【公務員試験対策】面接は志望動機が大切?志望動機の作り方を解説します!

公務員試験対策
スポンサーリンク

公務員試験の面接で、志望動機ってどうやって考えたらいいですか?

そんな疑問にお答えします。

本記事は、公務員を目指す方向けの記事です。

~この記事は次のような方におすすめ~

  • 公務員試験の面接で、志望動機をどうやって考えたらよいか分からない。
  • 公務員の面接対策をしている。

面接でよく聞かれる質問の一つに志望動機があると思いますが、あたり障りのないこと言っておけばよいと思ってはないでしょうか?

じつは志望動機ってとても大切なものです。

本記事では、公務員試験面接の志望動機について、考え方や作り方を解説していきたいと思います。

面接試験は一発勝負ですし、短い時間の中で合格を勝ち取る必要があります。

自分をアピールするためにも、志望動機で差をつけていきましょう!

本記事をお読みいただくことで、解決する内容は次のとおり!

  • 公務員試験における志望動機の重要性がわかる。
  • 面接の志望動機の考え方と作り方がわかる。

面接試験の基本的なマナーや対策について不安という方は、下の記事で詳しく解説していますので、あわせてご参考にいただくとよいかと思います。

公務員試験の面接は志望動機で決まる?

スピーチする男性のイラスト

先に述べましたように、志望動機はとても大切ですが、当然、志望動機だけで面接を突破できるわけではありません!

ですが、かなり重要なものになるので、しっかり準備しておくことで面接を突破する確率を上げることができます。

なぜかというと、理由は2つあります。

  • 志望動機は、ほぼ確実に聞かれ、一番対策が練りやすい。
    ⇒論理的に話すアピールと、仕事への熱意のアピールがしやすい。
  • 志望動機は面接の中でも早い段階で聞かれる。
    ⇒面接全体の流れ(雰囲気)が決まる!

これらの理由があるため、面接の冒頭で聞かれる志望動機で微妙な回答をしてしまっては、面接官からの第一印象が悪いものになりますし、自分自身の気分も「ちょー最悪」なものになりますね。

その後の受け答えに影響が出かねません。

「志望動機を制すものは面接を制す」というのは言い過ぎかもしれませんが、かなり重要なものだと思って対策しましょう!

僕が市役所面接を受けたときの志望動機は失敗しました!

男性が悩む様子のアイキャッチ画像

僕の市役所の面接でも、実際にいきなり志望動機を聞かれましたが、恥ずかしながら失敗しました!

肝心な志望動機の対策がやり切れておらず、面接直前まで志望動機を聞かれたらどう話そうか迷っていました。藁にもすがる思いで、志望動機を聞かれませんように・・・と願いましたが、案の定、聞かれました。

当然ですよね(笑)

志望動機はかなり詰まって答えてしまい、何とか話しきるという具合でした。

志望動機を話し終えたとき、「あー終わったわ・・・」と落ち込みましたが、「でもやるだけのことはやろう!」となんとか切り替えて、その後はほぼシミュレーション通りにできたおかげで合格を勝ち取ることができました。

ここで言えることは、志望動機のように、

●ほぼ確実に聞かれる

●早い段階で聞かれる

というものは、完ぺきに対策しておくべきです。

先にも述べましたが、面接の早い段階で聞かれることにうまく答えられないと、面接の”流れ”が悪くなりますし、「なんで対策しておかなかったんだー」と確実に後悔します。

公務員試験対策は、やることがかなり多いので、こういった基本的な志望動機の対策も後回しになりがちですが、やっぱり基本をしっかり積み上げておくことは大切です。

この記事で、志望動機の大切さを身にしみて感じていただき、きちんと対策して臨みましょう!

公務員試験の面接における志望動機のNG回答は?

あなたが公務員を目指す理由はなんですか?

正直なところ、

  • 給与面で安定している
  • 首にならない
  • プライベートが充実

などという理由を持つ方も少なくないと思います。

自分の人生に関わる就職ですから、そういった理由を持つことは決して悪いことではないですが、公務員試験の面接の回答や履歴書の内容で触れてしまってはNGです!

公務員は安定的なイメージがあり、「仕事も楽」と思われがちですが、ミスが許されない仕事、淡々と繰り返す膨大な事務作業であったり、とくに市役所なんかでは市民との関わりが多いですが、職員に対して強く当たる人やクレーマーなんかもいます。

そんな大変な仕事の中、公務員としてどのように頑張ってくれるか、やる気を持って入ってきてくれるかを見られますので、安定性・プライベートが充実といったことを志望動機にすることは、決してプラスになることはなく不利になると思いましょう。

公務員試験の面接における志望動機の考え方について

様々な公務員をイメージしたイラスト

では、公務員試験の面接において、志望動機はどのように考えたらよいでしょうか。

志望動機の考え方は、次の2点を押さえておきましょう。

  • 公務員と民間企業の役割の違い
  • 志望する場所でできること(どんな仕事があるか)

これらを意識しながら、自分の経験や強みから貢献できることを、やる気とともにアピールします。

自己アピールする男性の様子のイラスト

基本的に、提出している履歴書などの情報をもとに面接は進められますので、それに沿った話をしていきます。そのため、履歴書は選考を受ける中で早い段階で出すことになると思いますが、しっかり内容を練って提出するようにしなけれなりません。

そして、面接では時間も限られていますので、要点を簡潔に答えることを意識しましょう。

要点を伝えやすい話し方は次のとおり。

  1. まず、志望動機を簡潔に述べる。【結論】
  2. 公務員を目指した理由について、あなたの経験や考え方から述べる。【理由】
  3. その公務員(自治体)でやりたいこと、貢献できることを具体的に述べる。【具体例】

だらだらと長く話せばいいってものでもないので、基本的に面接は1つの質問に対して、長くても1分程度の回答にするようにしましょう。

公務員試験の面接で話す志望動機の参考例を紹介!

