【お得な無料ハンドブック】公務員へ転職したいならまずはコレ!

【実績良し!】LEC公務員試験講座の評判&特長を徹底解説!

公務員予備校

~公務員を目指すなら通信講座効率UP

公務員試験対策は効率が大事!
自宅学習できて、要点を絞った対策なら通信講座が効率的です!

アガルート
オススメ!
クレアール(公務員) LEC
実績ならコレ!
スタディング
コスパならコレ!
ユーキャン
通信講座
教材内容動画講義
音声DL
テキスト
問題集
動画講義
音声DL
テキスト
問題集
動画講義
音声DL
テキスト
問題集
動画講義
Webテキスト
Web問題集
テキスト
問題集
Web学習
動画講義
対応試験種別国家総合職
国家一般・専門職
地方上級
裁判所
市役所・国立大学法人
など幅広く対応!
国家総合職
国家一般職
地方上級
市役所
国立大学法人
裁判所事務官
警察官
など幅広く対応!
国家総合職
国家一般職
地方上級
市役所
警察官
など幅広く対応!
地方上級・市役所(教養)
警察官・消防官
国家一般職・地方上級
教養試験対策
市役所
警察官・消防官
面接対策講義・テキスト
ES・面接カード添削
(回数無制限)
模擬面接
(回数無制限)
※飯田橋ラウンジorSkype
講義
ES・面接シート添削
模擬面接
(回数無制限)
※リモート
講義
ES・面接シート添削
模擬面接
(回数無制限)
講義
ES添削
講義
ESアドバイス
料金約12~38万円約10~30万円約20~40万円66,000円54,000~
89,000円
その他!安価&質の高い学習!安価な通信!上位合格実績あり!教養型受験向け!テキスト通信

▼もっともオススメはアガルート!
(※教育クレジットローン0円キャンペーン中!)

~本記事で解決すること~

  • 公務員試験対策にLEC(レック)ってどうなの?
  • 予備校LECの公務員試験対策講座って評判いいの?

公務員を目指しています。

LECで公務員試験に合格できますか?

評判など知りたいです。

そんな疑問にお答えします!

公務員試験合格の近道は、その手のプロである予備校を利用すること!

中でも、公務員予備校の有名どころLECは、充実した試験対策カリキュラム持ち、合格実績も多くあります。

そのため、公務員を目指す方は、LEC受講を検討する方も多いかと思いますが、

「予備校LECの公務員試験対策講座ってどんな感じなの?」

「LECの公務員講座の評判は?料金は高い?」

という疑問を持ちますよね。

そこで本記事では、LECの公務員試験対策講座について、評判や講座の特長などを詳しく紹介していきます。

僕自身、民間企業に勤めながら”独学”で公務員転職を成功した経験があり、公務員試験対策についてはかなり研究しています。

そんな経験を踏まえ、LECの公務員講座について徹底解説しますので、ぜひご参考にください!

\LECで効率的に合格を目指す!/

(※サービス内容は変更の可能性があります。最新情報は、LEC公式HPでご確認ください。)

市役所入庁の辞令

【評判良し?】LEC公務員試験対策講座の特長!

LEC(レック)は、「株式会社東京リーガルマインド」が運営する資格取得&通信教育の予備校です。

対応している資格は、

  • 法律系(司法試験・司法書士・弁理士など)
  • 公務員・就職試験対策
  • 労務・キャリア系(社会保険労務士・中小企業診断士など)
  • 簿記・会計系
  • 不動産系 などなど

とくに、法律系の難関資格の取得に強く、人気&実績あり!

公務員試験対策講座においても、国家総合職の合格実績があるなど、難関試験にも対応可能な評判の良い予備校です。

LECの概要!

予備校LECには、公務員試験指導35年を超えたノウハウに基づく合格カリキュラムがあります。

LECの特長はざっくりと以下のとおり!

