【中学生向け】暇な時にすることで将来が変わります!

中学生の勉強法
スポンサーリンク
●学校から帰ってから暇でやることがない。

●土日もぼーっとして終わってしまう。

●学校以外の時間は特にやることなく過ごしているけど、何かやることないかなー?

そんな中学生の人は、暇はもったいないです。
暇な時にすることを解説していきますので、今からやってみて将来を変えましょう!

この記事では、暇な時に「漫画を読もう」とか「ゲームをしよう」という紹介はしません。
向上心がある人は、読んでみてください。向上心がない人は、向上心がつくかもしれませんので、読んでみてください。

中学生は暇な時にすることを見直そう!

中学生は、小学校時代に比べて体も心も大きく成長し、大人に近づいていく時期です。そんな中学生時代に学んだことは、今後の将来にとってとても大きなものになってきます。

今の時間をどう過ごすか、どんなことをして何を学ぶかで、高校、大学、社会人になったときの自分が大きく違ってきます。

今の行動から予想される将来について、パターンに分けて想像してみましょう。

~パターン➀~
●今(中学生時代)の過ごし方
暇な時にぼーっとして過ごす。マンガを読んで過ごす。スマホをいじって、夜更かしして寝る。


●将来
目標もなく、特に大きなトリエもなく、ただ仕事して生活のためのお金を稼いで暮らす。
~パターン➁~
●今(中学生時代)の過ごし方
メリハリをつけて過ごし、暇な時にも向上心を持って、勉強や読書、スポーツ、習い事などをする。とにかくいろいろなことに挑戦し、頭や体をとことん鍛える。


●将来
勉強や読書を積み重ねてきたため、頭の回転が良く、また、いろいろな経験をしていて視野も広い大人になり、仕事でも活躍できる。プライベートも充実する。
~パターン③~
●今(中学生時代)の過ごし方
とにかく部活に熱中している。ちょっとした暇な時に、学校のノートを見て復習したり、英語の単語帳で暗記するなど、最低限の勉強をしている。
部活を引退したら、メリハリをつけて勉強に全力で取り組み、行きたい高校に行く。


●将来
部活に全力で取り組んだことにより、忍耐力、継続する力がついており、仕事でも粘り強く取り組むことができる。鍛えた集中力で、職場でも信頼される存在になる。プライベートも充実する。

この先長い人生の中で、中学生時代という土台を築いていく時期をぼーっと過ごすのはもったいないですね。
何か、一生懸命に取り組んだことは、将来必ず活きてきます。

中学生時代の、暇な時に、何をしたら良いか紹介していきます。

中学生の暇な時にすることおすすめ

中学生時代に、少しでも頑張ろうと思ったら、おすすめの「暇な時にすること」を紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

勉強しよう!

お決まりの文句でごめんなさい。

まず、中学生時代に一番大切なのは勉強です。大人になってからも勉強はできますが、大切な高校受験もありますし、人生の土台を作る時期である中学生時代にしっかり勉強しておけば、今後、何かと有利になってきます。絶対に。

暇な時には、少しでも勉強して考える力を養っていってください。ごはん前の5分で、英単語5つ覚えるといったことをコツコツやってみてください。
あと、受験前には必ずやった方が良いのは、トイレや洗面所の壁など目に付くところに英単語を貼って、ちょっとしたスキマ時間に単語を覚えるくせをつけましょう。

読書しよう!

本ってなぜ読むと良いのでしょうか?

小説なら読みながら頭の中で風景を思い描いたりしますよね。
そのため、

●読解力がつく

●想像力がつく

といったメリットがあります。
それだけでなく、小説はその物語の主人公のストーリーを疑似体験できるため、ある意味、一度しかないあなたの人生の中で、他の人の人生を吸収できてしまうんです。これってすごいことですよね。
他の人が何十年かけて過ごした人生を数時間の読書で味わえてしまうのは読書のメリットです。本を読んだ分だけ、視野が広くなります。

小説だけでなく、本には、書いた人が何年もかけて得た知識や体験が文字になって書かれています。ぜひ、たくさんの経験を吸収してしまいましょう。

運動しよう!

運動は体も頭も鍛えられます。これから何をしていくにも、体が資本ですので、運動して体づくりをしていきましょう。

おすすめはランニング縄跳びは手軽にできますし、最近では、動画でも家庭でできる運動が取り上げられているため、参考にすると良いですね。

習い事をしよう!

