公務員試験に不安になったときの対処法!【元公務員の経験談を解説】

公務員試験対策
スポンサーリンク

このまま勉強していて公務員試験に受かるのかな。

公務員試験に不安になって眠れないときがある。

本記事では、そんな不安を持つ方向けの記事です。

元公務員の僕が公務員試験を勉強していたときの経験をふまえて、こういった不安をやわらげる方法や気持ちの持ち方についてアドバイスします。

この記事を読むことで、不安が少しやわらぎ、前向きに勉強に取り組めるようになるかと思います。

実際に合格を勝ち取れた僕が行っていた方法ですし、あなたの勉強に活かされると思いますので、最後までお読みいただけたらと思います。

公務員試験はなぜ不安になる?

まず、そもそもなぜ公務員試験に対して不安になるのでしょうか?

答えは簡単です。

「あなたが本気で受かりたいと思っているから」

これが不安の原因でしょう。

なので、不安になること自体は当然のことですし、真剣に取り組んでいる証拠ですから、悪いことではないですよ!何も心配いりません。

だって、受かっても受からなくてもいいと思って勉強していれば、「まぁまた受ければいいや~」という感じで、不安になんてなりませんよね。

僕自身、転職での公務員を目指しましたが、一発で合格したいという気持ちで勉強していましたし、受験勉強中は気持ちの上がり下がりは当然ありました。

公務員の同期や友人などに聞いても、不安があったという人がほとんどです。

不安な気持ちって次のような感じではないですか?

  • こんまま勉強して合格できなかったらどうしよう・・・。
  • 今の勉強のやり方で力ついているのかなぁ・・・。
  • 問題集の1周目で全然分からない・・・。
  • 就活している子たちが先に内定をもらっていく・・・。

とにかく公務員試験の範囲は膨大であることと、約一年かけての受験勉強になるため、日々の気持ちの変動は誰にでもあることですし、自分の立ち位置(順位)ってどうなんだろう?とか、とくに問題集の1周目に取り組んでいる場合は分からないことばかりでまじで不安になりますね。

僕なんて、国語・英語系が得意ではなかったので、文章理解は3周目でも絶望的な状態でしたし、社会系は膨大な量を覚えるのにかなり苦労しました。

たまに、全く不安にならないへっちゃらな人もいるとは思いますが、たいていの人は上に紹介したような感じです。実際に合格を勝ち取っていても、ほとんどの人が不安と戦いながら受験勉強しています。

だから大丈夫です。

不安なのはあなただけではないですよ!

公務員試験への不安の解消の仕方!

ここからは公務員試験絵の不安を少しでも解消できる具体的な方法を紹介していきます。

これは全員に当てはまるやり方なのかはわかりませんが、僕が実際にやってきて前向きに戦えた方法ですので、ご参考にいただけるかと思います。

何事も小さな積み重ねが成功を生む!

公務員試験の勉強に限らず、何事も一気にかなうことなんてありませんよね。

大切なのは、日々努力を積み重ねることです。野球選手だって、テニス選手だって毎日何百何千とバットやラケットを振って勝利をつかみ取ります。何も努力せずに勝てる人なんていません。

勝つには努力しかありません。逆に努力すれば、確実に合格へ近づくことは間違いないでしょう。

試験というものには、どうしても運の要素もあります。ただ、運であっても実力であっても、努力した分は必ず合格する確率を上げてくれます。

その確率を上げるために日々一問でも多く解きましょう!

体を動かそう!

公務員試験の勉強に取り組み始めると、一日中座っていることが多くなります。

それでは、体も考えもこり固まってしまうので、ジョギングや散歩など、最低でも一日に一回は体を動かすようにしましょう!

ビジネスの世界でも、成果を残す人はスポーツしていたり、ジムに行っていたりする人は多いですよね。

適度な運動は、脳を活性化しますし、何よりも気分を明るくします。

ポジティブな気持ちにもなりやすくなって、勉強にもいい影響を与えますよ。

ポジティブな言葉を習慣にしよう!