~LEC~

  • 学習スタイル
    • 通学(Web+音声DLフォロー付)
    • 通信(Web動画・音声DL)
  • 公務員対応試験
    • 国家総合職・外務専門職
    • 地方上級・国家一般職
    • 市役所
    • 理系公務員
    • 心理・福祉系公務員
    • 警察官・消防官
    • 高卒程度公務員
      ※これらの中に、さらに細かくコース分けあり!
  • 料金(税込)
    約15~52万円(1年合格コース)
    ※代理店を通すと1万円割引、随時キャンペーンもあり
    ≫(参考記事)LEC公務員講座の料金&割引/キャンペーンを徹底解説!
  • 特長
    • 講義終了後のWebチェックテストで知識の定着可
    • テキストあり
    • 数的処理/法律/経済原論プラクティス
      ⇒実際の過去問での演習強化
    • 数的処理の過去問解説動画110問分あり
    • 時事対策・2次試験以降の対策も充実!
  • 二次試験対策
    • 論文対策(講義・答練・添削指導)
    • 面接対策(講義・ES添削など)
    • 模擬面接(回数無制限)
    • 模擬集団討論
  • サポート
    • 担任講師制度
    • 通学制でもWebフォロー標準装備
    • 通信講座の講義は倍速再生可能(0.5~2倍速)
  • 合格実績(2021年度)
    • 最終合格者数は未公表
      ※直近3年での最終合格者3,677名
    • 上位合格実績
      1位:国家総合職(大卒程度・工学)、家庭裁判所調査官補(大卒程度)、法務省専門職員(人間科学)法務教官A、国家一般職(大卒程度・建築)、食品衛生監視員、千葉県(上級・建築)、愛知県(心理)(農学)、長野県(大卒程度・農業)、和歌山県(Ⅰ種・心理職)、山口県(大卒程度・化学)、横浜市(大卒程度・社会福祉)、福岡市(上級行政事務(行政一般)早期採用)
      ほか2位以降も多数。
  • 校舎
    • 本校30校、提携校21校
      LECの校舎について(公式HP)
    • 自習室開放
      ※「1回の申込手続きで受講料8万円以上支払っている」などの条件付きの校舎もあり。

LECは充実した公務員試験対策カリキュラム&サポートで、合格に必要な力をつけていける予備校となっています。

▼LEC公務員講座の詳細&申込はこちらから!

LECの公務員試験対策カリキュラム!

様々な公務員をイメージしたイラスト

LECの公務員試験対策講座で開講しているカリキュラムは、大きく分けて次の7種類に分けられます。

  • 国家総合職・外務専門職
  • 地方上級・国家一般職
  • 市役所
  • 理系公務員
  • 心理・福祉系公務員
  • 警察官・消防官
  • 高卒程度公務員

この中で、目指す試験種別・合格目標年度などで、細かくコースが分かれます。

~LEC開講コース一例~
※2023年合格目標のコースから一部抜粋

  • 国家総合職・外務専門職
    • 総合職【法律区分・教養区分】Standardコース
      定価:540,000円(通学)
      定価:520,000円(通信)
    • 総合職【経済区分・教養区分】Standardコース
      定価:556,000円(通学)
      定価:443,000円(通信)
  • 地方上級・国家一般職
    • スーパースペシャルコース
      定価:417,000円(通学・通信)
    • スペシャルコース
      定価:349,000円(通学・通信)
    • 国税専門官・財務専門官専願コース
      定価:345,000円(通学・通信)
  • 市役所
    • 市役所教養コース
      定価:215,000円(通学・通信)
  • 理系公務員
    • 国家総合職 工学系対策(4科目選択)コース
      定価:348,000円(通学・通信)
    • 地方上級・国家一般職 建築職合格コース
      定価:305,000円(通学・通信)
  • 心理・福祉系公務員
    • 福祉系公務員スペシャルコース
      定価:450,000円(通学・通信)
    • 地方上級福祉職専願コース
      定価:316,000円(通学・通信)
    • 心理系公務員スペシャルコース
      定価:450,000円(通学・通信)
    • 地方上級心理職専願コース
      定価:323,000円(通学・通信)
    • 家庭裁判所調査官コース
      定価:300,000円(通学・通信)
  • 警察官・消防官
    • 警察官合格コース(2022年合格)
      定価:215,000円(通学・通信)
    • 消防官合格コース(2022年合格)
      定価:215,000円(通学・通信)
  • 高卒程度公務員
    • 高卒程度公務員合格コース(2022年合格)
      定価:148,000円(通信)

