【お得な無料ハンドブック】公務員へ転職したいならまずはコレ!

【公務員試験合格!】社会人におすすめの予備校を徹底比較!

公務員予備校

~本記事で解決すること~

  • 社会人で公務員試験に合格したいけど、おすすめの予備校はある?
  • 社会人向けの公務員予備校の選び方は?
  • 民間で仕事をしながら通える公務員予備校は?

社会人で公務員に転職したいと思っています。

公務員試験に合格するために、おすすめの予備校はありますか?

こんな疑問にお答えします!

本記事は、社会人で公務員への転職を考えている方向けの記事です。

公務員は人気の職業でライバルが多く、勉強の範囲も膨大で、公務員試験対策するには戦略が重要です。

この戦略をうまく立てて取り組んでいくために、予備校は有効なツールとなります。

本記事では、民間で働きながら公務員試験対策をして合格を勝ち取った僕が、社会人向けの公務員予備校の選び方&おすすめを紹介します!

ぜひご参考にいただき、あなたにぴったり合う予備校を選んで合格を勝ち取っていきましょう!

~社会人で公務員を目指す方がまずやるべきこと~

社会人が公務員を目指すときに、まずやるべき大切なことって分かりますか?

公務員になりたいと思うなら、まずは公務員試験についての「情報収集」が大切です。

なぜ、情報収集が大切か?

それは、戦う相手の情報なしに勝ち目はない(=公務員試験に合格できない)からです!

あなたが何を目指し、どういう試験があり、どうやって戦っていくか・・・野球でもサッカーでもバレーでも、勝負ごとで勝つためには「情報」が大切なんですね。

「でも、どうやって情報を集めたらいいの?」と思う方もいると思います。

一つ一つ調べていくとめちゃくちゃ大変ですし、よく分からなくなります。

そんなときにおすすめなのが、「社会人のための公務員転職ハンドブック」です。

大手予備校クレアールが発刊しているハンドブックで、これ一冊あれば、公務員試験の全体像がつかめちゃいます!

資料請求により無料で手に入れることができるハンドブックなので、公務員試験合格への第一歩を踏み出したいなら、速攻で手に入れておくことをおすすめします。

無料なので、正直もらわない理由がないですし、持っていないと損ですね。

下の記事でも詳しく解説しています。

 

(※本記事は、2021年5月25日現在の最新情報で更新しています。予備校情報は変更になる可能性もあるので、本記事掲載のリンクから公式HPまたは資料請求でご確認いただくとよいかと思います。)

【社会人向け】公務員予備校の選び方とは?

僕も経験がありますが、社会人から公務員を目指す場合、「仕事をしながら勉強する方」や、「来年度には必ず合格を・・・」という時間制限がある方が多くなると思います。

そのため、「効率」がとても重要になり、公務員試験に確実に合格するためには予備校の利用が最短ルートとなるでしょう。

  • 効率的に勉強する
    ⇒予備校のノウハウで重要な部分に時間をかける!
  • 効率的に時間を使う
    ⇒自分の勉強スタイルにマッチする予備校を選ぶ!
    • スキマ時間を最大限活用するなら、通信制の予備校
    • 仕事の通勤がてら通うなら校舎の多い予備校
    • 受験する公務員の難易度に合わせた予備校
      ※今の仕事を退職して試験対策に臨むなら、みっちり対策できるハイレベルな予備校を選ぶのもあり!
  • 効率的に情報を得る
    ⇒予備校であれば、情報を多く持っている

予備校は、公務員試験を徹底的に研究している試験対策の「プロ」なので、本気で合格したいなら、多少お金がかかっても予備校を利用するとよいです。

そして、さまざまなタイプの予備校がありますので、あなたの勉強スタイルや目指す公務員のレベルに合うものを選んでいくべきです。

しかし、世の中にはたくさんの予備校があり、どうやって選べばよいか正直迷うと思います。

では、社会人の方が予備校を選ぶときに大切なポイントをみていきましょう!

