公務員試験に受かるためには?【正しい勉強法と習慣が大切です!】

公務員試験対策
スポンサーリンク

公務員を目指しています。

試験範囲も広くて難しそうですが、受かるためにはどうしたらいいでしょうか?

ラピ
ラピ

公務員試験の範囲は広いですよね!

しかも受験者は多く、狭き門となります。

公務員試験に受かるためには、正しい「勉強法」だけでなく、「習慣」も大切です。

詳しく解説していきますね!

~本記事のテーマ~◎公務員試験に受かるための方法を学ぼう!
◎受かるために必要な「勉強法」と「習慣」を身につけよう!

公務員試験に受かるには正しい勉強法と習慣が大切!

教科書のメモを取る様子のアイキャッチ画像

公務員を目指そうと思ったあなたは気付いているかもしれませんが、公務員試験の範囲は膨大で、

「うわっ、こんなに範囲広いの?」
「公務員試験、ムズかしくない?」
「こんなに勉強できるかな・・・」
勉強しながら困っている様子のイラスト

なんて思っているのではないでしょうか?

正直なところ、僕も公務員に転職しようか考えたときにはこのように考えました。

しかし、公務員試験には必ず受かる人と落ちる人に分かれます。その差はいったいなんでしょうか?

・・・

決して、運ではないです。

ただ、勉強量が多かっただけではないです。

もちろん、「勉強したところがたまたま出た!」というのは、運によるところはありますが、そんな自分で変えられないものをねだっていてもしかたありませんし、やみくもに勉強量を増やしていればいいわけではありません。

公務員試験に合格するためには、次の2つをマスターすることが重要です。

◎受かるための勉強法
◎受かるための習慣
女性が目標に向かって意気込む様子のイラスト

試験勉強に、勉強法が大切なのは分かると思いますが、習慣!?って思う方もいるとおもいます。

でも、何かを成功させるときには習慣がとても大切になってきます。

これらについて解説していきます。

公務員試験に受かるための勉強法とは?

勉強する様子のアイキャッチ画像

まず、誰もが大切だと思うこと、それは「勉強法」です。勉強法を間違えると、まず公務員試験には受かりません。

世の中には、公務員を目指してるライバルがたくさんいます。目指す公務員の試験倍率は見ましたか?

数倍~10倍を越えるところもあります。

つまり受験した人の、半分以上は落ちます。勉強法を間違えるとガリ勉した人だって落ちます。

では、受かるための勉強法はどういったものでしょう?

それは、

よい問題集を徹底的に繰り返す
本に囲まれて勉強する男性のイラスト

ただこれに尽きます。

いろいろ話してきてこれだけ?と思うかもしれませんが、そのとおりです。

もう少し深掘りしていくと、

●問題集は1科目につき1冊に決める⇒何冊も解くのは時間もお金も無駄!

●決めた問題集を最低3周は繰り返す⇒もし同じ問題が出たら100%答えられるようにする!

公務員試験にはたくさんの科目がありますが、各科目で1冊ずつ問題集をそろえることをおすすめします。

各科目の具体的な勉強スケジュールについては別記事で詳しくまとめていますので、ぜひご参考にください。

教養試験におすすめ問題集については、別に詳しく紹介していますので、ぜひご参考にください。(※市役所受験用の記事タイトルですが、公務員試験全般で使える参考書を紹介しています。)

公務員試験に受かるための習慣とは?

手帳のアイキャッチ画像

そして、勉強法とともに重要なことが「習慣」です。

受かるための習慣とはどのようなものでしょうか?

以下に、7つの習慣を紹介します。

◎不要なタスクは削る!
◎スキマ時間は勉強につぎこむ!
◎朝の時間を勉強に!
◎勉強するときは効果的に休憩する!
◎勉強の合間の休憩はスマホをみない!
◎早寝早起きする!
◎適度に運動をする!
「え!勉強法は一つだったのに、習慣はめっちゃあるやん!」
「ちょっとストイックすぎない?」

と思った方は、おそらく多いのではないでしょうか?(笑)

でも、僕自身も公務員への転職を目指したとき、これらの習慣を実践して合格をつかみ取りました。

僕はビジネス書なんかもかなり読みますが、成功するための習慣として、これらは大切なことばかりだと思います。

それぞれの習慣について、もう少し掘り下げて説明したいと思います。

不要なタスクは削る!