※カリキュラムの詳細は、公式HP(≫LEC)でチェックできます。

LECは、難関の国家総合職から、人気の地方上級や国家一般職、その他心理・福祉系などにも対応するカリキュラムを準備しています。

幅広い公務員試験に対応可能なため、公務員を目指す一人ひとりに最適な学習が可能でしょう。

\LECで公務員合格の力を付ける!/

LEC公務員講座の評判を徹底分析!

では、LEC公務員講座の評判を見ていきましょう!

実際に、公務員合格に向けてLECを利用した人の口コミは以下のとおり。

  • 大手で頼りになる!
  • 素晴らしい講師!LECの講義で一発合格!
  • 他の予備校ではない心理系のコースがある!
  • LECの模試が良い!

大手で頼りになる!

LECは、公務員試験や難関資格など、実績のある大手予備校です。

長年のノウハウもありますし、公務員合格までのサポート体制が充実しています。

やはり、あなたの人生の中でも大事な試験になりますので、大手を利用する安心感はあるでしょう。

素晴らしい講師!LECの講義で一発合格!

LECの講義は、公務員試験を知り尽くした専門講師陣が行います。

予備校自体もノウハウがたくさんありますし、講師陣の受験指導経験も豊富!

講義は分かりやすいと評判です。

他の予備校ではない心理系のコースがある!

この評判のとおり、LEC公務員試験講座には心理系コースもあります。

公務員試験対策の中でも、心理職を狙う方向けの予備校は、LEC・TAC・クレアールくらいでしょう。

臨床心理士などの心理職は、行政職に比べて採用枠も少ないので、LECのような質の高い学習で確実に合格を狙いにいくのはありですね!

▼LEC公務員講座(心理系)の詳細はこちら!(公式HP)

また、予備校クレアールの公務員試験講座にも心理系はあります。

LECは、予備校の中でも料金はやや高めですが、クレアールは通信特化型で比較的安価な料金で受講可能。

入会月での割引があり、かなりお得に受講できることもあるので、”資料請求(無料)”で情報を仕入れておくことをおすすめします。

▼クレアール公務員(心理系)の詳細&資料請求はこちら!

~2023年合格目標(参考)~

LECの模試が良い!

LECは、公務員を目指す方向けの模擬試験があります。

本試験の情報から徹底的に分析し、最新傾向にあった問題作成がされているため、「現状の自分のレベルを把握」&「ペースメーカー」として学習計画作成に役立ちます。

LEC公務員模試では、さまざまな試験・職種に対応したテストを実施してくれるため、実際の試験に即した時間配分で本番に備えることも可能!

大手予備校の模試ということで、試験内容も受験生が多い点も、力試しにも最適です。

LEC受講生以外の一般申し込みもできるので、もし独学で学習を行っていく方も、LECの公務員模試は受験しておいた方が良いでしょう!

LECの公務員模試の詳細&申込はこちら!(公式HP)

▼LEC公務員講座の詳細&申込はこちらから!

【合格体験多数!】LEC公務員試験講座は評価良し!

LEC公務員試験対策講座の評判については、公式HPの「合格体験記」でも多数掲載されています。

一部抜粋して、レビューをチェックしていきましょう!

~LEC合格体験記での評判~

  • LECの雰囲気(対応)が良い!
  • 面接に苦手意識を持つ方でも合格に近づける!
  • LECの講座のみで試験に合格できた!
  • サポートや面接対策の手厚さが助かった。
  • 心理系の専用コースがあって、対面で面接対策できるのはLECだけ!

