高校受験への不安の解消方法は?【新中学三年生向け】

中学生の勉強
スポンサーリンク
●高校受験の年になったけど、志望校に合格できるかとても不安。どうしたら良いのかな?

中学三年生になった人たちにとっては、とうとう高校受験の年です。志望校も決まってきているでしょうか?
充実した高校生活を迎えるために、なんとしても第一志望校に合格したいですよね。
そのため、高校受験に対して不安な気持ちを持つのは誰もがそうです。この記事では、不安を解消する方法を紹介していきます。

~記事作成者について~

●高校受験、大学受験、資格試験、公務員試験などあらゆる試験を独学でチャレンジしてきた独学派ブロガーです。

●実績
⇒高校:第一志望進学校合格
⇒大学:国立大学現役合格(地方ですが)
⇒資格試験:第一種衛生管理者(国家資格)一発合格ほか
⇒公務員試験:地元市役所一発合格

●勉強方法は図書館を拠点にして、高校と大学受験は通信教育を中心に勉強。

●自分自身、個別指導塾講師や家庭教師として「教える側」を経験し、50点台⇒80点台に成績が伸びた経験あり。

●成績を伸ばすためには、「分かった」という喜びを味わい、勉強を好きになることが大切だと確信。

高校受験の不安の解消方法は?

新中学三年生になった人は、さっそく高校受験を意識し始めているでしょうか?
すでに志望校も決まっていて、「どうしても合格したい」、「合格できるだろうか」と不安な気持ちを持っているでしょうか?

不安を持つことは悪いことではないです。むしろ、不安を持つことはとても大切なことです。

なぜなら、不安を持つということは、「目標がある」からなのです。目標がある人は必ず伸びます。しかし、目標があるだけではいけません。

目標を持つ以外に何が必要なのでしょうか?
これが、この記事のタイトル「高校受験の不安の解消方法」につながります。

では、紹介していきます。

不安を解消する2つの方法とは?

不安は誰にでもあります。それは、成功したいと思うからです。

でも不安があると苦しいですよね?それに、不安によって実力が十分に発揮できなかったりします。

高校受験の不安によって、高校入試当日、一発勝負での失敗につながると大変なことになります。不安で緊張しすぎて、いつもなら分かる問題が分からない・・・といったことが起きると大慌てになります。

なので、今から対策をして、不安を解消しましょう。そして志望校合格を勝ち取りましょう!

その方法は2つです。

方法➀⇒努力にした分だけ不安が消える。結果も必ずでる。

頑張って走っている様子の画像

無理して不安を感じなくしようとするより、目標があれば不安はつきもの、そう考える方が良いです。その上で、不安を少なくしていきましょう。

まず一番の不安解消方法でですが、目標に対して十分な努力をすることです。努力をした分だけ、自分の自信になります。

高校受験の場合、たくさんのライバルと入試の点数を競うことになります。合格するには、簡単に言ってしまうと、ライバルの中で定員数までの順位になるように点数を取れば良いのです。

では、あなたならどうやってライバルに勝ちますか?ライバルの試験を邪魔して点数を取らせなくしますか?
違いますね。自分がライバルよりも点数を取る、そのためにライバルよりもたくさん勉強をするのです。ただそれだけのことなのです。

この記事を読んでいるのが、中学三年生の夏休み前なら、あなたはラッキーです。
高校受験までまだまだ日にちがあるので、ライバルよりも勉強することができます。

からライバルよりも、もっともっと努力(勉強)していきましょう!

ただし、ただ努力するだけではダメです。その理由を次で紹介します。

がむしゃらに努力するのはNG!

高校受験まで、みんな平等に時間があります。努力できる時間も平等にあります。

その中で、がむしゃらに勉強したらどうなるか・・・

例えば、バレーボールでの試合。

Aチームは、試合のためにがむしゃらにアタックを打つ練習をしました。かなりの威力のあるアタックを打つことはできるようになりました。

Bチームは、試合のために優秀なコーチに教わりながらサーブ、レシーブ、トス、アタック、ブロックなど試合で使う技術を総合的に身につけました。

AチームBチーム、どちらが試合に勝つでしょうか?答えは明確ですね。

Bチームが圧倒的に有利な試合となるでしょう。
優秀なコーチに試合で使う技術を教わり、バレーボールの試合をするためのポイントを押さえた練習により、効率的に努力を積み重ねた結果、試合に強いチームになりました。

