【お得な無料ハンドブック】公務員へ転職したいならまずはコレ!

【公務員試験対策】社会科学の勉強法を徹底解説!

公務員試験対策
スポンサーリンク

~本記事で解決する悩み~

  • 公務員試験の社会科学って大切?どうやって勉強していけばいいの?
  • 筆記試験で社会科学を得点するための勉強法は?

公務員を目指しています。

公務員試験で社会科学は重要でしょうか?

どうやって勉強していくといいかも教えていただきたいです。

そんな疑問にお答えします!

本記事は、公務員試験への勉強法でお困りの方向け記事です。

~この記事は次のような方におすすめ~

  • 公務員になりたいけど、どうやって勉強をしていけばよいか困っている!
  • 公務員の筆記試験にある社会科学の勉強法に困っている!
  • 社会科学がどれくらい出題されるのか知りたい!

公務員試験の社会科学は、出題数が地味に多く重要な科目として位置づけられるため、しっかり対策しておかないと合格を勝ち取ることは厳しくなります。

本記事では、そんな公務員試験の社会科学について、出題傾向なども含めて重要性や勉強法について解説していきます。

公務員試験に合格するためには、情報収集は大切!

社会科学は専門試験とかぶる分野もあるため、勉強法のコツを知って、効率よく勉強し得点を伸ばしていきましょう。

公務員を目指す方は、ぜひご参考にいただくとよいかと思います。

公務員試験で出題される社会科学って重要なの?

公務員試験のなかで、もっとも対策に時間がかかるのが教養・専門の筆記試験対策ですね!

膨大な範囲を勉強することになりますが、中でも社会科学は重要な分野の一つです。

社会科学の科目は、次の4つに分かれます。

  • 政治
  • 法律
  • 経済
  • 社会(時事)

これら社会科学の科目はどれくらいの配点があるかというと、全40問中6~11問くらいです。

科目別にだいたいの配点傾向は下のとおりとなります。

科目国家一般地方上級市役所
政治111
法律131~2
経済132
社会(時事)342~4

当然、出題傾向は毎年変わりますが、全体の中で社会科学が占める割合は決して小さくないことは間違いないでしょう。

数的処理で3~4割、文章理解で2~3割出題されますが、これらに次いで社会科学は2割前後の出題となるため、重点を置きたい分野になります。

▼筆記試験の「数的処理」勉強法について

▼筆記試験の「文章理解」勉強法について

【公務員試験対策】社会科学の勉強法を解説します!

女の子が一生懸命勉強する様子のイラスト

では、社会科学の勉強法についてです。

社会科学には4科目ありますが、専門試験を勉強している場合はほぼ内容がかぶるため、まず専門でそれぞれの勉強を終わらせてから対策を始めましょう。

専門とかぶるからと言って、専門の勉強をして社会科学自体をまったくしないのはおすすめしません。

とくに時事問題は多く出題されますし、しっかり対策することで得点を伸ばすことができます。

勉強法としては、専門の勉強を終わらせたら、社会科学をさーっと総仕上げ的にチェックしていって、最終的に過去問集などで問題演習する感じがよいでしょう。

専門が勉強できていれば社会科学の理解は早いと思いますので、そこまで苦労しないと思います。

~専門試験の勉強をしている場合の勉強法まとめ(例)~

  1. まず専門試験対策を完了させる!
    ※各科目の問題集を3周は取り組む!
  2. 教養の社会科学の問題集に取り組む!
    ※時事については、試験直前期の2月頃に「速攻の時事」という参考書が出るため、それを使って一気に詰め込むのがおすすめ!
  3. 直前期は、過去問集で実戦問題演習!