実際に受講した生徒からのレビューを見ると、サポートや試験対策の内容が、なかなか良い評判となっているのが分かりますね。

~合格者の声~ ※一部抜粋

▼裁判所事務官一般職(大卒程度・名古屋高等裁判所管内)《上位》、国家一般職、名古屋市(行政B)ほか合格

  • LECのスタッフやアドバイザーの対応が良かった
  • 模擬面接が充実
    ⇒面接が苦手意識を持つ方でも合格に近づくことができる

▼国家総合職(大卒・経済)合格

  • LECの講座のみで試験に合格できた!

▼愛知県(心理)、法務省専門職員(人間科学)矯正心理専門職B上位合格

  • 学習面のサポートと面接対策の手厚さが助かった。
  • 面接カード添削、模擬面接を何度もしてもらい、徐々に場慣れしていっていると実感。
  • 心理系公務員専用コースで、対面の面接対策などできるのはLECだけだった。

参照:LEC

LECの評判を見ていると、「面接対策」の充実さを評価する声は多い印象です。

合格実績や体験記では、さまざまな試験種での上位合格の実績もみられますし、質の高い学習ができることがうかがえます。

LECは、公務員合格を目指すのに評判の良い予備校といえるでしょう。

\評判良し!LECで公務員試験合格を目指す!/

LEC公務員試験講座のメリットを分析!

では、LEC公務員試験講座を受講するメリットをまとめます。

公務員合格を目指す方が、LECを利用するメリットは次のとおり!

  • 大手で実績十分!
  • Webフォロー標準装備!
  • 二次試験以降の対策も充実!
  • 担任講師制度で充実サポ―ト!
  • 目指す公務員に応じた模試が受けられる!

大手で実績十分!

繰り返しになりますが、LECは大手有名予備校で、公務員の上位合格があるなど合格実績も多数。

二次試験以降の対策も充実しており、質の高い試験対策が可能です。

公務員試験指導歴35年を超えたノウハウも安心感があります。

Webフォロー標準装備!

LECでは、通学制受講生にもWebフォローが標準装備されている講座が多いです。

「都合が悪くて講義に参加できない」ときなどに、自宅受講もできます。

通学制のデメリット(不安)を解消してくれるサービスで、LECの評判の良いポイントですね。

二次試験以降の対策も充実!

公務員試験は、膨大な学習範囲となる1次試験の筆記対策(教養・専門)に焦点が当てられがちですが、最終合格・内定を勝ち取るには、2次試験以降の対策は必要不可欠!

LECでは、2次試験以降の対策も充実したラインナップで、合格への力を養っていきます!

~LECの二次試験以降の対策~

  • 論文対策(講義・答練・添削指導)
  • 面接対策(講義・ES添削など)
  • 模擬面接(回数無制限)
  • 模擬集団討論

などなど!

以上のように、目指す職種に合わせた2次試験対策が準備されています。

一人ひとりに合った最適な対策で、合格に向けた力を養成することが可能でしょう!

▼LEC公務員講座の詳細&申込はこちらから!

担任講師制度で充実サポート!

LECはサポート体制も充実です。

  • 一人ひとりに合った学習スケジュールを提案
  • 科目質問対応(受講講座の講義・教材)
  • リアルタイム情報の収集
  • その場で論文添削&指導
  • 個別面接指導(志望動機・ES添削)

LECは担任講師制度のため、公務員受験生一人ひとりに合ったサポートが受けられます。

もちろん、通信を選んだ受講生も利用可能。

公務員試験対策は、膨大な範囲の学習で、合格までは長い道のりになります。

LECの充実したサポート体制があると安心です。

目指す公務員に応じた模試が受けられる!

テストに取り組む男の子のイラスト

LECは、目指す公務員に応じた模擬試験を受験することができます。

模試で対応している公務員職種は次のとおり!