勉強も同じです。高校受験を成功させるための勉強方法を確立し、ポイントを押さえた学習効率的に取り組んでいくことで、高校受験に強い力がつきます。

では、具体的にどのように取り組むと良いのでしょうか。

勉強のパートナーを選ぼう

自分ひとりで受験勉強をしようとすると、「何をやったら良いのだろう?」、「どういうスケジュールで勉強していくと良いのだろう?」といった疑問が出ると思います。こういった疑問の解決方法は、以下の3点です。

➀塾に通ったり家庭教師をつけて、アドバイスをもらいながら勉強を進める。

➁通信教育をやり、通信教育のカリキュラムに沿って勉強を進める。

③本屋で高校受験用の参考書を買って、自分や親とスケジュールを組んで勉強を進める。

一番簡単なのは、➀の塾で指導を受けることでしょう。まわりの友達も塾に行っているから自分も塾にさえ行っていれば大丈夫だと思えるかもしれません。

しかし、僕は塾はおすすめしません。なぜなら、時間効率が悪いからです。参考記事載せておきますので、時間があれば読んでもらえると良いかと思います。

他記事でも解説していますが、結論は、②の通信教育がおすすめです。理由は、

通信教育は、ポイントを押さえた学習ができ、時間効率が良いこと。

●塾に比べ、費用が断然安い。

僕は、中学時代、塾には行かず通信教育の進研ゼミ高校受験対策しました。
その結果、第一志望の進学校に合格することができましたが、通信教育をしっかりとやれば、確実に力がつきますし、費用も抑えられます。
高くても月に1万円までのものが多いので、親が許してくれるのであれば、試しにやってみるのも良いと思いますよ。

もし、通信教育に興味を持ったら、まずは資料請求してどんなものか見てみましょう。通信教育なら以下の4社から選べば間違いないと思います。公式HPから簡単に資料請求(無料)できるので、一度請求だけでもしてみると良いでしょう。
進研ゼミ公式HP>>【進研ゼミ中学講座】
スマイルゼミ公式HP>>◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
Z会公式HP>>【中学生のためのZ会の通信教育】
スタディサプリ公式HP>>スタサプ
※スタディサプリは資料請求はなく、14日間無料体験があります。

繰り返しますが、資料請求無料ですので、絶対に損することはありません。
もし通信教育ってどんなものかなと少しでも興味を思ったら、すぐに行動(資料請求)しましょう。
親に相談して、4社とも全て資料請求(スタディサプリは無料体験)しても良いと思います。
その中から、どれを選ぶかはあなたです。

ライバルたちは動き始めています。
一歩でも進んで志望校合格へ近づいていきましょう。

方法➁⇒ルーチンにより不安を消す

女性が座って精神統一している様子の画像

ルーチンとは、”日課”とか”決まった所作”という意味です。ルーティンとも言います。

僕自身が、テストのときにお決まりでやっていたことですが、テストが始まる直前に、いつも”指回し”をしていました。
両手の5本の指先を合わせて、一本だけ指を離して、その両手の指が触れないように10回転ずつ正回転と逆回転を回し、それを指5本分やっていくものです。
指を動かすことで頭の回転は良くなりますし、自己暗示としても、「これをやれば大丈夫」と自分自身に言い聞かせてやっていました。それにより、テストへの集中力が出て、不安な気持ちを抑えられていたと思います。

野球を知っている人は分かると思いますが、イチロー選手は、打席に入る前にバットを立てて見つめる動作をしますよね。目のピントを合わせているみたいですが、打席に入るときのルーチンとして毎回同じ行動をすることで、平常心でいつも通りのパフォーマンスができるようにしているのです。

ルーチンをすることで、強制的に体や頭をいつも通り動かせるようにすることができると言われます。

これから高校入試本番まで何回かテストがあると思いますが、テスト前のルーチンを何か試しに取り入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

高校受験への不安を解消するのは、自分の行動次第です。

不安がなくなるまで、良い努力をして、自信をつけていきましょう。テスト前のルーチンを取り入れるのも良いです。

ライバルも動き出しています!高校受験へ向けて、今から行動を始めましょう