【お得な無料ハンドブック】公務員へ転職したいならまずはコレ!

【地方上級・市役所】教養試験対策におすすめの参考書&問題集を徹底解説!

公務員試験対策
スポンサーリンク

~本記事で解決する悩み~

  • 県庁(地方上級)や市役所の教養試験を突破するために、どの参考書&問題集がおすすめなの?

市役所を目指していますが、教養試験対策におすすめの参考書はありますか?

そんな疑問にお答えします!

地方上級・市役所の教養試験を突破するなら参考書や問題集選びは大切!

とくに独学で突破しようとお考えの方は、合格した人がおすすめする教材(=実績のある教材)を選ぶようにするとよいです。

本記事では、民間⇒市役所への転職を成功した経験のある僕が、教養試験を突破するためにおすすめの参考書&問題集を紹介します。

僕が市役所への転職の際に使ったものや、知人の某県庁職員、町役場職員の意見も参考にさせてもらいながら、本当に使える参考書&問題集紹介しますので、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

【地方上級・市役所】教養試験対策への参考書&問題集の選び方は?

女性が目標に向かって意気込む様子のイラスト

まず、地方上級・市役所の教養試験の対策には、次の3つのステップが大切です。

  1. 試験傾向など情報を調べ、勉強スケジュールを立てる。
  2. 優先順位をつけて、分野ごとの勉強をする。
  3. 実践問題演習する。

予備校などに通わず「独学」で市役所の試験対策をしていく場合は、参考書や問題集などで試験情報を集めて、対策していかなければなりません。

また、公務員試験対策のプロである予備校に通うライバルたちに勝つためには、よい教材で効率的な学習が必要不可欠です!

繰り返しになりますが、参考書や問題集を選ぶ際には、合格者の体験を聞いておすすめのものを選んでいくのが一番です。

身近にそういった参考にできそうな人がいないなら、本記事の参考書&問題集は、受験生で使っている人も多いものばかりですので参考にいただけるかと思います。

では、上記3つのステップに沿って、ベストの参考書&問題集を紹介していきます。

地方上級・市役所の試験情報を調べるには?

まず、地方上級・市役所の教養試験を突破するための第1ステップである「試験情報」を調べるには、受験ジャーナルシリーズがおすすめです。

試験データや試験傾向、勉強スケジュールの立て方、試験対策(予想問題など)といった公務員試験対策を行っていく上での情報は一通り得ることができます。

この受験ジャーナルの使い方は、試験対策としてはサブの位置づけで使います。

メインの参考書&問題集は別で持っておき、

  • 上記のような情報収集
  • 試験対策用コーナーの予想問題などで自分の実力試しに利用

といった使い方をするとよいです。

試験対策に関しての情報は、教養試験だけでなく、専門、論文、集団、面接試験の情報もありますので、とても便利な参考書になります。

安い本ではないですが、独学ならひととおり揃えることをおすすめします。
※令和3年度受験の方には、3年度バージョンが順次出ていきます。

created by Rinker
実務教育出版
¥1,540 (2021/10/26 23:03:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,540 (2021/10/26 23:03:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
実務教育出版
¥1,430 (2021/10/26 23:03:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,540 (2021/10/26 23:03:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,870 (2021/10/26 23:03:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,540 (2021/10/26 23:04:00時点 Amazon調べ-詳細)

【教養試験】おすすめの問題集・参考書は?

勉強に取り組む様子の男の子

長期的な勉強スケジュールを立てたら、ひたすら学習を進めることになります。

しかし、教養・専門試験科目はかなりの科目数となるため、だらだらと高校の教科書を読んだりして、片っ端から勉強するようなスタイルを取るのはNGです!

勉強する範囲はめちゃくちゃ広いので、どれだけ時間があっても足りなくなります。

要点を絞った参考書&問題集を使うようにしましょう!

とくに過去問に沿った学習ができる「スーパー過去問ゼミシリーズ(スー過去)」(⇒公務員試験対策の王道教材!)を中心に使っていくことがよいかと思いますが、科目によっては他にもおすすめの教材があります。

僕だけでなく、公務員試験に合格した経験のある知人の意見も参考にしながら紹介していますので、ご参考にいただくとよいかと思います!

~教養試験科目のおすすめ参考書・問題集~

  • 文章理解
    ⇒スー過去
  • 数的処理
    ⇒畑中敦子シリーズ「ワニ本」
  • 社会科学
    ⇒専門試験科目を勉強している場合は、特段で対策は不要!
    ※ただし、専門で社会科学の科目の勉強が終わってから、スー過去「社会科学」でガンガン演習していくという流れだとベスト!
  • 人文科学
    ⇒スー過去
  • 自然科学
    ⇒スー過去
  • 時事
    ⇒速攻の時事

文章理解・資料解釈:新スーパー過去問ゼミ

公務員試験受験生で使っている人は多いのではないでしょうか。

スーパー過去問ゼミ(スー過去)の特徴が次のとおりです。

  • 目指す試験の出題傾向が簡単に分かる!
    ⇒どこを重点的に取り組めばよいか一目瞭然!
  • 過去問の数が多いため、実戦的に幅広く対策できる。
    ⇒繰り返し解いて、一冊マスターする!