  • 通学制か通信制か
    ⇒通学制なら通いやすい場所にあるか?
  • 受験する公務員の合格実績があるか
  • 二次試験以降の対策も充実しているか
    ⇒論文・面接等
  • サポート体制
    ⇒勉強内容や勉強法に困ったとき、相談できるか?
  • 料金
    ⇒予備校によって異なる。通信制は安価になる傾向。

以上のような点に注意して選んでいくとよいですが、社会人なら、

  • 今の仕事を続けながら勉強を進める
  • 今の仕事を退職して勉強に専念する

のどちらかで、予備校の選び方も大きく変わってくるかと思います。

今の仕事を続けるなら、通学制予備校では時間的につらいという場合もありますし、「通学」という無駄な時間が発生してしまうので、通信制予備校で時間効率を最大限に上げることがおすすめです!

通学時間だけでなく、外出のために服を選んだり、女性ならメイクしたりでも時間が取られますね。

ただし、通学することで勉強のモチベーションが上げやすいという面もあるので、そこはあなたの勉強スタイルに応じて選んでいきましょう!

社会人の公務員予備校のおすすめを紹介します!

では、社会人向けの公務員予備校のおすすめを紹介します。

社会人におすすめの予備校は次の3校!

仕事を続けながら公務員を目指す方にも、仕事を退職して公務員を目指す方にも、それぞれの方が参考になるようにおすすめの予備校を紹介していきます。

※以下、おすすめ予備校を紹介します。受講プラン(例)と費用も紹介していますが、合格目標年度や入会時期によって料金は異なりますので、資料請求して最新情報を確認しましょう!

【社会人向け】公務員予備校おすすめ➀:クレアール

まず先に結論を言っておくと、個人的に、クレアールは社会人の方に一番おすすめの予備校です。

通信講座に特化した公務員予備校になります。

クレアールの特徴を次にまとめます。

~クレアール~

  • コース
    • 社会人経験者スタンダードコース(2021年合格目標)
      定価:155,000円
      対応受験:教養のみの試験対応(市役所など)
    • 社会人経験者特別区型コース(2021年合格目標)
      定価:145,000円
      対応受験:特別区
      ※教養で人文・自然科学が不要な方にもおすすめ

※2021年5月現在の2021年合格目標コース価格。
※上記金額は定価。割引があるものが多い。
※他にも、目指す公務員ごとに多数プランあり。

  • 受講形態
    • Web通信
      ※入学金不要
      ※開始月により割引あり
  • 二次試験対策(論文・面接等)
    • 論文添削回数無制限(テーマは自由)
    • 模擬面接が無制限
      ※水道橋校のみの実施。電話対応も可能。
    • 面接シート添削が回数無制限
  • 合格実績(2019年度)
    • 合格者数は公表していないが、公式HP≫クレアール(公務員試験) 内に地方上級の合格体験記は多数ある。
    • 合格体験記として、国家公務員から地方公務員までまんべんなく存在する。
  • 校舎
    • 模擬面接は水道橋校のみ。
  • その他
    • 映像配信による講義を中心に、講義音声をダウンロードすることもでき、講義資料は必要に応じダウンロードしてプリントアウトできる。
    • 個別担任制でサポート。
    • 目指す公務員のよってコースが細かく分かれる。
    • 安心保証プランあり
      ⇒受講料に+3万円で、目標年度での不合格の場合、翌年の講義を無料で受けられる。
      ※目標年度で合格すれば返金される。

※料金や内容等は、年度・入会時期・割引制度によって変更の可能性があります。資料請求(無料)で最新情報を確認しましょう!
公式サイト≫クレアール(公務員試験)

通信講座のクレアールだと、基本的に家でどんどん学習を進める形になりますので、時間効率はよいですが、自分自身でモチベーションを上げながら進めていかなければなりません。

あと、公務員試験を合格するためには面接対策も重要ですが、模擬面接が回数無制限というのはありがたいです。
(※模擬面接は水道橋校のみ。電話対応も可能。)

面接ノウハウについても通信講座でしっかり学べるようになっていますので、合格レベルまで持っていくには十分かと思います。

では、クレアールについて、とくにメリット・デメリットとなる点をまとめます!

