【お得な無料ハンドブック】公務員へ転職したいならまずはコレ!

【年収1000万は可?】国税専門官の給料・退職金を徹底解説!

公務員ライフ
スポンサーリンク

~本記事のテーマ~

  • 国税専門官の年収は?他の公務員の給料と比較してどれくらいなの?
  • 国税専門官の初任給は?
  • 国税専門官の仕事って、年収1000万円は目指せる?

国税専門官って、どれくらいの年収になるのでしょうか?

他の公務員の給料と比べると低いのでしょうか?

国税専門官は年収1000万円って可能ですか?

退職金はどれくらいもらえますか?

そんな疑問にお答えします!

「国税専門官」とは、税の専門職として働く国家公務員。

財政の基盤となる国税のスペシャリストとして働くため、やりがいも大きい職種ですが、

「国税専門官の給料事情は?他の公務員と比べて年収は高いの?低いの?」

「国税専門官って、初任給は安い?」

「国税専門官の退職金ってどれくらいもらえる?」

「国税専門官で年収1000万目指せるかな・・・お金持ちになれる?」

という疑問をお持ちの方も多いかと思います。

そこで本記事では、国税専門官の年収&退職金を紹介していきます。

民間⇒公務員転職の経験を持つ僕が、国税専門官の給料事情を徹底解説しますので、ぜひご参考にください!

▼【簡単!】公務員試験の全体像を知る方法!

公務員試験を目指すなら、まずは試験の全体像を把握することから!
予備校クレアールの資料請求(無料)では、講座の宣伝だけでなく、試験情報・対策方法などの情報が満載です。
公務員試験の全体像がすぐに分かるので、スタートでライバルたちに差をつけられます!

▼クレアール資料請求で試験情報をチェックする!

ラピ
ラピ

予備校の資料請求って、「その後の勧誘がひどいんじゃない?」といった心配もありますが、クレアールはそういったことはなかったですね。
安心して、お得な資料をゲットしておくと良いかと思います。

※クレアールは、資料請求で受講料に使えるクーポンももらえることがあるので、もらっておいて損はないでしょう!

市役所入庁の辞令

【給料事情】国税専門官の年収を徹底分析!

さっそくですが、国税専門官の年収をみていきましょう!

国税専門官の年収は?

まず結論から言うと、国税専門官の平均年収は約672万円となります(平均年齢42.6歳)。

~年収計算方法~

人事院が公表している令和3年度「国家公務員給与の実態」より。

税務職俸給表を用い、ボーナス約4.30か月とする。

国税専門官など公務員の給料は、法律に基づいて定められ、職種ごとの「俸給表」であらわされます。

ホームページ等でも公開されているので、気になる公務員の年収はチェックしてみると良いでしょう!

国税専門官の年収に関わる手当類!

国家公務員である国税専門官の年収には、「手当類」も含まれ、給料への影響はわりと大きくなります。

国税専門官の諸手当は次のとおり!

~生活補助給的手当~

  • 扶養手当(配偶者6,500円など)
    ⇒扶養親族のある職員に支給
  • 住居手当(~28,000円)
    ⇒借家・借間に居住する職員に支給
  • 通勤手当
    ⇒交通機関等の利用者(~55,000円)、自動車等の使用者(~31,600円)に支給
  • 単身赴任手当(~10万円/月)
    ⇒異動等で単身で生活する職員に支給

~地域給的手当~

  • 地域手当(支給割合~20/100)
    ⇒民間賃金の地域に勤務する職員に支給
  • 広域移動手当(支給割合~10/100)
    ⇒官署間60km以上の広域医的な異動等を行った職員に、距離に応じて3年間支給
  • 特地勤務手当(支給割合~25/100)
    ⇒離島などの官署に勤務する職員に支給。
  • 寒冷地手当(~26,380円)
    ⇒寒冷地に在勤する職員に11月~3月に支給。

~時間外勤務・賞与等の手当~

  • 超過勤務手当
    ⇒正規の勤務時間を超えた場合に支給
  • 休日給
    ⇒休日等の正規の時間に勤務した職員に支給
  • 夜勤手当
    ⇒正規の勤務時間として深夜に勤務した職員に支給
  • 宿日直手当(~21,000円)
    ⇒宿日直勤務を行った職員に支給
  • 期末手当
    ⇒6/1・12/1に在職する職員等に支給