  • 国家総合職
    • 国総択一公開模試
    • 国総択一記述公開模試
  • 地方上級・国家一般職・市役所
    • トライアル模試【第1回/第2回】
    • 地上・国一択一公開模試【第1回/第2回】
    • 東京都Ⅰ類B択一記述公開模試
    • 東京特別区Ⅰ類択一記述公開模試
    • 北海道庁択一記述公開模試
    • 裁判所事務官一般職択一記述公開模試
    • 国税専門官択一記述公開模試
    • 財務専門官択一記述公開模試
    • 労働基準監督官択一記述公開模試
    • 国家一般職択一記述公開模試
    • 地方上級<行政系>択一記述公開模試
    • 地方上級・国家一般職直前択一公開模試
    • 市役所公開模試(政令指定都市含まない)【第1回/第2回/第3回】
    • 国立大学法人等職員採用公開模試
  • 理系(技術系)
    • 地方上級<技術系>択一記述公開模試【第1回/第2回】
      ※地上・国一・市役所向けにある模試も受験するとよい
  • 心理・福祉系
    • 家庭裁判所調査官補択一記述公開模試
    • 法務省専門職員(人間科学)択一記述公開模試
    • 地方上級<心理・福祉系>択一記述公開模試
      ※地上・国一・市役所向けにある模試も受験するとよい
  • 警察官・消防官(大卒)
    • 警視庁公開模試 春試験向け
    • 警視庁公開模試 秋試験向け
    • 警察官公開模試【第1回(春試験向け)/第2回(秋試験向け)】
    • 東京消防庁公開模試【第1回(春試験向け)/第2回(秋試験向け)】
    • 市役所消防官公開模試【第1回(A日程試験向け)/第2回(C・D日程試験向け)】
  • 経験者採用/高卒程度公務員
    • 経験者採用試験公開模試【第1回/第2回】

LECの公務員模試は、ラインナップが豊富!

徹底的に研究された試験問題であり、大手予備校の模試で受験者も多いため、力試しにおすすめです。

▼LEC公務員模試の詳細&申込はこちらから!

LEC公務員試験講座のデメリットを分析!

では、LEC公務員講座のデメリットといえるポイントについても見ていきましょう!

LECのデメリットは、以下の点かなと思います。

  • 科目によっては別途問題集が必要かも!
  • 料金が高め!

科目によっては別途問題集が必要かも!

LEC公務員講座は、目指す公務員向けの専用コースカリキュラムを受講し、教材&サービスを使いこなしていけば、合格への力をつけることができます。

ただ、僕の知人にもLEC受講生はいましたが、「科目によっては問題演習が物足りない」というものもあるようです。

LECは法律系資格に強いだけあって、行政法・民法などは十分満足いく内容で学習が可能。

ただ、数的処理・ミクロマクロ経済学などは、人によっては問題集を追加しても良いかもしれません。

このあたりは、LECのコース受講してみて、「もっと問題をこなしたい」と思う科目があれば、市販の問題集を追加すればよいですね。

いちおうデメリットとして取り上げましたが、今から気にしなくても大丈夫かなと思います。

~LECに追加でおすすめ問題集~

¥1,836 (2023/02/05 23:32時点 | Amazon調べ)
\【~2/11 1:59】お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で買う!
実務教育出版
¥1,980 (2023/01/30 17:29時点 | Amazon調べ)
\【~2/11 1:59】お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で買う!
¥1,100 (2023/01/31 00:02時点 | Amazon調べ)
\【~2/11 1:59】お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で買う!

料金が高め!