~クレアールのメリット~

  • 通信講座特化で時間効率がよい!
  • 料金が安い!
  • 担任制サポートあり!電話やメールで相談可能!
  • 1年間の安心受講保証が可能!

~クレアールのデメリット~

  • 模擬面接(面接対策)が水道橋校のみ。
    ※通えない場合は、電話面接対応となる。

メリット➀:通信講座で時間効率がよい!

クレアールは「非常識合格法」という独自の手法で、効率的に自分の実力を合格レベルまで持っていけます。

目指す公務員によって細かいプランも準備されているため、自分に必要な勉強に集中することができます。

メリット➁:料金が安い!

クレアールは、10~30万円のコースが中心となっており割引も効きます。

他の公務員予備校より安く受講できるのが特徴です。

  • 通常の公務員予備校⇒30~40万円程度
  • クレアール⇒20万円前後のコースが多い!

メリット➂:担任制サポートあり!電話やメールで相談可能!

クレアールは通信制ですが、個別担任制で手厚いサポートが付きます。

学習法や学習計画、試験情報など迷ったり悩んだりしたら、いつでも相談可能です!

公務員試験合格までは長い道のりになりますし、目指す上で多くの疑問が出てきます。

そんなときに、その手のプロに相談できるのは心強いです。

メリット④:1年間の安心受講保証が可能!

受講コースに+3万円で、合格できなかった場合に翌年度の受講が無料となるオプション!

しかも、合格すれば返金されるという便利な制度です。

デメリット➀:模擬面接(面接対策)が水道橋校のみ!

通信制に特化のクレアールならではのデメリットです。

公務員試験合格に重要な要素である「面接」ですが、模擬面接が水道橋校のみになります。

ということは、東京近郊に住んでいる人以外は、直接模擬面接を受けることは厳しくなりますので、デメリットに感じる方もいるでしょう。

ただし、電話での面接対応は可能ですので、受け答えの練習はしっかりできます。

ラピ
ラピ

社会人の方は就活経験もあるし、ビジネスマナーは身につけている人も多いですよね!

そう考えると、電話での面接練習だけで十分なのかもしれません!

クレアールにはまだまだ多彩なプランがありますし、具体的な講座内容については詳しく無料パンフレットに記載されています。

クレアールに興味を持った方は、資料請求はぜひ利用しておくことをおすすめします!

▼クレアールの無料資料請求はこちらから!

クレアールについてもっと知りたいという方は、詳しく解説した記事がありますので、下の記事をあわせてお読みいただくとよいかと思います。

【社会人向け】公務員予備校おすすめ➁:大栄

大栄の特徴は、全国にある校舎数の多さです。

通学生予備校としては、利便性が高いでしょう!

大栄の特徴を次にまとめます。

~大栄~

  • コース
    • 公務員上級講座(地方上級・国家一般コース)
      定価:497,145円
      対応受験:国家公務員総合職・一般職、都道府県庁・市役所・政令指定都市など。
    • 公務員上級教養コース
      定価:299,805円
      対応受験:市役所、警察官などで教養のみで実施の試験。

※上記金額は2020年10月1日現在の定価。割引もある。
※別途、入学金必要。

  • 受講形態
    • 教室・オンライン
  • 二次試験対策(論文・面接等)
    • 徹底的な自己分析
    • 論作文対策
    • 自治体情報分析
    • リアルな面接対策
  • 合格実績
    • 年間約1,000人の最終合格実績。
      ※2018年、2019年。
  • 校舎
    • 全国約90校
  • その他
    • 必要事項を凝縮し、分かりやすさにこだわった学習教材。
    • 学習モチベーションを支えるキャリアナビゲーターによるサポート。

※料金や内容等は、年度・入会時期・割引制度によって変更の可能性があります。資料請求(無料)で最新情報を確認しましょう!
公式サイト≫大栄の無料資料請求はこちら

では、大栄について、とくにメリット・デメリットとなる点をまとめます!

