【お得な無料ハンドブック】公務員へ転職したいならまずはコレ!

【仕事はきつい?楽しい?】国税専門官の評判&向いている人の特長を徹底解説!

公務員の目指し方
スポンサーリンク

~公務員を目指すなら通信講座効率UP

公務員試験対策は効率が大事!
自宅学習できて、要点を絞った対策なら通信講座が効率的です!

アガルート
オススメ!
クレアール(公務員) LEC
実績ならコレ!
スタディング
コスパならコレ!
ユーキャン
通信講座
教材内容動画講義
音声DL
テキスト
問題集
動画講義
音声DL
テキスト
問題集
動画講義
音声DL
テキスト
問題集
動画講義
Webテキスト
Web問題集
テキスト
問題集
Web学習
動画講義
対応試験種別国家総合職
国家一般・専門職
地方上級
裁判所
市役所・国立大学法人
など幅広く対応!
国家総合職
国家一般職
地方上級
市役所
国立大学法人
裁判所事務官
警察官
など幅広く対応!
国家総合職
国家一般職
地方上級
市役所
警察官
など幅広く対応!
地方上級・市役所(教養)
警察官・消防官
国家一般職・地方上級
教養試験対策
市役所
警察官・消防官
面接対策講義・テキスト
ES・面接カード添削
(回数無制限)
模擬面接
(回数無制限)
※飯田橋ラウンジorSkype
講義
ES・面接シート添削
模擬面接
(回数無制限)
※リモート
講義
ES・面接シート添削
模擬面接
(回数無制限)
講義
ES添削
講義
ESアドバイス
料金約12~38万円約10~30万円約20~40万円66,000円54,000~
89,000円
その他!安価&質の高い学習!安価な通信!上位合格実績あり!教養型受験向け!テキスト通信

▼もっともオススメはアガルート!
(※教育クレジットローン0円キャンペーン中!)

~本記事のテーマ~

  • 国税専門官の仕事ってきつい?楽しい?
  • 国税専門官の評判は?
  • 国税専門官の向いている人は?

国家公務員の国税専門官に興味があります。

「やめとけ」っていうスレ(口コミ)を見かけたりしますが・・・

国税専門官の評判ってどうですか?

負け組ではないですよね?

国税専門官の仕事って楽しいですか?

どんな人が向いているでしょうか?

そんな疑問にお答えします!

「国税専門官」とは、税の専門職として働く国家公務員。

財政の基盤となる国税のスペシャリストとして働くため、やりがいも大きい職種ですが、

「国税専門官の仕事ってきついの?楽しい面もある?」

「国税専門官の評判って良い?」

「国税専門官の仕事に向いている人って?」

といった疑問を持ちの方も多いかと思います。

そこで本記事では、国税専門官を目指す方向けに、

  • 国税専門官の仕事はきついか?
  • 国税専門官で楽しいことは?
  • 国税専門官に向いている人の特長

を紹介していきます。

民間⇒公務員転職の経験を持つ僕が、国税専門官の仕事について徹底解説しますのでぜひご参考にください!

▼【簡単!】公務員試験の全体像を知る方法!

公務員試験を目指すなら、まずは試験の全体像を把握することから!
予備校クレアールの資料請求(無料)では、講座の宣伝だけでなく、試験情報・対策方法などの情報が満載です。
公務員試験の全体像がすぐに分かるので、スタートでライバルたちに差をつけられます!

▼クレアール資料請求で試験情報をチェックする!

ラピ
ラピ

予備校の資料請求って、「その後の勧誘がひどいんじゃない?」といった心配もありますが、クレアールはそういったことはなかったですね。
安心して、お得な資料をゲットしておくと良いかと思います。

※クレアールは、資料請求で受講料に使えるクーポンももらえることがあるので、もらっておいて損はないでしょう!

市役所入庁の辞令

【評判】国税専門官の仕事はきつい?楽しい?

国税専門官は、税の分野のスペシャリスト。

仕事内容についての評判は、良い点も悪い点もあり。

きついこと・楽しいことについて見ていきましょう!

~【評判】国税専門官の仕事~

  • 【きついこと】高度な専門知識が必要
  • 【きついこと】部署・時期によって忙しさが異なる
  • 【きついこと】さまざまな人への対応がある
  • 【楽しいこと】いろんなことを勉強できる
  • 【楽しいこと】給料面が安定している

【きついこと】高度な専門知識が必要!