公務員試験を受験するのは、大学生などの学生が多いと思います。

大学生だと、サークルで集まったり、飲み会したり、カフェに行ったりという習慣があると思いますが、公務員試験を受験するなら、それらはがっつり削りましょう。

それから、マンガ、テレビ、スマホなど、今不要なことは削ります。

公務員試験に合格すればいくらでもできますので、今はすべてを試験勉強にささげましょう!

とは言っても、大学生活も楽しみたい気持ちは分かります。

削れるものは削って、たまに休息するのはありです。「メリハリをつける」ことが大切ですね。

スキマ時間はすべて勉強につぎこむ

受験生の基本です。

まわりのライバルたちは、狭い合格枠を目指して昼夜勉強しています。

そして、公務員試験対策は1年以上の長期戦になるものなので、ちょっとしたスキマ時間を有効に使っていけば、積み重なって、かなりの差となります。

たとえば、

●寝る前に15分間、今日勉強したことを復習する

●電車やバスに乗っている時間に英単語を覚える

などです。

高校受験や大学受験ではきっとやっていた習慣ですよね?

公務員試験では自分の人生がかかっています。本気で取り組みましょう!

朝の時間を勉強に!

勉強は午前中が勝負!といっても過言ではありません。

以前、こんなツイートをしました。

朝は一番頭がフレッシュ状態で、いろいろな情報を吸収できますし、考えるパワーが強い時間です。勉強の効率が格段に違います。

そんな大切な朝に、スマホゲームしたり、SNSで脳を消耗してしまっては絶対にNGです!

習慣をあらためましょう!

ただ、インターネット社会でどうしてもスマホをさわりたくなることはあるかもしれません。

どうしてもなら、「LINEの返信だけする」、「SNSを5分だけ確認する」というように区切りをつけてやるようにしましょう。

勉強するときは効果的に休憩する!

リラックスした様子の女性イラスト

「え、休憩を勧めるの?」

と思いましたか?

勉強にとって休憩はとても大切な要素です。

「スポ根で休憩なしに練習し続ける」という時代は終わりました。効率的な勉強を目指しましょう!

脳は疲れてくると、勉強しても効果が上がりません。自分に合った休憩法を取り入れていきましょう!

休憩法について、別に詳しく紹介した記事もあるので、興味がありましたらご参考にください。

勉強の合間の休憩はスマホをみない!

スマホ画面がエラーになっているイラスト

勉強の休憩時間にスマホ見ることありますよね。というより、たいていの人がスマホをさわるのではないでしょうか?

これはなかなか意識していないことだと思いますが、スマホの画面を注視していると、休憩のつもりであっても、じつは脳を消耗させいるんだそうです。

たしかにスマホを使っていると「疲れた~」ってときあるなぁ。

いつも休憩ではスマホさわっちゃってたよ。

勉強は休憩することも大切ですが、休憩中にスマホを見るのではなく、脳を休ませることを意識するようにしましょう!

音楽を聴きながら、目を閉じ静かに過ごすなんかがいいですね。

早寝早起きする!

寝坊した様子のイラスト

先にも述べましたが、朝の「脳がフレッシュな時間」を有効に使いましょう。

大学生なら大学の講義などあると思いますが、早起きして通学前にひと勉強していきましょう!土日も早起きして午前中にたっぷり勉強するべきです。

それに早起きして勉強すると、「自分、えらいっ!」ってほめたくなりませんか?

努力している感が出てきて、自分に対してほめることができますし、モチベーションアップにもつながりますよ!

適度に運動をする!

ジョギングしている様子のイラスト

受験勉強中は、ついおろそかになりがちですね。

運動は、脳の疲れや体のコリなどをリフレッシュすることができます。勉強のストレスも運動で解消です!

それに、運動すると血流も上がって脳にもいい影響を与え、より効率的な勉強ができます。

軽いジョギングやウォーキングでもいいので、一日一回は運動する習慣をつけましましょう!

まとめ

元気な女の子のイラスト

公務員試験に受かるための勉強法と習慣について紹介しました。

ポイントをまとめておきます!

☑公務員試験に受かるためには「勉強法」と「習慣」が大切!
☑受かるための勉強法は、よい問題集を徹底的に繰り返すこと!
☑受かるための習慣は7つ!

公務員試験突破まで長い道のりになりますが、正しい勉強法と習慣を実践していけば、受かる可能性はぐーんと上がります。

ストイックな部分もあるとは思いますが、あなたの人生にとってとても大切な受験になると思いますので、しっかりがんばっていきましょう!

応援しています!!