~大栄のメリット~

  • 全国に校舎が多い!
  • サポート体制が充実!
  • 二次試験対策が充実!
  • 最終合格者数も多い!

~大栄のデメリット~

  • 料金が高い!
  • コース数が少ない!

メリット➀:全国に校舎が多い!

大栄は全国に約90校の校舎を持ち、予備校の中ではとても多い数かなと思います。

社会人で仕事をしながら勉強する場合、帰宅してから予備校へ・・・というのはなかなかきついですよね。

しかし、大栄は校舎がたくさんあるため、仕事帰りに寄れる場所にあれば、学習環境としては一番メリットのある予備校になるでしょう!

仕事を続けながら勉強する社会人にとっては、重要なメリットです。

メリット➁:サポート体制が充実!

講義だけでなくオンラインでも質問対応してくれ、さらに「モチベーション&キャリアカウンセリング」のプロであるキャリアナビゲーターによるサポートもあります。

公務員試験は長期戦になるので、サポート体制が充実しているのはありがたいです。

メリット➂:二次試験対策が充実!

大栄は、二次試験対策にも力を入れています。

公務員試験は、学習範囲の広さから一次試験にウエイトを置きがちですが、最終合格には二次試験以降の対策が必要不可欠です。

しかも、近年は人物重視の採用傾向がありますので、二次試験対策が充実していることは重要です。

メリット④:最終合格者数も多い!

2018年、2019年と、コンスタントに最終合格者数を約1,000人出しています。

一次試験も3,000人以上の合格者を輩出しており、質の高い学習が可能であることが分かります。

デメリット➀:料金が高い!

大栄のデメリットは、料金が高いことかなと思います。

基本的に通学制のコースになり、だいたい30~60万円くらいの費用ですので、やや高めかなという印象があります。

とは言っても、質の高い学習が可能で公務員合格を勝ち取るための費用と考えるなら、社会人としてはお金のかけどころかなと思います。

デメリット➁:コース数が少ない!

大栄は、選べるコース数は少ないです。

社会人向け専用のコースはありませんし、細かい職種ごとに設定されたコースはありません。

ただ、人気の地方上級・国家一般を目指すコースや、市役所を目指す方の教養コースなどはありますので、目的に合えば十分利用できるかと思います。

HPだとコース金額が明記されていないと思いますし、大栄に興味をお持ちになったら、まずは無料の資料請求をして、詳細情報をゲットすることをおすすめします。

▼大栄の無料資料請求はこちらから!

【社会人向け】公務員予備校おすすめ③:LEC

LECは上位合格者の実績もあり、かなり充実した公務員試験対策が可能です。

LECの特徴をまとめます。

~LEC~

  • コース
    • スーパースペシャルコース
      定価:414,000円(通学・Webフォロー)
      対応受験:国家一般・国税専門官・地方上級・市役所など幅広く対応。
    • スペシャルコース
      定価:346,000円(通学・Webフォロー)
      対応受験:国家一般・地方上級・市役所など。
    • 経験者採用専願コース
      定価:215,000円(通学・Webフォロー)
      対応受験:市役所(教養のみ)、国立大学法人等職員、警察官・消防官。
      ※社会人経験者採用試験に対応