この参考書は、過去問をもとに学習していけるため、実戦的な力がついていきます。

公務員試験受験生の王道問題集です!

基本的には、スー過去を科目ごとにそろえておけばよいのですが、個人的には科目によってスー過去以外をオススメするものもあります。

~チェック~

現在は「スー過去6」というバージョンですが、2020年9月から順次改訂されてきました。

旧版の「スー過去5」をお下がりで持っている人もいるかと思いますが、新版に買い替えた方がよい科目もあります。

「旧版と新版、どっちを使ったらいいの?」とお困りの方は、下の記事をご参考にください。

スー過去は、3年に一回新版が出る傾向です。
(※前回は2020年度に改訂)

年度途中に新版が出る年もありますので、旧版⇔新版のどちらを使うか作戦を立てておきましょう!

数的処理:畑中敦子シリーズ

数的処理(数的推理、判断推理、資料解釈)の対策なら畑中敦子シリーズ「ワニ本」がおすすめです。

僕だけでなく公務員試験を突破した知人の中には、ワニ本を使用して絶賛している人もいます。

この参考書の特徴は次のとおりです。

  • 問題演習の量と解説の量が多い!
  • とにかく細かく親切な解説で、根本的な理解におすすめ!

数的推理、判断推理、資料解釈は、とても「重要」かつ「つまずきやすい」分野です。

とくに苦手意識がある方は、各科目、一冊ずつ持っておき、繰り返し学習しておくようにしましょう!

▼数的推理

▼判断推理

▼資料解釈

上に載せたものは問題演習もありますが、やや参考書色が強いので、問題演習をがっつりやりたいときは、あわせて「ザ・ベストプラス」版をやるといいです。

▼数的推理

created by Rinker
¥3,465 (2021/10/26 23:04:00時点 Amazon調べ-詳細)

▼判断推理

created by Rinker
¥2,780 (2021/10/26 23:04:01時点 Amazon調べ-詳細)

▼資料解釈

created by Rinker
¥2,180 (2021/10/26 23:04:02時点 Amazon調べ-詳細)

「数的処理が苦手」という方は、畑中敦子の天下無敵シリーズを先に取り組むとよいでしょう!

初級公務員試験を目指す方向けのものになりますが、これをマスターするだけでもけっこう力がつきます。

~ワンポイント~

畑中敦子シリーズを3周程度繰り返しやって、もし時間があまるようなら、スー過去にも取り組んでおくとよいかもです。

数的処理は、たくさんの問題を解くほど慣れていき、得点しやすくなります。

僕は、市役所レベルの問題になりますが、試験当日は全問解くことができました。

配点も大きいところですので、得意にしておくと心強いでしょう!

▼数的推理

▼判断推理

▼資料解釈(文章理解)

社会科学:スー過去

created by Rinker
実務教育出版
¥1,980 (2021/10/27 09:36:37時点 Amazon調べ-詳細)

社会科学とは、法律・政治・経済・社会の科目になります。

専門試験科目を勉強している場合は、特段で対策は不要です。

ただし、専門試験で社会科学の科目の勉強が終わってから、スー過去「社会科学」でガンガン演習していくという流れだとベストになります。

専門試験がない区分を受験する方は、初めからスー過去「社会科学」に取り組んでいきましょう!

人文科学:スー過去

created by Rinker
実務教育出版
¥1,980 (2021/10/27 06:49:37時点 Amazon調べ-詳細)

人文科学はスー過去のみでOKです。

試験配点を意識しながら、捨て科目を作っていってもよいところです。

自然科学:スー過去

created by Rinker
実務教育出版
¥1,980 (2021/10/27 06:49:38時点 Amazon調べ-詳細)

自然科学はスー過去のみでOKです。

試験配点を意識しながら、捨て科目を作っていってもよいところです。

時事:速攻の時事

時事対策は、教養・専門・論文・面接試験につながりますので、力を入れておく科目になります。

時事対策なら速攻の時事がおすすめ!

速攻の時事シリーズは、多くの受験生が使うのではないかなと思いますが、例年、試験がある前年度2月頃に最新版が発刊されます。

試験直前期になりますが、時事は最新情報を勉強していくことが重要ですので、2月に出たらすぐ購入して一気に詰め込むパターンがオススメです。

下に紹介の2冊は、「覚える系」「解く系」で分かれているので、2冊とも揃えておくことをおすすめします。

▼速攻の時事

created by Rinker
¥1,100 (2021/10/16 22:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

▼速攻の時事(トレーニング編)

質の高い学習を目指すならLECの問題書もあり!

