クレアールは公務員試験に最適?【独学派の元公務員が徹底解説!】

公務員試験対策
スポンサーリンク

公務員を目指しています。

クレアールって気になっていますが、公務員試験にどうでしょうか?

そんな疑問にお答えします。

独学で目指す人も多い公務員試験ですが、予備校って必要なのか、どの予備校がいいのかってとても迷うところかと思います。

僕自身は独学派で、公務員試験も予備校など使わずに突破した過去がありますが、正直なところクレアールのように通信講座型の予備校はおすすめです。

では、詳しく解説していきます!

クレアールとは?

女の子が疑問を持った様子のイラスト

クレアールとは、通信講座に特化した資格試験対策の予備校です。

資格試験のほか、公務員講座もあるため、公務員試験の合格を目指す学生や社会人などの利用者も多いです。

クレアールは予備校と言っても、授業はWeb映像に特化しており、校舎の数は多くはありません。

公務員講座でも、ほとんどがパソコン等を用いた映像授業を受ける形になっており、面接対策などで校舎が近くにあれば校舎でも受講できますが、オンラインでの面接対策となる人も多いです。

クレアールで公務員試験を突破できるか?

では、クレアールで公務員試験を突破できるか?について考えてみたいと思います。

結論、クレアールは公務員試験対策に十分通用すると言えます。

クレアールHPでも掲載されているとおり、合格体験記で様々な公務員試験を突破して合格した実績が公表されています。国家公務員、裁判所、税務署、地方上級、特別区、市役所など様々な合格体験記も見られます。
(≫クレアール公務員講座

ただ、合格実績数とか合格率なんかは載っていないので不明です。おそらくですが、通信講座に特化した予備校のため、どうしても合格報告が集まりにくいといった事情もあると思います。

クレアールの特徴は?他の予備校と何が違うの?

クレアールの特徴を次にまとめます。

~内容・サポート面~

  • 通信講座に特化。
  • 料金が予備校に比べて安めの設定。
  • 担任制サポートあり。電話やメールで相談可能。
  • 1年間の安心受講保証が可能。

~学習面~

  • 講義が短め。
  • 教材は合格必要得点範囲に限定。ムダのないコンパクトな教材。
  • 論文対策の添削が無制限。
  • 面接対策が充実(面接シートの添削無制限)。

とくにクレアールの場合は、短期集中型といっては語弊があるかもしれませんが、「非常識合格法」という独自の手法があります。

この非常識合格法とは、徹底した過去問分析によって、特典率の高い論点を徹底的に学ぶことができる講義を行うものです。

そのため、クレアールのサービスを十分に活用することができれば、公務員合格への可能性は上がると言えます。

料金もコースによって10~30万円程度になっており、自分が目指す公務員に合わせてコースを選ぶことで、必要な力を養っていくことができます。

細かいコース設定になっているので、自分に合ったコースで効率的に最短合格を目指すことが可能となりますね。

クレアールのメリット・デメリットは?

クレアールのメリットをあげていきましょう。

  • Web映像授業がPC、スマホ、タブレット全てのデバイスOK!
    ⇒どこでも学習でき、スキマ時間を有効活用できる。
  • Web映像が倍速機能(2倍まで)あり!
    ⇒講義視聴時間を短縮でき、効率的な勉強ができる。
  • 論文対策が充実!
    ⇒論文答案は、テーマを問わず無料で添削。添削内容をもとに書き直した答案は再添削もできる。受験先で過去に出題されたテーマについても添削対象となる。
  • 面接対策が充実!
    ⇒「面接講義、ライティング、スピーチ」の事前準備対策と、ES・面接シートの添削指導、模擬面接(東京・水道橋来校または電話)の個別指導を受けることができる。
  • 1年間の安心受講保証がある
    ⇒もし合格できなかった場合に1年受講期限を延長できる。

公務員試験対策としては、十分な内容でサポートしてくれていると思います。

特徴的なのは、1年間の安心受講保証ですね。受験までに勉強が遅れて間に合わない場合に、翌年の受験に切り替えることもあると思いますが、そんなときに便利なシステムです。

このシステムは、例えば、コース受講料250,000円のプランの場合、安心保証なしだと2年目の受講料は30%OFFになって425,000円の支払いになりますが、安心保証プランだと1年目の受講料に+30000円を支払うことで2年目も追加負担なしで受講を継続することができます。
(下図参考です。)

クレアールHPより引用
”https://www.crear-ac.co.jp/”

しかも、1年目に合格すると保証料金を返金してくれるので良心的ですね。

逆にデメリットをあげてみます。次のようなところがデメリットとなるでしょうか。

  • 模擬面接が東京・水道橋校限定(電話面接はあり)。

デメリットは、通信講座に特化しているがゆえ、直接、模擬面接できるのが水道橋校限定であることです。本来は、直接、模擬面接できるのが一番ですが、これについては電話面接で対応できますし、面接シートやESシートの添削も回数無制限でしてもらえますので、面接対策としては充実かなと思います。

まとめ

クレアールの公務員試験対策について、特徴やメリット・デメリットを紹介しました。

価格の安さはもちろんありがたい点ですが、クレアールの「非常識合格法」という独自の手法で、効率的に合格を勝ち取っていくというところはとても評価できるところかと思います。

公務員試験は膨大な量の勉強になるため、効率的な勉強が求められます。

独学でチャレンジする人も多いかと思いますが、やはり効率的な勉強は不可欠になり、そういった面では予備校というのは大きなサポートになります。しかも、通信講座のため、予備校に通うムダな時間も省け、パソコンやスマホなどがあればすぐに勉強できるのは大きなメリットですね。

あと、クレアールの特徴である安心保証プランも、もしもの時にありがたい制度かと思います。

クレアールだと20万円前後の費用にはなりますが、公務員になったときの安定した給料、昇給、ボーナス、退職金を考えるとすぐに回収できるはずです。

公務員になりたいと思うなら、クレアールを検討してみてもよいと思います。僕自身、独学で公務員になった過去がありますが、予備校のようなサポートはあるに越したことはないです。

クレアールを受講するしないは別として、まずは資料請求してみて、しっかり内容を見てから考えるとよいでしょう。

もちろん資料請求は無料ですので、まずはそこからスタートすることをおすすめします。

クレアール無料資料請求はこちらから

公務員を目指すライバルは、この時間にも対策を進めています。行動力がものを言う世の中です。

無料の資料請求はすぐにでも行って、次のステップとしてどうしていくかを考えていくとよいですね。
クレアール公務員講座
※上のクレアール公務員講座ページ内にも、資料請求ページへ行くことができます。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたにとって、公務員を目指すための参考になれば幸いです。

~社会人で公務員へ転職したい方におすすめ記事~