※その他割引制度等あり

  • 受講形態
    • 通学:Web+音声DL、フォロー付
    • 通信:Web動画・音声DL
      ※通信制の方が、受講料金はやや安い傾向。
  • 二次試験対策
    • 論文の添削指導
    • 志望動機・ES添削指導
    • 模擬面接が回数無制限。
  • 合格実績(2019年度市役所)
    • 最終合格者数は未公表
    • 上位合格実績
      ⇒国分寺市(Ⅰ種・一般事務)8位
      ※政令指定都市は除く。
  • 校舎
    • 本校31校、提携校22校
    • 自習室開放(1回の申込手続きで受講料81,480円以上支払っている人が対象)
  • その他
    • 2020年度最新を含む3年分の本試験問題&詳細解説冊子あり。
    • 担任講師制度でサポート。

※料金や内容等は、年度・入会時期・割引制度によって変更の可能性があります。資料請求(無料)で最新情報を確認しましょう!
公式サイト≫LECの無料パンフレットはこちら

では、LECについて、とくにメリット・デメリットとなる点をまとめます!

~LECのメリット~

  • 筆記から面接まで合格に向けたカリキュラムが充実!
  • 担任講師制度でサポート充実!
  • 2019年度公務員試験上位合格者多数!

~LECのデメリット~

  • 料金が高め!

メリット➀:筆記から面接まで合格に向けたカリキュラムが充実!

LECは、一次・二次試験対策ともに充実したカリキュラムで、上位合格者も輩出している予備校です。

二次の模擬面接が回数無制限などのサポートもあるため、万全の対策で自信を持って本番を迎えることができます。

メリット➁:担任講師制度でサポート充実!

LECは担任講師がつきますので、合格まで充実したサポートを受けられます。

30年を超えた公務員指導歴のある予備校ですので、多くのノウハウから合格レベルまで持っていってくれるでしょう!

メリット➂:2019年度公務員試験上位合格者多数!

LECの特徴として、公務員試験での上位合格者が出ているという点はメリットです。

上位合格は受験生の努力もありますが、充実した指導なくして厳しいので、質の高い学習&サポートを受けることが可能な予備校と思ってよいでしょう!

デメリット➀:料金が高め!

通学制&通信制を持つ予備校で、通信制特化のクレアールなどに比べると、料金はやや高めになります。(※LECの通信制は、若干料金が下がる傾向。)

ただし、充実した学習とサポートを受けられ、実績ある予備校ですので、公務員試験の合格を目指すのであれば、十分利用する価値はあるでしょう!

詳しい講座情報は、無料のパンフレットがありますので、請求してみてしっかり比較するのがよいかと思います。

▼LECの無料資料請求はこちらから!

【公務員試験合格!】社会人におすすめの予備校まとめ!

では、社会人の方におすすめの公務員予備校をまとめます!

クレアール(公務員試験) 大栄(公務員試験)LEC
学習スタイル通信制通学制
(オンラインあり)
通学制
通信制
合格実績国家~地方公務員の合格実績最終合格
約1,000人/年
上位合格あり
二次対策・論文添削
・面接シート添削
・模擬面接回数無制限
(水道橋校or電話)
・自己分析
・論作文対策
・自治体情報分析
・リアルな面接対策
・論文添削指導
・指導動機、ES添削
・模擬面接回数無制限
サポート個別担任制キャリアナビゲーター担任講師制度
その他特徴・コスパOK
・安心保証プラン
・全国に校舎多い
・コース数少ない
30年を超えた公務員指導歴あり
費用目安20万円前後30~50万円20~50万円

本記事では、予備校3校を紹介していますが、各予備校がおすすめな方のタイプは以下のとおり!

~今の仕事を続けながら勉強する方~

  • 家でコツコツできる人!
    クレアールで時間効率を重視!
  • 教室などで環境を変えて勉強したい人!
    大栄、LECで通いやすい方を選ぶとよい。

※クレアールは、国家一般職、地方上級、市役所レベルを狙う人におすすめです。

~今の仕事を退職して勉強する方~

  • 教室などで環境を変えて勉強したい!
    • 国家総合職など併願なら大栄が安い。
    • 国家一般レベルまでならLECが安い。
      ※入校時期によっても異なるので、資料請求して実際に比べてみるのがよい。
  • 国家一般レベルまでの受験で家でコツコツできる!
    クレアールがおすすめ。

公務員予備校を選ぶなら資料を徹底比較しよう!

