スー過去6 | 新スーパー過去問ゼミ6の改訂版に買い替えるべきか?

公務員試験対策
スポンサーリンク

スーパー過去問ゼミ6が改訂されて出ると聞いたのですが、旧版を買ってしまった科目もあります。

スー過去6に買い替えたほうがいいでしょうか?

また、買っていない科目も、そろそろ勉強を始めていきたいのですが改訂を待ったほうがいいでしょうか?

ラピ
ラピ

スー過去6が、年度途中に改訂版が出るので迷うところですね。しかも、科目によって発売がばらばらです。

基本的にはすべて買い替える必要はないと考えますが、科目によっては最新版を使うべきものがあります。

では、科目ごとでスー過去6の改訂版が発売される時期と、改訂版を買うべき教科について解説していきましょう!

~本記事のテーマ~◎スー過去6の改訂版はいつ出るの?
◎スー過去6を買うべき科目は?

スー過去6の改訂時期は?

コーヒーとスケジュール帳がうつったアイキャッチ画像

スー過去6(スーパー過去問ゼミ6)は、公務員試験の王道参考書として、公務員試験受験生に愛用されています。僕もスー過去愛用者の一人でしたし、友人も口をそろえてスー過去を使っていたと言います。

そのスー過去が、2020年9月から改訂版を出し始めるということで、受験生の間でも改訂版を買おうかという迷いが出てきていると思います。

困った様子の男の子のイラスト

では、まずスー過去6シリーズの改訂時期を次に示します。シリーズの教養、専門分野が2020年9月から2021年1月にかけて刊行されていきます。
※刊行時期は実務教育出版HPより引用
”https://jitsumu.hondana.jp/news/n35595.html”

~教養試験~

科目刊行時期
判断推理9月上旬
数的推理9月上旬
文章理解・資料解釈9月上旬
社会科学9月上旬
人文科学9月上旬
自然科学9月上旬

~専門試験~

科目刊行時期
憲法9月中旬以降
行政法9月中旬以降
民法Ⅰ9月中旬以降
社会学9月中旬以降
国際関係9月中旬以降
経営学9月中旬以降
民法Ⅱ10月
政治学10月
ミクロ経済学10月
上記以外2020年11月~2020年1月
にかけて順次刊行予定

最新の情報や試験傾向などを搭載したものなので、編集上しかたのないことかと思いますが、正直なところ、9月から刊行では翌年度受験生にはきついなーというのが本音ですね。

ただ、平成30年度~令和2年度の問題を加えていますので、ぜひ手に入れたい問題集ではあります。

ラピ
ラピ

全部買い替えれるとベストですが、科目数も多いため、かなりのお金になってしまいますね。迷うところです。

スー過去6の改訂版を買うべき科目は?

リュックを背負って本を抱える女性のアイキャッチ画像

やはり公務員試験対策の取り組みが始まっている受験生には、すべての買い替えはきつい方が多いと思います。

しかし、全部でないにしろ確実に買い替えた方がいい科目はあります。

買い替えるべき基準は次のとおりです。

◎制度や財政状況、世間情勢など最新の情報をもとに対策しないといけない科目!

逆に最新の情報が必ずしも必要でない科目は、買い替えなくても十分対策できます。

だって1年、2年の間に試験傾向が大きく変わることなんてないですよね?

たとえば、「大学のセンター試験が共通一次に変わる!」というような大きな変更がある場合は、迷わず全買い替えでしょう。

では、具体的にどの科目を買い替えるかは次のとおりです。

◎財政学
◎時事
◎法律系科目

まず、財政学!

昨年度の国家予算など時事的な出題は新しいデータからされます。最新データで対策するべきです。
※以下、掲載商品はスー過去5です。発売日に近くなると、通販でも予約受付して販売日以降に届けてくれるようなので、出たらそっこーで買いましょう。

created by Rinker
実務教育出版
¥1,980 (2020/09/18 17:42:02時点 Amazon調べ-詳細)

続いて、時事!

これも最新の情報が必要になるものなので、最新版を買うべきですが、個人的にはスー過去ではなく、「速攻の時事」をおすすめします。毎年、最新版が2月頃に発売されるので、それを買って一気に仕上げる感じがいいと思います。
※以下、掲載商品は令和2年度試験対応のものです。令和3年度試験対応のものは、令和3年2月頃に出るので最新版を手に入れましょう。

created by Rinker
実務教育出版
¥990 (2020/09/18 17:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

法律系科目!

これは大きな改正があったら間違いなく買い替えした方がいいです。大きな改正がなかった場合は迷うところですが、僕なら全替えします。

全部変えなくても、国家一般・地方上級・市役所で出題数が多い傾向である、憲法、行政法、民法だけ買うのもありですね。

日々変わっていくものは、最新版で勉強するのがベターです。

created by Rinker
実務教育出版
¥1,980 (2020/09/18 13:32:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
実務教育出版
¥1,980 (2020/09/18 22:35:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
実務教育出版
¥1,980 (2020/09/18 13:32:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
実務教育出版
¥1,980 (2020/09/18 17:42:03時点 Amazon調べ-詳細)

余力があればすべての科目でスー過去5と6をやる!?

本に囲まれて勉強する男性のイラスト

一番かたいのは、スー過去5を3周程度やってマスターしたら、スー過去6にシフトして3周やるというパターンはかたいです。

さすがにそれは、「時間もお金も・・・」という方は、重要科目だけそういうパターンにしてはいかがですか?

たとえば、上記で解説した科目以外だと、教養試験の「数的推理」「判断推理」「文章理解」「資料解釈」ですね。出題数が多く、対策にたくさんの問題をこなして力を付けていかなければならない科目です。

最新の出題傾向で対策でき、より数多くの問題をこなすことになりますので実戦的な力がつきますよ!

※スー過去6の発売前は、本記事で掲載した通販サイトで予約注文ができます。発売日以降に発送になるようです。注文が殺到する前に、必要なものは予約注文しておきましょう!

まとめ

ポイントをおさらいします!

☑スー過去6に買い替えた方がいい科目は、対策に最新の情報が必要なもの!たとえば、財政学、時事、法律系科目
☑余力があるなら、スー過去5を完ぺきにしたあとでスー過去6に取り組むのもいい!
☑とくに重要科目である、「数的推理」、「判断推理」、「文章理解」、「資料解釈」はスー過去5を3周⇒スー過去6を3周して、たくさんの問題をこなすのもいい!

公務員試験対策は膨大な量の勉強になりますし、参考書の改訂はお金的にも悩むところですが、将来への投資です。必要なものは思い切って買いましょう!