まってしまうってことありませんか?

論文の書き始めは、書くテーマの「定義」を書けばよいです。まずは、定義づけをして文章を始めていきましょう。

こんな感じです。

定義
少子化とは、出生率が低下して、子どもの数が減る現象である。日本では女性が生涯に産む子供の数は2人を割り、少子化が進行している。

定義づけをしたら、背景・問題点を書いていきます。問題となっている要因やそれによる問題点を説明します。少子化といっても、何が問題になるのかを明確にすることで、「解決しなければならない⇒解決案を出す」という流れができるのです。

では、背景と問題点です。

背景
少子化の背景には、女性の社会進出により、出産して子供を持つことは負担となり、経済活動に制限を加えられることがある。現代社会では、職業についてお金を稼ぐことや社会的信頼を得ることへの価値観が上がっていることから、子どもをもつことが女性へのリスクとなっている。
問題点
少子化により、さまざまな弊害が考えられる。例えば、労働力不足になる、社会保障の負担が増えるといったことが挙げられる。

以上のように、問題提起までがしっかりできていると、問題解決への提案である本論へつながり論理的な論文になってきます。

公務員試験の論文の書き方➁:解決案(主張)

ここからが、論文の軸となる部分で重要なところです。自分の意見を書くところになります。

解決案に入る場合には、まず解決策の方向性を示しましょう。方向性を示したら、その根拠です。説得力が増したら、具体的な解決案を出していきます。次の感じになります。

解決策の方向性
少子化を食い止めるためには、女性が被る負担をできる限り少なくすることが必要であると考える。
方向性の根拠
これは、少子化はもっぱら女性の問題と見るのではなく、子供を持ちたくても持てないという社会制度や行政が順応できていないという状況であるからだ。
具体的な解決案
具体的な解決策として、例えば、企業が出産休暇・育児休暇が簡単に取れるようにし、復帰後のポストを保証する。さらには、育児中のフレックスタイムの導入も大切である。こういった出産への支援が手厚い企業に対して、公共事業を優先的に与えるなど、優遇措置を取れば効果的になるだろう。

文章の流れがつながってきていますね。あとは、持論の締めとなる理由・根拠です。

公務員試験の論文の書き方③:理由・根拠

解決案(主張)から、より論理的な主張にするために、理由・根拠を説明して、持論を締めていきましょう。

理由・根拠
今までの社会制度や行政が行ってきた対策として、出産後の収入の補助などが行われてきた。しかし、実際に求められているのは働きながら子育てできる環境なのである。社会のニーズをきちんと捉え、対策を取ることが重要なのである。

理由・根拠として、失敗例を挙げたり、自治体での成功例を取り上げたりするのもありですね。ここでは、女性への対策だけ取り上げていますが、「男性の育児休暇を考える必要がある」という論点も大切ですね。

公務員試験の論文の書き方④:まとめ

論文の書き方で大切なこととして、最後はまとめをしましょう。

まとめでは、論文の全体的な話をまとめつつ、自分が行政の職員として、どのように取り組んでいくかをアピールすると良いでしょう。

例えば、こんな感じです。

まとめ
少子化への方策は、子供を持つことへの女性の負担を減らしていくことであると考えるため、今後は自分自身が率先して女性のリスクとならないように行動していきたい。また、少子化対策への社会のニーズを正確に捉えるため、市民の声をよく聞いて、市民目線で業務に取り組んでいきたい。

どうでしょうか。まとめのポイントととして、「市民目線で取り組んでいく」というような文章を入れましたが、行政職員にはとても大事な視点ですので、こういう考え方をしていることをアピールするのは良いと思います。

このような締めの一言は、共通して一つ持っておくと、どのようなテーマにでも応用できますので、準備しておきましょう。

まとめ

なかなか難しい内容ではあったと思いますが、ポイントをまとめましょう。

☑論文の書き方の基本を押さえる。
➀背景・問題点
定義づけするところから入っていき、取り上げる問題の背景と、何が問題なのかを明らかにする。
➁解決案(主張)
解決策の方向性、方向性の根拠、具体的な解決案の流れで書くと良い。
③理由・根拠
解決案をより論理的に主張するために説明する。
④まとめ
論文のまとめを簡単にし、自分自身が行政職員として、テーマに対してどう取り組んでいきたいかアピールする。
☑行政職員の大事な視点である「市民目線」などを締めの文章に取り入れるとアピールになる。

何事も基本が大切です。基本を学んだうえで、実践練習に入っていきましょう!

具体的にどのようなテーマが出題されるかについては、別記事でも書いていますので、あわせてお読みいただくと良いと思います。

あと、公務員試験の論文対策には、参考書は必須かと思います。頻出テーマをチェックしながら、テーマの理解や書き方のポイントが学習できるおすすめの参考書を、下に紹介しておきますので、よかったら参考にしてください。これ一冊をマスターしておけば、かなり力はつくと思いますので、これから論文対策をするという方には、ぜひおすすめの本です。