国税専門官の仕事は、次の職種に分かれて行います。

  • 国税調査官(申告の調査・検査・指導等)
  • 国税徴収官(納税の催促や指導等)
  • 国税査察官(悪質な脱税者への捜査・差押、警察官への告発等)

(※国税庁「業務内容」参照

国税専門官は、税に関する分野で「専門性の高い仕事」を担います。

業務にあたる際、いろいろと勉強していかなければならないことは多くなり、「つらい」と感じることはあるかもしれません。

ニュースなどでも見かけることは多いですが、「脱税」も起きます。

いろいろと対応力も試される仕事でしょう。

ラピ
ラピ

国税専門官の仕事は、膨大な書類・データ等をチェックしたりするため、心身ともに「きつい仕事」でもあります。

こういった仕事に馴染まないと、「辞めたい」と感じる人もいるでしょう。

評判が分かれるところですね。

【きついこと】部署・時期によって忙しさが異なる

国税専門官に限らず公務員アルアルですが、部署によって忙しさや業務難易度は異なります。

とくに、確定申告の年度末等は「繁忙期」となり、残業続きになることも。

「ホワイト」な職場もありますが、そんな部署ばかりではないでしょう。

ただし、国税専門官は、年中「激務」ということはないかと思います。

また、数年ごとに異動はあるので、忙しい部署ばかりではない一方、職種によっては「つらい」と感じるものもあるかもしれません。

とくに、公務員の場合、仕事量・能力によって大きく給料が変わることはないのでつらいところです。
(※残業代での収入の増減はありますが、残業が100%付けられるかは上司や職場によるかと思います。)

ラピ
ラピ

僕が勤めた市役所では、「忙しい部署だから評価が高いか」というと、そうではありませんでした。

あくまで「業務目標に対してどれだけ達成したか」。

忙しくて達成度が低いと、評価も悪くなります。

公務員のつらいところですね。

ただし、国税専門官などの国家専門職では、各種手当類が充実。

給料面は悪くないでしょう。

【きついこと】さまざまな人への対応がある

国税専門官は、納税者と関わる仕事です。

「誰もが税金を払いたくない」中で、しっかり定められた税金を納めてもらわなければなりません。

とくに、国税徴収官・国税査察官は、そういった傾向の強い納税者を相手にしなければならないため、「つらい」と感じることも。

メンタルを強くして取り組まないと、せっかく国家公務員になっても「辞めたい」となったり、最悪の場合は「うつ」になることもあるかもしれません。

ラピ
ラピ

僕が勤めていた市役所にも、「うつ」になって長期休暇となってしまう人はいました。

お客さん、職場の人間関係等のストレスは大きいので、コミュニケーションを取りながら、うまく対応していくことが重要です。

【楽しいこと】いろんなことを勉強できる

国税専門官の仕事は、高度な専門知識を使って取り組んでいきますが、「つらい」反面、やりがいも大きいです。

向上心が高い人であれば、いろいろ勉強できて「楽しい」と感じるでしょう。

責任ある仕事も多いので、「公務員として仕事に打ち込みたい」という人には向いているかと思います。

【楽しいこと】給料面が安定している

国税専門官は国家公務員のため、給料水準は悪くなく、安定しています。

手当類・福利厚生は充実しており、定年まで働けば退職金もそれなりに出るところは、国税専門官のメリットとなる点です。

ラピ
ラピ

国税専門官は「負け組」のような口コミを見かけることもあるかと思います。

しかし、給料・福利厚生等の待遇面では、決して負け組ではないでしょう。

「仕事に合わない」「上司・職場の人間関係がハズレ」といった場合に、つらい・辞めたいと感じることもあるかもしれません。

与えられた仕事をしっかりこなせば、給料はちゃんともらえますし、よっぽどのことがないと減給などはありません。

給料面を考えると、国税専門官の仕事は楽しく勤められるはずです。

ただ、公務員は、世間水準に合わせて賞与の増減などはあるので注意しましょう。

国税専門官に向いている人は?

国税専門官の仕事は、つらい面も楽しい面もあります。

僕自身も市役所職員を経験して感じたことですが、「公務員の仕事には、向き・不向きがある」ということ。

国税専門官に向いている人の特徴を見ていきましょう!

~国税専門官職員に向いてる人の特徴~

  • 公正・公平に判断できる。
  • 責任感がある。
  • 速く正確に事務処理する能力。
  • 向上心がある。
  • コミュニケーション能力がある。
  • 調整能力がある。

公生・公平に判断できる

国税専門官は、どんな相手にも公正・公平に判断できることが大事です。

税は「お金」のこと。

相手によっては圧力をかけてくる場合もあります。

もちろん、私情を挟むのはご法度ですし、国税専門官の市議とは公平・公正な人が向いているでしょう!

