中学生で暗記が苦手な人必見!コツを教えます!

中学生の勉強
スポンサーリンク

こんにちは!ラピです。

僕も暗記は苦手で、中学生時代に苦労しましたが、それでも工夫しながら学習に取り組み、第一志望の普通科進学校に合格することができました。

暗記が苦手な中学生にとって、覚えるコツを解説していきます。

中学生で暗記が苦手な人、暗記にはコツがあります!

中学生の勉強で成果を出そうとするなら、とにかく暗記すること。暗記すれば、たいていの問題は解けてしまいます。
また、勉強や物事の考え方の超基礎を学ぶところですから、まずはしっかり暗記することにより、基礎を固めることが大切です。

しかし、人間は忘れる動物と言われるほど、記憶力って曖昧なものです。授業で覚えたことは、24~48時間では約70%ほど忘れてしまうそうです。

「え!勉強しても意味ないじゃん!」と思うかもしれませんが、安心してください。覚えるのにはコツがあります。

暗記のコツを解説します。

中学生の勉強で暗記のコツ、それは反復すること。

結論は、授業で習ったことを反復(=復習)して覚えることです。

復習することで、記憶が強化され、初めて覚えた時よりも忘れるスピードが下がり、覚えていられる量が増えます。

そしてさらに、少し時間を空けて復習すると、もっと忘れるスピードが下がり、覚えていられる量が増えます。

といったように反復することがとても大切なのです。

さらに、授業を受ける前に予習をすることで、反復の回数が増えますし、授業前に分からなくて重点的に聞きたいことや、大切なポイントが分かるため、より授業での学習効果が期待できます。

ですが、予習は初めて習うことを勉強するため、教科書を読むだけでは頭に入りません。
塾に行って勉強する人も多いですが、僕は断然、独学がおすすめで、独学のパートナーとして通信教育を頼むことがおすすめです。しかも、塾に比べて安価です。
以下に、参考記事がありますのでどうぞ。
>>中学生の勉強は独学をおすすめします!【独学での成功体験から解説します】
>>中学生の独学でおすすめ通信教育は3つ!【独学での成功体験から解説します】

反復して暗記する具体的な方法とは?

以下で、ここまでの話をまとめつつ、具体的な取り組み方法を解説します。

~暗記する流れとコツ~

▢予習する⇒通信教育を利用することで、ポイントを絞って分かりやすく予習ができる。

▢授業で習う⇒予習で分からなかったポイントを集中して聞く。

▢復習する⇒授業で習ったことを、その日のうちにノートを見直す。通信教育を日々の勉強に取り入れると良い。

▢再復習する⇒週末の土日に、ノートを見直し、学校のワークなど問題集を解く。

▢テスト前⇒通信教育で暗記ブックを使って暗記したり、問題集を解いて理解を深める。

問題集なんかは反復して繰り返し使えるように、直接書き込むのではなく、ノートに書いて解いていくと良いでしょう。

繰り返しますが、日常的な学習をしていくのに、通信教育を利用して、独学することがおすすめです。ポイントを絞って効率的に、しかも楽しく学習が進められます。
おすすめの通信教育を紹介するので、ぜひ資料請求(無料)してみて、どんなものか見てると良いでしょう。
>>【進研ゼミ中学講座】

暗記するためには集中できる空間で勉強する

勉強する環境はとても大切です。

家庭学習では、テレビやスマホ、漫画・・・といった悪魔のささやきがたくさんあります。これらが目に入ると気が散るものです。

そこでおすすめなのが、図書館などの施設を利用することです。
僕は、今までの人生の中で独学を貫いてきましたが、図書館はかなり利用していました。図書館は、静かですし、ほどほどに人がいて、緊張感があるため、勉強にも集中して取り組むことができます。

もし、近くに図書館がないなど家でしか勉強できないということであれば、例えば、テレビや漫画などを置かない部屋を作り、❝悪魔のささやき❞がない空間を作りましょう。そこで時間を決めて勉強するといったように、集中して取り組むようにしましょう。

暗記するのに効果的なのは睡眠!

もう一つ大切なことは、睡眠です。

夜更かししてゲームしたり、漫画などの本を読んだり、夜中までSNSやっていたり、テスト前に徹夜してがむしゃらに勉強といったことはよくあるのではないですか?

その結果、次の日の授業も眠たくて勉強に集中できない・・・といったことになり、寝不足は勉強にとって大敵です。

それと、睡眠は記憶を強化させると言われます。徹夜勉強は、その時はなんとか覚えられてよくても、睡眠をしっかりとらないと一時的な記憶でしかなくなります。

しっかり寝ることで記憶を定着させ、日中の勉強効率を上げるため、睡眠はとても大切なことです。中学生時代は、趣味の時間も欲しいとは思いますが、少なくとも7~8時間は睡眠を取るように心がけましょう。

中学生は、高校受験も控えているため、学習をコツコツと積み上げて力を付けていかなければなりません。

計画的な勉強と、規則正しい睡眠をとって、質の高い勉強を継続していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

中学生の勉強は暗記することがとても大切です。

暗記するためのコツについて、ポイントを以下に振り返ります。

▢予習復習により、反復して暗記する。

▢通信教育を利用して、ポイントを絞って楽しく勉強する。

▢規則正しい睡眠を取って、記憶の強化と、日中の勉強を効率的に。

▢集中できる空間を作り、勉強に集中して取り組む。

これらのポイントを抑え、暗記をものにしていきましょう。