中学の英語が分からないときの対処法とは?【初級者向け】

中学生の勉強
スポンサーリンク

こんにちは!ラピです。

あなたは、中学の英語分からないと思って悩んでいますか?

中学生になると、英語は本格的な授業となってレベルが上がってきます。その結果、英語に対して、「分からない」と苦手意識を持ち始める人もいます。

でも大丈夫です!英語が分からないと思っている人でも対処法があります。

この記事では、英語が「分からない」と苦手意識を持つ中学生に対して、その対処法を解説していきます。

英語に苦手意識を持つ人は多いです。でも、中学生の英語はコツをつかめば、テストでも点数を取ることができるので安心してください。

中学生で英語が分からないときの対処法とは?

英語は、日本語の文法と比べると、単語の並び方が違ったり、英単語の意味が分からなかったりして、苦手意識が出やすいです。

でも、よく考えてみてください。普段、日本語を話す場合、日本語が分からないと思うことはありますか?

日本語なら普通に話せますし、特に気にもしていないと思います。

ではなぜ、日本語は抵抗なく話していられるのでしょうか?

それは、❝慣れ❞です。生まれてから1歳、2歳のときは言葉をうまく話せないと思いますが、大人たちの話を聞いて、単語を覚えて、文章を覚えて、聞いた言葉をマネしていった結果、すらすら話せるようになっているのです。

英語も言葉なので、考え方は日本語と同じです。たくさん聞いて、単語を覚えて、たくさん話していけば必ず分かってきます。

英語はとにかく慣れることを意識すると良いと思います。

英語に慣れるためにはどうしたらいいの?⇒答えは、教科書をひたすら読んで丸暗記しよう!

中学生の英語は、英語学習の基本となるため、覚える単語も増えてきますし、文法の並び方も覚えていかなければなりません。

ですが、やることは単純です。

子供の頃に日本語を覚えたように、まず教科書で出てきた、単語文章を覚えていきましょう。

~英語に慣れるための方法~

➀教科書で習った本文、基本文を声に出して何度も読みましょう。

➁本文に出てくる単語の意味を全て暗記しましょう。

③本文を目で追いながら、日本語訳をしてみましょう。

⇒教科書の本文、基本文と、日本語訳を丸暗記しましょう!

教科書を丸暗記なんて無理!と思うかもしれませんが、これができれば、英語に対して苦手意識はなくなるでしょう。

丸暗記とまでは行かなくても、➀、➁、③までは確実にできるようにしておきましょう。

教科書を中心に勉強したら、ワークを解く!

少しステップアップします。

教科書の本文、基本文をしっかり読むことができるようになったら、問題を解きましょう。

学校から配られているワーク(問題集)があると思うので、基本的にそれをやれば良いです。

「この問題が出たら、この答え」とすらすら解けるようになるまで、何度も繰り返しやりましょう。

他にも、英語の先生からプリントの問題などが配られていたら、それを中心に復習しましょう。

プリントに書き込んであって問題の答えが見える場合は、ノートで隠しながら、そのノートに書いて、繰り返し解いてみると良いです。

学校のテストは、基本的に学校で習っていることを中心に作られる傾向があります。なので、学校で出されるものを中心に勉強していけば、テスト対策には十分です。

~中学生の英語が分からないときの対処法~

➀学校で配られるワークやプリントの問題を解く。

➁「この問題が出たら、この答え」と分かるくらい、何度も繰り返し解く。

中学生が行うべき家庭学習の方法について

ところで、そもそもどうやって学習を進めていけば良いかを解説します。

人間は覚えたことを忘れていく動物です。覚えてから24~48時間後には、約70%を忘れると言われています。

なので、テストで良い点を取るためには、「忘れない」ようにしなければなりません。

どうしたら良いかというと、予習復習して繰り返し覚えるようにします。これにより記憶が強化され、ずっと覚えていられるようになります。

効果的な勉強方法は、以下の記事で紹介していますので参考にしてください。
>>中学生が行うべき家庭学習の方法を解説します!

中学生の日々の英語学習におすすめの参考書を紹介!

さらに日々の英語学習をしやすくするために、おすすめの参考書を紹介します。

以下に紹介するのは、「教科書ガイド」というもので、学校の教科書を作っている各社から発刊されており、教科書の内容に沿って、『新出単語の訳』『本文の訳』『基本文の解説』がされているため、予習復習に最適です。

中学1~3年生までの全ての教科書に対応しているため、英語が分からなくて困っている中学生には心強い味方です。

中学校の英語を勉強するのに塾に行くべき?

率直に言います。塾に行かなくても良いと思います。

もちろん塾では、中学生の勉強を知っている塾講師が教えてくれるため、テスト対策にもなりますし、分からないことがあれば質問できます。また、塾に行っていると思うだけで、自分は勉強していると思えるかもしれません。

しかし、個人的に、塾は時間の無駄だと思います。

塾が始まる時間に合わせて準備して、時間をかけて塾にいって、塾の授業のペースや、まわりの生徒との勉強のペースに合わせながら、勉強していかなければなりません。

部活動もあって忙しい中学生には、時間はとても大切です。

独学で勉強すれば、自分が分からないことや、自分に必要なことだけ勉強することができ、僕は断然、独学することをおすすめします。

以下の参考記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。
>>中学生の勉強は独学がおすすめ!【独学での成功体験から解説します】

中学生が独学で英語学習するなら通信教育がおすすめ!

僕は独学をおすすめしますが、一人でがむしゃらに勉強するのではなく、ポイントをつかんで効率的に、かつ楽しく家庭学習をやっていくべきです。

そのためには、通信教育がおすすめです。僕も中学生時代にやっていましたが、通信教育というパートナーをつけることで、勉強の成果も断然上がっていきます。

おすすめの通信教育を以下に挙げます。

●進研ゼミ
公式HP>>【進研ゼミ中学講座】
●Z会
公式HP>>資料請求はこちら

●スタディサプリ
公式HP>>中学講座

詳しくは以下に参考記事ありますので、よかったら見てください。
>>中学の英語を勉強するなら通信教育がおすすめ

特におすすめは、僕もやっていた「進研ゼミ」です。進研ゼミについて詳しく解説していますので、以下の記事を参考にしてみてください。
>>【結論】中学生の勉強で楽しく独学するなら『進研ゼミ』がおすすめ

ただ、最近はいろいろな通信教育もあって、僕の中学生時代はなかった!?と思いますが、今話題の「スタディサプリ」もおすすめで、楽しく勉強できる仕組みが作られていると思います。
以下に、スタディサプリの記事も書いているので参考にしてください。
>>中学生が動画で楽しく勉強できる『スタディサプリ』を徹底分析!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

中学の英語が分からないときの対処法を以下にまとめます。

中学の英語が分からないときの対処法
▢学校の教科書の本文、基本文、単語を何度も読み、その訳を覚える。(できれば暗記する)

▢学校のワークやプリントを何度も解いて、問題と答えを覚えてしまう。

▢予習復習をして繰り返し覚えるようにし、記憶を定着させる。

▢教科書の内容が分からなければ、教科書を発刊している各社から「教科書ガイド」が出ているため、参考にすると良い。

▢塾に行かなくても良い。独学は効率が良く、おすすめ。

▢独学するなら通信教育をパートナーにして、効率的に楽しく勉強しよう。

勉強のコツをつかんで、中学の英語が❝分かる❞ようにがんばっていきましょう!