~職務の特殊性に基づく手当~

  • 俸給の特別調整額(~130,300円)
    ⇒管理・監督の地位にある職員に支給
  • 管理職員特別勤務手当(~18,000円)
    ⇒管理・監督職員が、臨時または緊急の用務で週休日や深夜に勤務した場合に支給
  • 特殊勤務手当
    ⇒著しく危険、不快、困難等の勤務に従事する職員に支給

※参照:人事院HP「国家公務員の諸手当」

国税専門官などの国家公務員の給料には、さまざまな手当が支給されます。

「基本給(初任給)が低い」と感じる方もいるかもしれませんが、手当類の支給で年収は意外と多かったりするでしょう。

ラピ
ラピ

最初のうちは、住居手当・通勤手当・地域手当・超過勤務手当(残業)といったところが多く関わってくるかなと思います!

市役所の給料明細
市役所の給料明細

【最初の給料】国税専門官の初任給は?

国税専門官一年目の初任給は250,560円。
(※東京都特別区に勤務する場合の地域手当込)

地域手当の支給がない地域へ採用された場合は、208,800円です。

このほか、手当類(扶養・住宅・通勤・期末・勤勉手当等)の支給となります。

~初任給の手取りは?~

上記の初任給は、総支給額です。
(※総支給額⇒年収計算になるもの)

実際の手取り金額は、「総支給額ー控除額」となります。

控除には、

  • 所得税
  • 住民税
    ※昨年の収入から計算される。新卒なら一年目は基本的になし。
  • 保険料(健康保険・年金保険)
    ※公務員は共済保険。「掛金」などという形で天引き。

といったものがあり、これらを差し引いた金額が手取り(実際にもらえるお金)となります!

市役所の給料明細(控除)
市役所の給料明細(控除)

国税専門官の退職金は?

国家公務員である国税専門官は、「退職手当」として退職金も法律(国家公務員退職手当法)でしっかり定められています。

令和2年度退職者の退職手当支給実績(平均支給額)は次のとおり!
※行政職俸給表(一)適用者支給額【参考値】

  • 定年退職⇒21,279,000円
  • 全体(自己都合等含む)⇒15,074,000円

≫内閣官房HP「退職手当の支給状況」

ラピ
ラピ

上記は「行政職俸給表(一)適用者」の支給額です。

国税専門官の「税務職俸給表適用者」は、これより基本給が高い傾向なので、退職金ももう少しもらえるでしょう。

国税専門官として定年まで働けば、それなりにしっかりとした退職金をもらうことができます。

~【参考】退職手当の算定~

退職手当=基本額(退職日の俸給月額×退職理由別・勤続期間別支給割合)+調整額

※参照:人事院HP「定年後の収入と支出」

国税専門官で年収1000万は可能?

「国税専門官で年収1000万円は目指せるの?」という疑問を持つ方もいるかと思います。

結論、国税専門官の仕事で昇進(出世)し、高い役職に就けば不可能ではないでしょう。

ラピ
ラピ

ただし、国税専門官の上位ポストである署長は、各地にある税務署のトップ。

その他の管理職含め、狭き門にはなります。

「お金持ちになりたい」という人は、かなり頑張らないといけないですね!

ちなみに、税務職俸給表のもっとも高い給料が572,900円(10級21号)。

年収としては、単純計算で約930万円です。

これに手当類を入れたら、年収1000万円は可能でしょう。

また、内閣官房内閣人事局が公表している「国家公務員年収モデル」では、年齢・役職により、以下のような年収例が挙げられています。
(※参照:人事局HP「国家公務員の給与」

モデル年齢月額年収
係員25歳193,900円3,178,000円
係長35歳273,600円4,544,000円
本府省課長補佐35歳440,600円7,314,000円
本府省課長50歳749,400円12,659,000円
本府省局長1,074,000円17,804,000円

国税専門官に限ったモデル表ではないので、あくまで一例です。

参考程度に見ておくと良いですが、国税専門官に採用されてからの頑張りも大事ですね。

ラピ
ラピ

年収の高い役職に就けるのは、ほんの一握り。

しかし、仕事のがんばりに対して「評価制度」もあるので、前向きに頑張ると良いことあるかも!