LECの資料

LECは、公務員試験での上位合格者を多数輩出する「質の高い」学習が可能な予備校です。

そのLECの問題集をオンラインショップで購入することができるため、全科目一式そろえるのもありかと思います。

LECの「過去問解きまくり!」シリーズは質の高い過去問集としてオススメです!
(※地方上級・国家一般レベルの問題集になりますので、県庁などを併願する可能性があるなら、ぜひおすすめとなります。)

上に紹介した「スー過去(&畑中シリーズ)」を使うか「解きまくり!」を使うかのどちらかになります。

やってて問題演習が足りないと思う科目は、もう一方を買い足して取り組む感じでOKです。

~過去問解きまくり!シリーズの特徴~
(※2021年4月6日に更新)

  • 最新!「2020年の過去問」を収録!
  • LECだからできる!入手困難な地方上級再現問題も収録!
  • 充実の問題数!
  • 「必修問題」と「実践問題」で、段階ごとに問題に挑戦できる!
    ⇒無理なくステップアップ。
  • 効果的な学習を可能にするコンテンツ!
    ⇒志望先の出題傾向分析・インプット(講義ページ)・直前復習など、メリハリをつけて学習できるようになっている。

LEC「過去問解きまくり!」の購入はこちらから!
(※上記リンクは数的推理・資料解釈になりますが、解きまくりシリーズは全科目ありますので、あわせてそろえるとよいでしょう!)

【最後の仕上げ!】実践問題演習におすすめの問題集は過去問500!

各科目の基礎力をつけたら、最後は市役所の教養試験を突破するために、「実践問題演習」は欠かせません!

おすすめは、以下の問題集です。

過去問500シリーズ

過去問500シリーズを使っている人は多いと思いますが、今までに公務員試験で実際に出た過去問を集めたものです。

様々な自治体の古いものから新しいものまで、かなりの量の過去問が掲載されています。

試験傾向を把握できますし、これを繰り返し解けば、公務員試験で戦える力がつくでしょう!

市役所A日程までなら「地方上級」版でいいですが、B日程以下なら「市役所」版もあります。

僕は、「地方上級」版で統一して勉強しましたが、目指す試験によって分けて利用してもいいですね。

▼地方上級版

▼市役所版

最新最強の地方公務員問題 上級

アマゾンHPより引用
”https://www.amazon.co.jp/”

この本は、各分野の要点をおさらいしたい場合に使うとよいです。

最初にざっと一冊終わらせて基礎的な知識をつけるか、最後の総おさらい(復習)に使うかがおすすめですが、ガッツリ取り組んでしまうとそれなりに時間を使ってしまいます。

この参考書は、時間に余裕があって必要ならやればよいです。

上で紹介した参考書&問題集を徹底して取り組むことを優先で!

この本の構成は、次のとおりとなっています。

  • 分野ごとのポイントのまとめ。
    ⇒各分野のおさらいができる。
  • 練習問題
    ⇒力試しができる。解説付きなので、より理解を深められる。

赤シート付きになっていて、「ポイントのまとめ」で重要語句をチェックしてから、問題演習という感じで使います。

ポイントを絞って総おさらいができるため、短時間でまんべんなく力をつけていくためにはおすすめです。

たとえば、おさらいで利用する場合、時間がなければ「過去問500」で過去問演習を繰り返すだけでも十分だと思います。

オススメの参考書にはなりますが、無理してこの本に取り組む必要はないかと思います。

created by Rinker
¥1,650 (2021/10/27 11:59:54時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

市役所の教養試験を突破するための参考書&問題集を厳選して紹介しました。

いろんなサイトで様々なものが紹介されていますが、結局何を買えばいいのか分からなくなってしまうと思います。

本記事では、実際に使った経験をもとに、本当におすすめできるものだけをピックアップして紹介しているので、参考にしてもらえたらと思います。

これから市役所の試験対策で大変だと思いますが、コツコツ努力すれば、必ずいい結果が得られるかと思います。

諦めずにがんばっていってください!

応援しています!!

~社会人で公務員を目指す方がまずやるべきこと~

社会人が公務員を目指すときに、まずやるべき大切なことって分かりますか?

公務員になりたいと思うなら、まずは公務員試験についての「情報収集」が大切です。

なぜ、情報収集が大切か?

それは、戦う相手の情報なしに勝ち目はない(=公務員試験に合格できない)からです!

あなたが何を目指し、どういう試験があり、どうやって戦っていくか・・・野球でもサッカーでもバレーでも、勝負ごとで勝つためには「情報」が大切なんですね。

「でも、どうやって情報を集めたらいいの?」と思う方もいると思います。

一つ一つ調べていくとめちゃくちゃ大変ですし、よく分からなくなります。

そんなときにおすすめなのが、「社会人のための公務員転職ハンドブック」です。

大手予備校クレアールが発刊しているハンドブックで、これ一冊あれば、公務員試験の全体像がつかめちゃいます!

資料請求により無料で手に入れることができるハンドブックなので、公務員試験合格への第一歩を踏み出したいなら、速攻で手に入れておくことをおすすめします。

無料なので、正直もらわない理由がないですし、持っていないと損ですね。

下の記事でも詳しく解説しています。

 

~公務員試験対策のおすすめ記事~

  • 予備校選びについて
  • 教養試験対策について
  • 教養対策⇒おすすめ参考書&問題集
  • 論文試験対策について
  • 面接対策について
  • 集団面接対策について
  • 集団討論対策について