責任感がある

国税専門官は、責任感のある人が向いているでしょう。

公務員全般に言えますが、「国や地域のために奉仕する」気持ちは大事。

とくに、国税専門官は「国の財政基盤となる税」を取り扱うため、責任感は重要です。

難しい仕事もありますが、責任を持ってコツコツ進めていける人が向いていると言えます。

速く正確に事務処理する能力

国税専門官に向いている人の特徴として、「速く正確に事務処理する能力」は必要となります。

部署によって業務は異なりますが、繁忙期もあり、業務量も多め。

お金(税)のことなので、正確かつすばやく業務をこなすことも重要です。

向上心がある

繰り返しになりますが、国税専門官の仕事は、高度な専門知識も使います。

一人前の国税専門官になるまでに、研修制度も多くあり、身につけるべきスキル(知識)は多々あり。

向上心を持って、しっかり勉強していく必要もあるでしょう。

公務員生活を「のらりくらりと過ごしたい」という方には向いていないかもしれません。

「向上心のある人」が、国税専門官に向いているでしょう!

ラピ
ラピ

僕の市役所生活では、財産管理の仕事をしていました。

土地や建物財産の管理では、こみ入った仕事や、法令等をよく把握して業務にあたらないといけないためストレスも大きいです。

つらいところでもありますが、いろいろ勉強して理解していくと、やりがいを感じますね!

コミュニケーション能力がある

国税専門官の仕事は事務処理だけではありません。

税に関する法令等を理解して、個人・法人と話をしながら業務を進めていかなければなりません。

高圧的な態度でもいけませんし、伝えることはしっかり伝えないといけないため、コミュニケーション能力も大事でしょう。

納税者だけでなく、上司への報連相もそうですが、コミュニケーション能力のある人が向いているでしょう。

ラピ
ラピ

国税専門官は、「上下関係が厳しい」「体育会系だ」などという評判を見かけることも。

職場にもよると思いますが、公務員は基本的に上下関係がラフなところはあまりないかと思います。

上の方とも、上手にコミュニケーションを取りながら、仕事を進めていくと良いですね。

調整能力がある

先にも述べたとおり、国税専門官の仕事は、対内部・外部とのコミュニケーション能力が大事です。

あらゆる場面で、「調整」が必要となるので、調整能力のある人が向いているでしょう。

【つらい?楽しい?】国税専門官に関するよくあるQ&A!

国税専門官に関するよくあるQ&Aを紹介します!

【つらい?】パワハラってあるの?

国税専門官に限らず、公務員の中でも「パワハラ」はなかなか無くならない問題です。

世間的には「ダメなこと」だと言われていても、仕事は人間同士の関わり合い。

いろんなタイプの人がいて、「行き過ぎた指導」をする人もいます。

ラピ
ラピ

僕が勤めていた市役所でも、部下に対して高圧的に接するシーンは見かけたことがあります。

 

国税専門官のような専門職だと、経験ある上司・先輩から「厳しい指導」となるケースもあるかと。

ただし、そんな上司たちばかりではないですし、人事異動も定期的にあります。

もし、パワハラなど「きついな」と感じる職場に配属されても、1~2年辛抱すれば異動でリセットされるケースは多いでしょう。

【楽しい?】国税専門官はモテるの?

「公務員はモテる」という評判はよく聞きますよね!?

結論、国税専門官に限らず、公務員はモテると思います。

例えば、合コンなんかで「女性⇒男性に対してモテる」というのは定番。

一方、男性⇒女性としても評判の悪くない職業でしょう。

また、職場内の異性から「モテる」ということも。

市役所でもありましたが、職場内の恋愛・結婚も見られます。

国税専門官は、採用後に研修制度も多くあるので、そういった場で進展することもあるかも!?

【国税専門官合格に向けて】採用試験の全体像を把握しよう!

国税専門官等の公務員試験合格を目指す上で、大事なことをまとめます。

公務員試験にチャレンジするなら、まずは全体像を知ることが超重要です。

国家専門職である「国税専門官」を目指す際に、見ておくべきポイント(全体像)は次のとおり!

  • 国税専門官採用試験の流れ(内容・日程等)
  • 国税専門官のボーダー(合格ライン)
  • 国税専門官の試験対策方法

国税専門官採用試験の流れ(内容・日程等)を知ろう!

国税専門官採用試験は、

  1. 「国税専門官採用試験」に最終合格
    ⇒教養(択一)・専門(択一)・専門(記述)・面接試験
  2. 「採用面接」受験⇒内定

といった流れです。

採用試験の最終合格後に「採用面接」があるのが特長的。

国税専門官合格を目指すなら、「どんな試験があるか?」、「試験科目は?」、「試験日程は?」などといったことはしっかり把握しておきましょう!