人間の脳というのは、口で話していることに洗脳されます。

催眠術のような原理といえばいいでしょうか。言い聞かせることで、脳はその状態になってしまうのです。

なので、話す言葉はポジティブに!ポジティブな言葉を習慣にしていきましょう。

あなたは、「習慣が人をつくる」という言葉を聞いたことがありますか?

習慣にしていることはその人の本質になってきます。

小さなことでも積みかさねが習慣となり、あなたの本質となりますので、日々の習慣は大切ですね。

自分の不安や課題を明確にしよう!

不安というものは、「見えないこと」に対して起きやすくなります。

真っ暗な見知らぬ道を歩くときって不安ですよね。明るい知っている道なら、安心して歩けます。

公務員試験の勉強も同じです。

当然、合格できるか分からないのは誰もが抱える不安ですが、もっと細分化して、自分が何を不安に思っているのか、どうすれば不安が取れるか考えてみましょう!

例えば、次のような感じです。

  • 合格できるか不安。
    ⇒模試を受けて、あと何点取れば第一志望の基準に届くのか?その点数をどの科目から何点取るかを考える!
  • 数的処理が苦手で克服できるか不安。
    ⇒数的処理を取り組む時間を増やす。毎日1時間は勉強すると決める。
    ※配点が少ない科目なら思い切って捨てるのもあり。合格点を取るために、どの科目で何点取りたいかを明確に!
  • 民間にするか迷っていて公務員試験に専念していいか不安。
    ⇒まず自己分析!自分が何をしたいかを明確にして、できればどちらかに専念する。
    並行するなら、ウエイトをどちらかに置いて、ウエイトを置かない方はダメもとにする。「イチかバチか対策」で山を張って受けるくらいがいいかも。

やることが明確になれば、あとは突っ走るだけです。

やる気も出てきますね!

よく聞くのは、問題集1周目に「分からないことだらけで不安」ということです。誰だって、初めてのことは難しいです。

赤ちゃんの頃、話すことも歩くことも難しくてできなかったのに、今のあなたは普通にできていますよね?

公務員試験の問題も、繰り返しやれば必ずできるようになりますよ。

不安なら、一度立ち止まって不安要素を明確にしてみましょう!

やれることをやるしかない!

人生どれだけ背伸びしても、自分にやれることしかできません。不安になろうがどうしようが、結果がよくなることはないのです。

だから、目の前のことをやるしかないですね!

今、あなたにできることをやりましょう。その中で、考えて考えて考え抜いて、最善の方法を取っていく必要はあります。

ある意味では、割り切って諦めるような感じですね(笑)自分なりに精一杯やった結果なら、どうなろうが仕方ないです。

そんな気持ちで取り組めば、不安もやわらぎますし、自分のベストを尽くそうと思えるかと思います。

失敗しても命までは奪われない!

これは僕自身も、勝負どころではよく言い聞かせるようにしている言葉です。

受験生にとって不謹慎な言葉かもしれませんが、もし受験に失敗しても死ぬわけではありません。次の年に受験することだってできますし、公務員にならずに就職することだってできます。

僕の人生においても、学生時代にがんばって勝ち取った民間企業を辞めて公務員に転職していますし、現在はせっかく受かった公務員を辞めて、ブロガーとして世の中のためになるよう情報発信をする仕事をしています。

今は「こうなりたい」って目標があって、そうならないと不幸だと思うかもしれませんが、人生って諦めなければ、いつだってやり直せます。失敗しても人生に諦めさえしなければ、何年後かに、もっといい結果になっていることだってあります。

不安なときは、「失敗しても命までは奪われない」と開き直りましょう!

命があれば、なんだってできる!そういう気持ちでがんばりましょう!

まとめ

公務員試験に不安になったときの解消法について紹介しました。

人それぞれ不安なことはあると思いますが、気持ちの持ち様で不安は軽減しますし、ポジティブな気持ちになればそれだけ勉強にもいい影響があります。

ぜひ、あなたの勉強にも取り入れてみてくださいね。

~公務員を目指す方におすすめ記事~

  • 公務員を目指す上で基本的なこと

  • 公務員試験対策スケジュールについて

  • 予備校の選び方で迷っている方向け

  • 社会人の方で公務員を目指そうと思っている方向け