基本的には中学校の部活動と勉強や読書を真剣に取り組んでいれば、習い事までは必要ないと思います。習い事はお金がかかりますし、部活と勉強や読書を精いっぱいやれば時間がなくなると思います。

ただ、自分のやりたいことが部活動ではやれない場合や、あまり力を入れていないのでもっと高いレベルでやりたい場合は、習い事も選択肢の一つです。
習い事にかかる費用はそれなりに負担もかかるため、親とよく相談しましょう。

では、おすすめの習い事を紹介します。

運動系のスクール
野球、サッカー、テニス・・・興味のあるスポーツで、より高度に学びたい場合にやってみましょう。基本的は学校の部活動があれば、それをしっかり打ち込むのが良いですが、自分の学校ではなかったり、力を入れていない部活動もありますので、どうしてもの場合は親にお願いしましょう。

英会話教室
義務教育での英語の取り組み強化もありますし、これからの社会は英語ができて当たり前になっていきます。中学生のときからしっかり取り組んでおけば、かなり力がつくでしょう。
オンラインでも英語を学べるものがあるため、まずはお手軽にやってみると良いかと思います。

プログラミングスクール
学校教育でも必修化されるプログラミング。インターネット社会の中、プログラミングを中学生のうちから詳しく学んでおけば、将来に活きてくる可能性は高いです。

ダンス
ダンスといってもバレエ、ヒップポップ、チアなど様々な種類がありますが、中学生から始める人も多いです。ダンスをすることで、全身の筋肉を使うので、体作りにもなりますし、リズム感を養うなどとても良い習い事だと思います。

ピアノ
女子だけでなく男子でもピアノを習う人は増えているのではないでしょうか。ピアノは左右の手に違う動きをさせたり、楽譜を覚えたり、脳を鍛えるのにとても良いと言われます。リズム感も養われますし、集中力を身につけるのにもってこいの習い事だと思います。

料理
料理教室に通うのも良いですが、まずは親の料理を手伝って基本的なことを勉強してみましょう。これからの社会、料理は男子も女子もできた方が良いです。少しずつでも良いので、料理を勉強していきましょう。

将棋
将棋ブームもありますが、将棋は先を読んで手を打っていくため、判断力、先を読む力などが養われますし、集中力が身に付きます。脳を鍛えるのにはもってこいの習い事です。

参考までにおすすめ習い事を挙げましたが、習い事にかかる費用は決して安くないです。生活のために、親も必死に働いて頑張ってくれています。

本気でやりたいなら、やりたい理由本気さをしっかり説明して説得しましょう。

ただ、僕の個人的な意見としては、習い事を始める前に、まずは今の環境でできることはやってみてから習い事をしたいとお願いするのが良いと思います。

例えば、

●プログラミングなら簡単そうな本だけ買ってもらって(パソコンもいるけど)、一度どんなものかやってみる。

●運動系のスクールなら、まずは学校の部活動に一生懸命打ち込んでみる。

●料理教室なら、まずは親の料理を手伝って教えてもらう。

●将棋なら、友達を誘って始め、本を買って勉強してみる。

という感じです。本を買って独学してみたり、学校や、友達、親を利用して学んでみるというのをまずはやってみましょう。
その上で、「やってみたけど、どうしても今のままでは限界があるからスクールに行きたい」とお願いしてみることです。

一日一歩進もう!

何もしなくても、毎日は過ぎていきます。一生懸命、勉強や読書、スポーツに打ち込んでいても、ごろごろとぼーっと過ごしていても同じ時間が過ぎていきます。

同じ時間を過ごすなら、今やったことがその先の将来に活かされた方が良いですよね?

中学生には無限の可能性があります。の時間を大切に、一日一歩で良いから前に進もうと意識してみてください。

その結果、「あれ?一歩さがってしまった?」とか「まわり道をしてしまった?」という気持ちが出ることもあるかもしれませんが、そう思えることが一歩進んでいますので大丈夫です。

ぜひ、今を一生懸命に生きて、有意義な中学生時代を過ごしてください。

暇な時間をもっと作ろう!早寝早起きをしよう!

中学生時代は、部活動があったり、友達とも遊びたい、恋愛もしたい・・・とにかく忙しい毎日だと思います。

その上で、もっと時間を作るために、早寝早起きしましょう。おすすめは、22時までに寝て、5時半に起きることです。※寝不足はいけませんよ、しっかり早寝しましょう。

朝の時間を有効に使えれば、一日の充実度が違います。
朝5時半に起きて、学校に行く前に1時間勉強できれば、夕方学校から帰ってからはあと1時間もやれば十分です(テスト前や受験生はもっと必要ですが)。
余った時間で、上記で紹介した読書や運動、習い事などをすれば、もっと充実してきますね。

この生活習慣を続ければ、中学三年間でかなりの積み重ねとなり、卒業する頃には大きく成長していますよ。中学二年生や三年生の人でも、今からでも間に合います。

思い立ったら、から行動しましょう。

まとめ

いかかでしたか。

これを読んで、「よし、やってみよう!」と思ったら、今から行動してみてください。

まずやることは、

●朝早く起きて勉強してみる。

●ちょっとした暇な時間に、単語帳で暗記したり、読書をしてみる。明日、図書館(本屋)に行ってみる。

といったすぐにできる簡単なことから始めてみましょう。

暇な時にすることを変えて、充実したステキな中学生時代を過ごしていきましょう!