評価により、昇格・昇給・ボーナスに影響します。

どうしても年収を増やして「お金持ちになりたい」という方は、副業や投資という選択肢もあり。

公務員の副業は原則禁止ですが、とくに投資活動なら問題なくできます。

  • 株式投資
  • 投資信託
  • 不動産投資 など

最近は、貯金⇒投資という世の中の流れもあるので、いろいろとチェックしてみると良いでしょう!

【年収比較】国税専門官vs他の公務員・民間企業!

では、国税専門官の年収について、他の公務員との比較をしてみましょう!
(※令和3年調査より)

平均年収初任給
国税専門官
(税務職俸給表)
約672万円
(平均42.6歳)
250,560円
※地域手当なし
⇒208,800円
税務専門官
(行政職俸給表一)
約628万円
(平均43.0歳)
218,640円
※地域手当なし
⇒182,200円
国家一般職
(行政職俸給表一)
約628万円
(平均43.0歳)
218,640円
※地域手当なし
⇒182,200円
都道府県
(一般行政・大卒)
約635万円187,623円

(一般行政・大卒)
約610万円184,524円

日本全体の平均給与は467万円と言われますので、公務員は高めの年収になります。
(※参照:国税庁HP「平均給与」

公務員の中でも、税務署で働く「国税専門官」は年収高めですね。

財務専門官は、国家一般職と俸給表が同じですが、都道府県(地方上級)と比べてやや低く、市役所よりも高い給料の相場となります。

国税専門官の仕事内容は?

「国税専門官」の仕事内容も見ていきましょう。

冒頭でも述べましたが、国税専門官は税のスペシャリスト。

国家公務員専門職に分類され、国税に関わる業務を担います。

国税専門官の仕事!

国税専門官の仕事内容は、国の財政基盤を支えるため、適正かつ公平な税務行政を行うこと。

採用後は、次の職種に分かれて業務にあたります。

  • 国税調査官(申告の調査・検査・指導等)
  • 国税徴収官(納税の催促や指導等)
  • 国税査察官(悪質な脱税者への捜査・差押、警察官への告発等)

国税専門官の勤務地

国税専門官の勤務地は次のとおり!

  • 全国エリア別にある税務署
  • (国税局・国税等等)

基本的には、採用された国税局管内の税務署にて働くこととなります。

転勤も基本的に2~3年周期で行われ、採用された国税局・沖縄国税事務所管内においての異動となり、転居を伴うものor伴わないものもあるでしょう。

国税専門官職員に向いている人は?

僕自身、公務員を経験して感じたことですが、「公務員の仕事には、向き・不向きがある」ということ。

国税専門官の仕事は、高度な知識やスキルが必要な仕事です。

以下に、国税専門官に「向いている人」の特長をまとめます。

~国税専門官職員に向いてる人の特徴~

  • 公正・公平に判断できる。
  • 責任感がある。
  • 速く正確に事務処理する能力。
  • 向上心がある。
  • コミュニケーション能力がある。
  • 調整能力がある。

これらがすべてではないですが、国税専門官の仕事に勤めていく上で大事な特長かなと思います。

【国税専門官合格に向けて】採用試験の全体像を把握しよう!

国税専門官等の公務員試験合格を目指す上で、大事なことをまとめます。

公務員試験にチャレンジするなら、まずは全体像を知ることが超重要です。

国家専門職である「国税専門官」を目指す際に、見ておくべきポイント(全体像)は次のとおり!

  • 国税専門官採用試験の流れ(内容・日程等)
  • 国税専門官のボーダー(合格ライン)
  • 国税専門官の試験対策方法

国税専門官採用試験の流れ(内容・日程等)を知ろう!

国税専門官採用試験は、

  1. 「国税専門官採用試験」に最終合格
    ⇒教養(択一)・専門(択一)・専門(記述)・面接試験
  2. 「採用面接」受験⇒内定

といった流れです。

採用試験の最終合格後に「採用面接」があるのが特長的。

国税専門官合格を目指すなら、「どんな試験があるか?」、「試験科目は?」、「試験日程は?」などといったことはしっかり把握しておきましょう!

公務員試験の全体像を知るなら、予備校のパンフレット請求がオススメ!