LECは通学・通信制コースを選ぶことができますが、通信(オンライン)特化型の予備校に比べて料金は高めです。

学習スタイルコース例定価
(税込)
LEC通学
通信
スペシャルコース
(地方上級・国家一般職)
349,000円
TAC通学
通信
総合本科生
(地方上級・市役所・国一など)
352,000円
大栄通学
通信
公務員上級講座
(地方上級・国家一般コース)
40~50万円
アガルート通信地方上級・国家一般職カリキュラム240,900円
クレアール通信地方上級(全国型)コース265,000円

※大栄の受講料金はHPに未掲載。詳細は資料請求でチェックできます。
大栄の無料資料請求はこちら!

大手・有名どころの予備校の中では、LECは比較的抑えられた価格になります。

豊富な合格実績を持ち、充実のカリキュラム&サポートで公務員合格への力が養成できるなら、利用するメリットは大きいでしょう!

▼LEC公務員講座の詳細&申込はこちらから!

▼大手有名予備校LECの評判・特長はこちら!

▼校舎数が多い!大栄の評判・特長はこちら!

▼通信特化型で安価に利用できるアガルートの評判・特長はこちら!

▼通信特化型のクレアールの評判・特長はこちら!

LEC公務員講座に割引やキャンペーンってあるの?

LEC公務員講座では、次のような割引制度&キャンペーンが実施されることがあります!

~LECのキャンペーン~
※2023年1月1日現在

  • 早期申込割引キャンペーン
    ※【~3/31まで】地方上級・国家一般・理系公務員など向け
  • フレンド割キャンペーン
  • 再受講割引・再受験割引
  • 学卒未就労応援割引
  • 警察官・消防官 単科講座コース生割引
  • 退職者割引
  • WEB奨学生

LECの割引・キャンペーンの詳細&申込はこちら!(公式HP)

ラピ
ラピ

該当しそうなキャンペーンは、ぜひ利用してお得に受講開始すると良いですね!

公務員試験対策は、早めにスタートするほど有利です。

受講を検討中の方は、キャンペーン情報をチェックしつつ、早めに学習開始することをオススメします。

▼LECの割引・キャンペーンの確認&申込はこちらから!

【予備校TACもあり?】LEC公務員講座はこんな人におすすめ!

では、予備校LECの公務員講座がおすすめな方をまとめていきます!

LEC公務員講座はこんな人におすすめ!

LEC公務員講座は、次のような受験生におすすめです!

  • 大手・実績のある信頼性の高い予備校で学習したい!
  • 料金は高めでも、充実したカリキュラム&サポートを受けたい!
  • 面接対策など2次試験以降の対策をがっつりやりたい!
  • 難関受験を狙っている!

先にも紹介したとおり、LEC公務員講座の合格実績は十分あります。

2次試験以降の対策も含めて、質の高い学習が可能です。

大手の安心感もあるので、料金はやや高めになってもよいという方におすすめとなります。

▼LEC公務員講座の詳細&申込はこちらから!

【TACと迷ったら?】LEC公務員予備校との違い!

LEC公務員予備校を受講しようか検討したときに、TACと迷う方もいるかと思います。

TACも、公務員上位合格を勝ち取るなど、実績豊富で人気の予備校です。

試験対策の細かい部分では、LECにあってTACにないものもあったり、その逆もあるでしょう。

ただ、LECとTACのレベルになると、どちらもしっかり使いこなせば、十分公務員試験に合格する力をつけることはできます!

両社を比較するとほぼ互角で、利用しやすさなどは個人個人の好き嫌いになるかもしれません。

あえて比較するならば、

  • 価格
    ⇒LECがやや安い
  • 校舎数
    ⇒LEC51校・TAC35校
    ※本校、提携校含む

となっており、LECの方が利用しやすさはあるかなと思います。

\評判良し!LECで公務員試験合格を目指す!/
LECオンライン(東京リーガルマインド)

【公務員試験合格に向けて】予備校を利用する際の注意点!

公務員を目指すなら、「試験対策のプロである予備校」を利用することは確実に合格への近道となるでしょう!