公務員試験の全体像を知るなら、予備校のパンフレット請求がオススメ!

クレアールやLECといったところの資料請求(無料)でもらえるパンフレットは、公務員試験までの流れや試験科目等の情報が見やすくなっています。

公務員予備校クレアールの資料

公務員予備校クレアールの資料

国税専門官などの公務員合格を目指すなら、すぐにでも取り寄せておくと、効率的に情報収集ができます。

試験対策のスタートが切りやすくなるでしょう!

▼クレアールの資料請求で公務員試験の情報を集める!
(※公式HP)

\クレアールは受講料クーポンがもらえることも!/

▼大手LECの資料請求で公務員試験の情報を集める!
(※公式HP)

ラピ
ラピ

公務員試験はライバルたちとの戦いです!

国税専門官に合格するなら、「効率」&「行動力」が大事!

公務員予備校の資料で、効率的に情報収集しましょう!

国税専門官のボーダー(合格ライン)を把握しよう!

国税専門官採用試験の合格を目指すなら、ボーダーは把握しておくべき。

目指す試験の合格点や平均点を知っておけば、何をどれくらい勉強する必要があるのかが明確になります。

国税専門官の試験結果(合格点・平均点等)は公表されているので、しっかり把握しておきましょう。

国税専門官の試験対策方法を決めよう!

国税専門官合格に向けて、試験対策方法を検討する必要があります。

  • 予備校(通学・通信) ⇒おすすめ!
  • 独学
  • 通信教育

独学で国税専門官を目指すなら、参考書をひととおり手に入れて、コツコツ勉強を進めます。

ただし、国税専門官合格を目指すなら、公務員予備校の利用がおすすめ!

国税専門官採用試験は、専門試験(択一・記述)の配点が多く、専門対策の重要度が高くなります。

専門試験対策は難易度がやや高めになるので、独学よりも予備校利用で、確実に合格ライン突破を目指す方がベターでしょう。

通信教育なら「ユーキャン」などが有名ですが、国家一般職や地方上級、市役所といったスタンダードな試験対策向けの講座を持ちます。

そのため、例えば「国家一般職と国税専門官を併願」などといった方なら、ユーキャンで国家一般職対策しつつ、足りない部分は問題集を買って補うとよいでしょう!

予備校と比べて、圧倒的安価に教材が手に入るので検討の価値はあるかと思います。

▼ユーキャン公務員講座をチェックしてみる!
(資料請求がおすすめ!)

\ユーキャンは楽天市場での購入がお得!(ポイント還元)/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。] ユーキャンの大卒公務員通信講座 国家一般職・地方上級コース
価格:89000円(税込、送料無料) (2022/4/13時点)

楽天で購入

 

まとめ

国税専門官の仕事には、つらい面も楽しい面もあります。

責任ある仕事になるため、「つらい」と感じることもあるかもしれませんが、一方ではやりがいも大きいです。

給与面も安定していて退職金もそれなりにもらえます。

どの仕事も評判の良し悪しはあり。

人によっては「やめとけ」などと言われることもありますが、国・地域への貢献を果たす国税専門官はやりがいある仕事といえるでしょう。

▼【簡単!】公務員試験の全体像を知る方法!

公務員試験を目指すなら、まずは試験の全体像を把握することから!
予備校クレアールの資料請求(無料)では、講座の宣伝だけでなく、試験情報・対策方法などの情報が満載です。
公務員試験の全体像がすぐに分かるので、スタートでライバルたちに差をつけられます!

▼クレアール資料請求で試験情報をチェックする!

ラピ
ラピ

予備校の資料請求って、「その後の勧誘がひどいんじゃない?」といった心配もありますが、クレアールはそういったことはなかったですね。
安心して、お得な資料をゲットしておくと良いかと思います。

※クレアールは、資料請求で受講料に使えるクーポンももらえることがあるので、もらっておいて損はないでしょう!

~国税専門官の試験対策記事~

▼国税専門官のなり方を紹介!

▼国税専門官向けにおすすめ予備校!

▼国税専門官への勉強法!

▼国税専門官の難易度(倍率・ボーダー等)!

▼国税専門官の面接対策!

▼国税専門官の面接カード対策!

▼国税専門官の採用面接対策・採用漏れ!

~国税専門官の仕事関連記事~

▼国税専門官の仕事内容を紹介!

▼国税専門官の仕事はつらい?向いている人を紹介!

▼国税専門官の年収・給料事情を紹介!

~国税専門官と財務専門官で迷う方向け~