クレアールやLECといったところの資料請求(無料)でもらえるパンフレットは、公務員試験までの流れや試験科目等の情報が見やすくなっています。

公務員予備校クレアールの資料

公務員予備校クレアールの資料

国税専門官などの公務員合格を目指すなら、すぐにでも取り寄せておくと、効率的に情報収集ができます。

試験対策のスタートが切りやすくなるでしょう!

▼クレアールの資料請求で公務員試験の情報を集める!
(※公式HP)

\クレアールは受講料クーポンがもらえることも!/

▼大手LECの資料請求で公務員試験の情報を集める!
(※公式HP)

ラピ
ラピ

公務員試験はライバルたちとの戦いです!

国税専門官に合格するなら、「効率」&「行動力」が大事!

公務員予備校の資料で、効率的に情報収集しましょう!

国税専門官のボーダー(合格ライン)を把握しよう!

国税専門官採用試験の合格を目指すなら、ボーダーは把握しておくべき。

目指す試験の合格点や平均点を知っておけば、何をどれくらい勉強する必要があるのかが明確になります。

国税専門官の試験結果(合格点・平均点等)は公表されているので、しっかり把握しておきましょう。

国税専門官の試験対策方法を決めよう!

国税専門官合格に向けて、試験対策方法を検討する必要があります。

  • 予備校(通学・通信) ⇒おすすめ!
  • 独学
  • 通信教育

独学で国税専門官を目指すなら、参考書をひととおり手に入れて、コツコツ勉強を進めます。

ただし、国税専門官合格を目指すなら、公務員予備校の利用がおすすめ!

国税専門官採用試験は、専門試験(択一・記述)の配点が多く、専門対策の重要度が高くなります。

専門試験対策は難易度がやや高めになるので、独学よりも予備校利用で、確実に合格ライン突破を目指す方がベターでしょう。

通信教育なら「ユーキャン」などが有名ですが、国家一般職や地方上級、市役所といったスタンダードな試験対策向けの講座を持ちます。

そのため、例えば「国家一般職と国税専門官を併願」などといった方なら、ユーキャンで国家一般職対策しつつ、足りない部分は問題集を買って補うとよいでしょう!

予備校と比べて、圧倒的安価に教材が手に入るので検討の価値はあるかと思います。

▼ユーキャン公務員講座をチェックしてみる!
(資料請求がおすすめ!)

\ユーキャンは楽天市場での購入がお得!(ポイント還元)/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。] ユーキャンの大卒公務員通信講座 国家一般職・地方上級コース
価格:89000円(税込、送料無料) (2022/4/13時点)

楽天で購入

 

まとめ

国税専門官の年収は、約672万円(平均年齢42.6歳)。

初任給などの給料ベースでは「安い」と感じる方もいるかもしれませんが、ほかにも各種手当あります。

年収としては、それなりに高めといえるでしょう。

国税専門官として勤める中で、昇進等により年収1000万円も不可能ではないので、高年収を目指すなら採用後の頑張りも大事かと思います。

まずは、国税専門官試験対策をコツコツがんばり、採用試験合格を目指しましょう!

▼【簡単!】公務員試験の全体像を知る方法!

公務員試験を目指すなら、まずは試験の全体像を把握することから!
予備校クレアールの資料請求(無料)では、講座の宣伝だけでなく、試験情報・対策方法などの情報が満載です。
公務員試験の全体像がすぐに分かるので、スタートでライバルたちに差をつけられます!

▼クレアール資料請求で試験情報をチェックする!

ラピ
ラピ

予備校の資料請求って、「その後の勧誘がひどいんじゃない?」といった心配もありますが、クレアールはそういったことはなかったですね。
安心して、お得な資料をゲットしておくと良いかと思います。

※クレアールは、資料請求で受講料に使えるクーポンももらえることがあるので、もらっておいて損はないでしょう!

~国税専門官の試験対策記事~

▼国税専門官のなり方を紹介!

▼国税専門官向けにおすすめ予備校!

▼国税専門官への勉強法!

▼国税専門官の難易度(倍率・ボーダー等)!

▼国税専門官の面接対策!

▼国税専門官の面接カード対策!

▼国税専門官の採用面接対策・採用漏れ!

~国税専門官の仕事関連記事~

▼国税専門官の仕事内容を紹介!

▼国税専門官の仕事はつらい?向いている人を紹介!

▼国税専門官の年収・給料事情を紹介!

~国税専門官と財務専門官で迷う方向け~