まず、予備校選びの大切なポイントとしては、「自分の学習スタイルに合うか」はよくチェックしておくとよいですね。

LECであれば、通学・通信制の学習スタイルが選べますが、個人的には通信一択。

家庭学習中心の勉強スタイルは、時間効率が最も良くメリットは大きいと思います。

  • 朝起きて、机に座れば勉強ができる
  • 移動時間の無駄がない
  • スキマ時間を活かして勉強できる

などといった点で、持っている時間を最大限活かして試験対策できますよね。

ただ、通学での教室受講などは、生講義で緊張感も生まれますし、講師への質問も気軽にできるメリットがあります。

あなたの好みに合わせて選ぶとよいでしょう!

また、予備校を利用する際に注意すべき点もあります。

それは「安心感」。

予備校を受講すると、なんとなく「大丈夫」という雰囲気が出たりしますが、効果的に活用してこそ公務員試験を突破できる実力がついてきます。

確実に公務員試験合格を勝ち取るためには、予備校の講座を最大限活かす取り組みをしていきましょう!

予備校を利用する際のポイントは次のとおり!

  • 予備校の講座は最大限集中して受講する!
  • 予備校で行った学習を繰り返し復習してマスターする!
  • 必要に応じて、市販の問題集を組み合わせて取り組む!

市販の問題集を組み合わせる点については、あなたが目指す公務員にもよりますが、勉強を進めていく上で、「もの足りなさ」を感じる科目が出てきたりします。

もっと取り組んだ方がよいなと思ったら、市販の問題集等を利用して補強していきましょう!

これらの点を意識して、LEC公務員講座をフルに活用していきましょう!

~ワンポイント~

予備校の受講など、公務員試験対策は早めにスタートするほど有利です。

じっくり予備校選びすることは大切ですが、この間もライバルたちは勉強を進めています。1日で5~10時間程度の学習量の差がつくこともあるでしょう。

これから長い公務員試験レースの中で、予備校は「どう活かしていくか」が最も重要なので、早めに学習をスタートできるようにしましょう!

▼LEC公務員講座の詳細&申込はこちらから!

LEC公務員講座が合わない人におすすめ予備校!

もし、「LECはちょっと違うな」と感じた方は、他にも様々な特徴を持つ予備校はあります。

たとえば、以下のところは有名どころでおすすめです!

▼クレアールの詳細&資料請求はこちら!(公式HP)
(※資料請求で最新のコース割引料金をチェック!)

▼大栄の詳細&資料請求はこちら!(公式HP)
(※HPに料金掲載がないので資料請求で最新情報をチェック!)

▼公務員予備校のおすすめを紹介!

公務員予備校の有名どころから、それぞれ特長を持つおすすめ3校をピックアップしてみました。

各予備校は、資料請求が無料で利用できます!

気になるところは、公式HPからパンフレットを取り寄せて、詳細を比較してみましょう!

ラピ
ラピ

予備校のパンフレットは有益情報も多いです!

これから公務員試験対策を始める人は、積極的に資料請求を活用しましょう!

まとめ

予備校LECの公務員講座は、上位合格者を輩出するなど、質の高い学習がウリです。

国家総合職の難関受験から、地方上級・国家一般職の人気どころ、その他心理・福祉系など多彩な試験に対応します。

受講生からは良い評判も多く、面接などの2次試験以降の対策も充実しており、しっかり公務員合格への力を養成することが可能です。

少し値段は高めになりますが、実績あるLECで充実の指導を受けたいという方におすすめとなります!

▼LEC公務員講座の詳細&申込はこちらから!

その他の公務員予備校なら、有名どころでおすすめの3社は以下のところとなります。

予備校の入校など、公務員試験対策は早めにスタートするほど有利です。

じっくり予備校選びすることは大切ですが、この間もライバルたちは勉強を進めています。

1日で5~10時間程度の学習量の差がつくこともあるでしょう。

これから受験対策レースの中で、予備校は「どう活かしていくか」が最も重要なので、早めに学習をスタートできると良いかと思います。

▼LEC公務員講座の詳細&申込はこちらから!