反対に、専門試験の勉強をしていない場合は、一から社会科学をしっかり対策する必要があります。

時間に余裕があって一番ベストな方法は、

  1. 専門科目の参考書を使って社会科学の分野を一つ一つ勉強
  2. 社会科学の参考書に取り組む

のがいいですが、たいていそこまで余裕はないと思います。

なので、上記4科目が組み込まれている「社会科学」の参考書でまんべんなく取り組んで、不十分なところを補完する形で勉強するとよいです。

補完する分野は、目指す試験の出題傾向などにあわせて選びます。

分かりにくいかと思いますので、以下に「専門試験の勉強をしていない場合」の勉強法をまとめます。

~専門試験の勉強をしていない場合の勉強法まとめ(例)~

  • 基本的な勉強法
    ⇒社会科学の参考書(問題集)を1冊決め、繰り返し取り組む!
    ※試験直前期の2月頃に出る「速攻の時事」がおすすめ!
  • 補完
    • 重点的に取り組む科目については、専門試験用の問題集で勉強する!
      ⇒地方上級なら「経済」の出題数が多い!「ミクロ経済学」・「マクロ経済学」の理論を問う問題が多くなる傾向のため、問題集を買って重点的に取り組むよい!

公務員試験対策は膨大な範囲を取り組まないといけないので、効率よく点数を伸ばすことを意識して学習計画を立てましょう!

社会科学の勉強におすすめの参考書を紹介!

社会科学の勉強は、スー過去一択です。

スー過去なら、過去問を例に挙げながら取り組んでいきますので、より実戦的な力がついていきます。

ちなみに、スー過去の新バージョン「スー過去6」が2020年9月頃から科目ごとに順番に出ていますので、できる限り最新版を使って勉強するとよいでしょう!

スー過去6については、別記事でも取り上げていますので、興味がありましたらぜひご参考にください。

created by Rinker
実務教育出版
¥1,980 (2021/10/27 09:36:37時点 Amazon調べ-詳細)

時事のおすすめ参考書は、先にも取り上げましたが「速攻の時事シリーズ」です。

これは、参考書タイプの「速攻の時事」と、問題演習タイプの「速攻の時事 実戦トレーニング」のセットで取り組むといいです。

参考書の方は、最新の話題のテーマごとに、「重要事項のまとめ」と「穴埋め問題」でチェックしていく内容になっていますが、コンパクトにまとめられているので一気に力をつけることができます。

毎年、2月頃に最新版が出ますので、出たらすぐに買って一気に仕上げましょう!

発売前でも、下の通販サイトから予約購入ができますので、早めに予約しておくことをおすすめします。

時事は配点が高いうえに、しっかり勉強しておけば論文や面接にも活きてきますので、重点的に取り組んでおくとよいです!

created by Rinker
¥1,100 (2021/10/16 22:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

実戦的な問題演習を徹底的にやるなら、「過去問500シリーズ」です。

試験直前期には、これを使ってガンガン実戦トレーニングする感じになります。

教養試験用と専門試験用で分かれており、目指す公務員によってもタイプが分けられるので、自分にあわせて選びましょう。

ほぼ受験生みんな持っているのではないかというくらい、過去問がつまったよい問題集です。

ぜひ1冊持っていたいところです!

まとめ

テストに取り組む男の子のイラスト

公務員試験の教養試験は範囲が広く、対策にとても時間がかかります。

そのため、すべての分野に全力をそそぎこむのではなく、試験傾向や自分の得意・不得意によって、重点的にやる分野と捨て科目を作っていくことも大切です。

本記事で取り上げた社会科学については、数的処理、文章理解に次いで出題数が多く、対策をしていないと得点できないため、十分に時間を使っていく必要があるでしょう!

社会科学で得点できないと苦しくなりますので、しっかり時間をとって取り組んでいきましょうね!

では、公務員試験まで長い道のりになると思いますが、コツコツがんばりましょう!

この記事が公務員を目指す方の参考になれば幸いです。

~本記事紹介の問題集~

  • 社会科学のおすすめ問題集!
created by Rinker
実務教育出版
¥1,980 (2021/10/27 09:36:37時点 Amazon調べ-詳細)
  • 「時事」のおすすめ参考書
created by Rinker
¥1,100 (2021/10/16 22:56:23時点 Amazon調べ-詳細)
  • 試験直前期の実践問題演習用

▼筆記試験の「数的処理」勉強法について

▼筆記試験の「文章理解」勉強法について