以上のとおり、社会人におすすめの公務員予備校を紹介しましたが、詳細情報は各予備校でも無料で配布している「資料(パンフレット)」に書かれています。

この資料を見ると、予備校の講座内容だけでなく「雰囲気」が読み取れたりしますので、自分に合うかどうかの判断もしやすいと思います。

公務員試験対策はボリュームもあって長期戦になりますので、あなたにとってベストの予備校でがんばっていきたいですよね!

せっかく無料で資料提供してもらえるので、興味のあるところは気軽に資料請求して、予備校選びに利用していきましょう!

ラピ
ラピ

僕だったら、すべての予備校を資料請求して比較するかな。

時間が許す限り、いろいろな予備校の資料を見て比べてみるといいよ!

▼クレアールの無料資料請求はこちらから!

▼大栄の無料資料請求はこちらから!

▼LECの無料資料請求はこちらから!

公務員に転職したいならまずは情報収集から!

冒頭でも述べましたが、あなたが公務員への転職を目指しているなら、まず情報収集からです。

  • 公務員の種類・職種はどのようなものがあるか?
  • 受験資格・受験区分は?
  • 転職ルートは?
  • 試験内容は?

などなど・・・

これらの情報はしっかり整理できているでしょうか?

目指すものの実態が分からないうちは対策の取りようがありません!公務員を目指すなら、まず公務員について情報収集するところから始めましょう!

そんな情報収集におすすめのハンドブックがあります。

この「社会人のための公務員転職ハンドブック」ですが、64ページほどの冊子となっていて、次のような公務員に関わる情報が凝縮されて詰まっています。

  • 公務員の種類・職種
  • 受験資格・受験区分
  • 公務員への転職ルート
  • 試験内容・例題
  • 社会人経験者採用試験について
  • 合格体験記

などなど・・・

正直、有料級じゃないかと思うのですが、上で紹介したクレアールが出している無料のハンドブックなのです。

上記の内容を見ても分かるかと思いますが、これだけ有益な情報が入っているハンドブックが無料で手に入るのにもらわないと損ですよね。

お世辞抜きに、僕が受験するときにこのハンドブックの存在を知っていたら、もっと楽に情報収集できていたな・・・と思います。

このハンドブックは以下のフォームから簡単に無料請求できます。

無料ハンドブックはこちらから

「なぜ無料なの?」ってあやしく思うかもしれませんが、発刊しているクレアールも予備校の宣伝の一環で無料配布しているため、クレアールとしてもメリットがあるのでしょう。

とは言っても、僕の経験上、その後の勧誘の電話などはほぼなかったですね。

もし、請求方法がよく分からない場合や、もっと無料ハンドブックのことが知りたいという方は、下の記事に詳しく解説していますのでぜひご参考にいただくとよいかと思います。

まとめ

社会人が公務員試験に勝つための予備校のおすすめを紹介しました。

実際に予備校を決める際には、各校が出している無料のパンフレットをみて比較していくとよいでしょう。

無料体験や無料相談なんかもやっているところが多いです。

無料のパンフレットをみるメリットとしてもう一点あるのが、本記事で紹介している受講コースの値段は定価ですが、実際には割引やキャンペーンもありますので、申込時に損しないようパンフレットでお得な申し込み方法を確認しておくことをおすすめします。

~本記事紹介の予備校~
※無料のパンフレット請求は以下のリンク(公式HP)からできます。

▼社会人がまず読むべき公務員転職ハンドブック(無料)はこちらから!

無料ハンドブックはこちらから

~公務員予備校のおすすめ~

  • 通信制か通学制か迷う方向け
  • 国家総合職を目指す方向け
  • 国家一般職を目指す方向け
  • 地方上級を目指す方向け
  • 市役所を目指す方向け
  • 社会人の方向け