市役所の集団面接を突破するコツとは?【公務員試験対策】

公務員試験対策
スポンサーリンク

市役所を目指しています!
市役所の集団面接を突破するコツはありますか?

ラピ
ラピ

市役所の集団面接を突破するコツはありますよ!ポイントをしっかり押さえて対策していかないと突破は厳しくなります!
ここでは、市役所を目指す方向けに集団面接の対策について、突破するコツを紹介していきますので、しっかりマスターしていってくださいね!

市役所の筆記試験を突破すれば、集団面接や個別面接などの面接試験が控えます。面接に臨むうえでの基本的な対策については、別記事で詳しく解説しているので、あわせてお読みいただくと良いかと思います。

個別面接にしても集団面接にしても、押さえるべきポイントができていないと、面接官からいい評価がもらえません

そこで、本記事では、僕が民間含めて今まで受けてきた集団面接の経験も交えながら、実際に集団面接で高評価を得るためのポイントを紹介していきます。

市役所の集団面接を突破するコツとは?

結論を言います!

市役所の集団面接を突破するために必要なことは次の3つです。

◎集団面接では一番に挙手をする。
◎集団面接で他の受験生が話しているときは相槌を打つ。
◎要点をまとめて、ハキハキと簡潔に答える。

この3つを押さえて対策していけば、市役所の集団面接で戦えるレベルになるでしょう!

市役所の集団面接ってどんなもの?

まず、市役所の集団面接を突破したいなら、そもそも集団面接とは何か?なんのためにやるのか?を押さえておきましょう。

市役所の試験では、集団面接を実施するところは多くありません。

実施する市役所の場合、集団面接では受験生4、5人程度で、時間が30〜40分くらいが多いでしょう。面接官は2、3人、市役所の職員(管理職含む)が行うことが多いと思われます。近年では、委託業者に依頼して、プロの目で実施するところもあるという話を聞きますが、現状は職員で行う市役所が多いです。

集団面接を行う場合、その時点ではまだ多くの受験者を抱えており、足切りとして実施するパターンが多いと言えます。

そのため、減点対象となるようなことは、どんどん減点されいくでしょうし、人数を絞るためのふるいにかけられていくでしょう。減点になるそうなことはあらかじめ押さえておき、減点されないよう対策しておくべきですね。

では、市役所集団面接を突破するコツを具体的に解説していきます。

市役所集団面接のコツ①:一番に挙手をしよう!

市役所の集団面接において、賛否が分かれるところでもありますが、

「面接官から質問されたときに、我先に挙手をしていいか?」

答えはYESです。僕がおすすめするのは、一番に挙手していく方法です。なぜ一番に挙手すると良いかというと、次のような理由があります。

☑「積極性がある」と評価される!
☑「意見をまとめるスピードが速い」と評価される!
☑他の受験者と意見が被らないため、何の心配もなく発言できる!

ただ、集団面接なので積極的過ぎて減点されるんじゃないか?と心配になるかもしれませんが、まず減点されることはないでしょう。

積極的過ぎて減点されるのは、「協調性」といったところですが、集団討論ならまだしも、集団面接では、考えがまとまったら手を挙げるというものなので、一番だからと言って減点されるなんてありえないですよね。早く挙手できることで、意見をまとめるスピードが速いとの評価もされます。

市役所の集団面接の評価項目には、必ずと言っていいほど、「積極性」という項目があります。市役所の人事側も、受験者の話す内容で積極性を見るよりも、実際の集団面接の態度で見る方が確実でしょう。

積極的な挙手で評価が上がることは間違いないと思います。

市役所集団面接のコツ②:他の受験者の話に相槌を打とう!

市役所の集団面接で大切なことの一つとして、

「他の受験生が話しているときに聞いていた方がいいか?」

答えはYESです!

ただし、一語一句しっかり聞いて理解しようとしなくていいです。基本的に面接官は話している受験生に集中しています。その時、他の受験者の態度をしっかり見て評価をつけるなんて、はっきり言って難しいでしょう。しかし、あまりに目立つ減点の要素があれば話は別です。

例えば、

●自分のことに必死で、他の受験生の話をまったく聞いていない。
●他の受験生が話しているのに、全く興味のない顔をしている。

といったことでしょう。これをすると、「協調性」などの評価は悪くなる可能性が出てきます。

なので、他の受験生が話しているときに明らかに興味がない素振りを見せなければまず大丈夫です。また、予備校に通っていた知人たちから聞いた話では、めちゃくちゃ興味を持って聞いている様子であっても、加点まではされることはないとの見解が多いです。

よって、集団面接で他の受験者が話しているときは、

「少し顔を向けて軽くうなずく」

ようにしましょう!自分も話す内容を考えないといけないので、聞き入っている余裕はないと思います。頭に入ってこないかもしれませんが、聞こうとしていれば大丈夫です!

市役所集団面接のコツ➂:ハキハキと簡潔に答えよう!

市役所の集団面接では、話し方がとても大切です。集団面接なので、他の人とも比較されやすいです。普段の練習から話し方に注意して取り組んでおきましょう。

ポイントは次の2点です。

◎ハキハキと話す!
◎簡潔に話す!

市役所の職員になると、住民との対応が多くなるため、話し方などの印象はとても大切です。まずは、ハキハキと自信をもって話すことを意識しましょう。

あとは、集団面接でとても大切なのが、簡潔に話すことです。

限られた時間の中で複数の受験生が話さないといけません。面接官も全員を評価しないといけませんから、一人がダラダラと長く話してしまうと、他の受験生の迷惑になりますし、面接官にも悪い印象を与えます。

一つの質問に対して30秒から、長くても1分をメドに話すよう心がけましょう!

まとめ

ポイントをまとめます。

☑市役所の集団面接では一番に挙手をしよう!
☑市役所の集団面接で他の受験生が話しているときは相槌を打とう!
☑要点をまとめて、ハキハキと簡潔に話そう!

筆記試験では多くの受験者が足切りされる中、二次試験まで突破してきたところかと思いますが、集団面接の場合、まだ足切りの意味合いが強いと思われますので、気を引き締めて対策を取っていかなければなりません。

本記事の内容は、必ずマスターした上で、面接での回答の作成などの対策を進めるようにしましょう!