では具体的に、公務員試験の面接で話す志望動機の作り方を紹介します。

先に述べました「公務員と民間企業の役割の違い」という観点から志望動機を作ると、次のような感じになります。

~公務員試験の面接~

▼志望動機例➀

「私は、〇○の経験(考え方)から公務員の仕事に興味を持ち志望しました。公務員には△△の役割があると思います。私には、●●という強みがあるため、公務員という立場でその経験を活かすことができると考えます。公務員になったら、積極的に業務に取り組みつつ、経験を活かすことで貢献していきたいと考えています。」

自分なりに肉付けしてアレンジしてみてください。

また、「志望する場所でできること」の観点から志望動機を作ると、次のような感じになります。

~公務員試験の面接~

▼志望動機例➁

「私は、○○市の●●という施策に興味があり志望しています。●●は、現在の社会情勢からとても大切なことだと思います。自分の△△の経験から、《自分の強み》を活かして●●に貢献したい(関わっていきたい)と思っています。」

上記の志望動機例はとてもシンプルに作りましたが、自分の経験、強み、性格などを、公務員や志望する場所に合わせて活かしていく、貢献していくことを論理的に話していくよいでしょう。

志望動機をクリアしたら全体の回答に一貫性を持たせよう!

スピーチをする様子のアイキャッチ画像

公務員試験の面接で注意することは、志望動機含めて、面接全体で一貫性を持たせるようにしましょう!

悪い例で言うと、冒頭の志望動機で「行動力」をアピールしていたのに、別の質問で、「行政ではじっくりと間違いのない行動をすることが大切だ」などと話したら、この人の強みが強みじゃなくなってしまいますよね。

公務員試験の面接対策で、志望動機だけでなく、様々なパターンの質問に対する答えを作るとは思いますが、主張が一貫しているかをチェックしておきましょう!

公務員面接で聞かれる質問のパターンについては、下の記事で解説していますので、あわせてご参考にいただくとよいかと思います。

▼社会人採用を狙う方はこちらです。

公務員試験の面接対策におすすめの本を紹介!

公務員試験の面接対策は、参考書があるととても便利です。

面接では、自分でよいと思ってやっていたことでも、面接の評価ポイントとずれてしまうと悪い評価につながることもあります。

予備校に行って面接指導を受けないのであれば、参考書を使って、基本を押さえた対策をしていきましょう。

僕が使っていた参考書としては、受験ジャーナルシリーズがあります。

雑誌形式の参考書ですが、受験情報などはもちろん、筆記、面接試験対策についても特集されています。

僕はこの受験ジャーナルシリーズをほぼ全巻購入して利用していました。公務員目指すならおすすめの本です。

「公務員試験受験ジャーナル」は、本屋でも売っていると思いますし、一通りそろえるとよいと思います。通販なら楽ちんに手に入りますので、おすすめです。

面接対策に利用したいなら、下の「面接完全攻略ブック」はまず手に入れておくとよいと思います。

また、公務員試験の面接対策には、下の「公務員試験面接の完全攻略法」は人気かと思います。面接を攻略するための方法が厳選紹介されているので勉強になります。

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,540 (2021/04/17 09:44:39時点 Amazon調べ-詳細)

さらに、面接に臨むなら時事対策は必須です。

教養や論文試験にも使うので、公務員試験対策するなら「速攻の時事シリーズ」の2冊はマストアイテムかなと思います。
(※試験前年度の2月頃に最新版が出るので、発売を狙って手に入れましょう!発売前でも、下の通販からなら予約購入も可能です!)

created by Rinker
¥1,100 (2021/04/17 11:13:29時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ポイントをまとめます。

  • 公務員試験の面接では、志望動機はほぼ確実に聞かれる。
  • 志望動機は早い段階で聞かれるため、面接全体の流れを決める重要な質問となる。
  • 志望動機は、給与などの待遇面を話すのはNG!公務員の役割や、志望する場所でできることなどを観点とし、自分が貢献できることとやる気をアピールする。
  • 面接の受け答えは、要点を簡潔に述べていく。

公務員試験で一次試験を突破したら、集団面接や個人面接が実施されます。

緊張もすると思いますが、準備をしっかりしておけば大丈夫です!

特に、面接冒頭で聞かれる可能性が高い志望動機については、自信を持って答えられるように万全の対策をしておきましょう!

~面接対策のおすすめ記事~

  • 面接対策のみできる予備校の紹介
  • 面接対策の基本
  • 面接で聞かれること
  • 面接で聞かれること(社会人向け)
  • 集団面接の基本
  • 集団面接で聞かれること
  • 面接の志望動機について